懸賞毎日というのはそれほど短縮毎日と言えば、
短縮をしながら毎日をすることをいいますが、
懸賞毎日は懸賞に応募しながら毎日をすることをいいます。


懸賞毎日で現に生計を練り上げるとまでは言わなくても、
現に毎日の増やしにやるヒトは大勢いるといわれています。

懸賞毎日、妻や一人暮らしの人などが
数多くやっているといわれています。

懸賞毎日ではお天道様機具から家電、
どっかの作業場のお呼び券など、
様々なものを懸賞で当てて、
代金を使わずに生活していくというようなことですが、
いざ100%を懸賞だけで毎日出来ているというようなヒトは
今は存在していないと思いますが、
懸賞毎日で何かと当てて生活を助けてあるというヒトは
現に沢山いるといわれています。
プライスター価格改定の弱点をチェック

懸賞生活をして要るヒトで事象にあるのは
お笑い芸人のなすびではないでしょうか。

お笑い芸人のなすびは、
すすめ電波少年という番組がありましたが、
ここで懸賞生活をしていました。

葉書を四六時中書いて、
そしてほぼ毎日のようにオーダー便で当選グッズが届き、
その当選品で生活をして行くというような内容の放物線だったと思いますが、
うれしいくらいに懸賞に当選するので、
こういう番組を見て、懸賞毎日を自分もしてみたいと思ったヒトは
多かったのではないでしょうか。

懸賞毎日は、短縮にもつながりますし、
狙いを定めて、自分がほしいと思っているものだけを狙って
応募するというのもいいかも知れませんね。

例えば食品だけに的を絞って懸賞生活を送って要るヒトなどもいるようです。