2007年02月25日

第3試合 ビリー・クーガーvsフラッシュ・ペンギン

3aec52fb.JPG
e12776d5.JPG
e550c2aa.JPG
ペンギンはクーガーと腕の取り合い。いつの間にか小田レフリーがペンギンの腕をとっているなど、お笑い展開。

クーガーは呆れつつもお笑いに付き合う。

フラッシュは飛び回って会場を沸かすが、ペンギンはクーガーの真似をしてUターン失敗などでベンダバルに捕まってしまう。

ペンギンは打たれ強さを発揮、粘って反撃!
フラッシュとのダブルプランチャや、ベアハッグからのブレンバスターなど意外な技を決めていく。

しかしビリークーガーは抜群のコンビネーションで正規軍を分断。
フラッシュをギロチン連携で場外へ叩き落とし、クーガーがサイドスラムに抱えたペンギンにビリーがコーナートップからフットスタンプ!

さらにコーナー張り付けドロップキックからこうもり吊り落としを決め、ビリー勝利!


☆ベンダバルがペンギンのお笑いにちょっと付き合ったりで楽しい試合。
ビリーは入場式で遅刻したことを話していたペンギンに対し
「遅刻した罰じゃ〜!」
といじってみせて笑いとってました。

終盤はかなり厳しい攻めを受けてたペンギンさんでしたが、頑丈そうな体ととぼけた味わいで悲壮感なし。攻めにも意外性あって良かったっす。

フラッシュは今日はなかなか良い動き。多少バタバタしましたがうまくまとめてました。


ビリークーガーは本当にうまい。今日の興行で、ここでお笑いに付き合ってくれたのは本当に大きかったです。
それでいてしっかり自己主張もできてるのがさすが。


bgt2 at 19:04│Comments(2)TrackBack(1)

トラックバックURL

この記事へのトラックバック

1. 「お笑い芸人」タカアンドトシの逸話1とは?  [ 「お笑い芸人」タカアンドトシの動画や画像 粉雪ライオン youtube動画特集サイト ]   2007年02月25日 22:08
タカアンドトシの逸話1とは?以下答えです。<以下http://ja.wikipedia.org/wiki/タカアンドトシより引用>遠足のネタのオチは2種類ある。1つは「迷子になった後藤君が陰からひょこっと水死体で発見され、先生が『OH MY 後藤』と言う」パターン。もう1つは「迷子になった後...

この記事へのコメント

1. Posted by ハーケンしのぶ   2007年02月25日 20:55
これができるからこそ
大阪チョイ悪軍団なんですよね。

本来ならお笑いを無視してミスターと
ゴツゴツした試合をすれば良いんですが
ペンギンさんに付き合った試合展開は
ファンのニーズに合致しています。

しかし…クーガーさんって
明日は大日本で後楽園…忙しそう!
(;゚д゚)
2. Posted by パクチ   2007年02月25日 22:55
前半戦でお笑いの試合はひとつは欲しいところなんですが、ベンダバルがお笑いに付き合ってくれたおかげでメリハリある興行になりました。

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔