KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

CentSDRキットの製作(TT@北海道さん開発品)

TT@北海道さんがまたすごいものを作ってしまいました。
CentSDRと言いまして、マイコンでSDR受信機を作ってしまったものです。すごい!
TT@北海道さんの完成品です。
tumblr_inline_pb5r4kL4X71r9hszk_500

自分はだいぶ乗り遅れての製作ですが、レポートさせていただきます。

CentSDRは、TT@北海道さんが配布されているキットですが、9月8日現在在庫0です。

キット内容は、基板と実装部品で構成されています。
いつもながら丁寧なセッティングになっています。
ちなみに基板サイズが50×95mmです。名刺より一回り小さいです。おどろきです。
DSC_0311

今回のキットで一番の難関がQFNとQFPパッケージICです。QFNは、足が出てるので何とかなりますが、QFNの場合足が出ていません、リフローが前提なのでいたしかたないんですが、このICの場合グランドが非常に付けにくいんです。と、言うことで、知人の力も拝借しつつ何とか実装完了!
この画像に黒の9Pソケットが実装さてれて居ますが、これは分割ロングピンソケットです。別途準備しました。LCDの接続用です。
TT@北海道さんのマニュアルでは、実装途中でテストしますが、訳あって全部搭載となりました。なかなか手強いです。はんだの検査は十分すぎるぐらいしました。

DSC_0319

ファームウエアを書き込みます。
ここで必要になるのが、定番のSTM32F411 Nucleo-64です。ST-LINKを使用します。
STM32F411 Nucleo-64とPCをMINI-USB~USBで接続します。
ところが・・・STM32F411 Nucleo-64を認識してくれません、インストールに失敗します。
Win10の場合自動でドライバーが入り起動できるそうなのですが、Win7では、手動でインストールする必要があります。
必要なユーティリティーは→STSW-LINK004です。
上のリンクへ移動しページの一番下ソフトウエアの入手をクリックすると、ライセンス承認のウインドウに切り替わり”ACCEPT”ダウンロードのウインドウにまた切り替わり、名前、名字、メールアドレスを入力しチェックボックス2つにチェックをいれて”ダウンロード”を押すと入力したアドレスに承認確認とダウンロードのリンクが送られてきますので、それに従ってダウンロドします。
en.stsw-link004.zipを解凍しフォルダー内のSTM32 ST-LINK Utility v4.2.0 setup.exeを実行します。
さて、STM32F411 Nucleo-64がPCで認識するとドライブが出てきます。
Nucleo-64一度STM32F411 Nucleo-64の接続を切ります。

STM32F411 Nucleo-64とCentSDRを接続します。59からのんびりと・・・を参考にさせていただきSTM32F411 Nucleo-64のパッケージにカッターで角穴をあけて使用します。
2:TCK, 3:GND, 4:TMSの3本を接続すれば良いとのことでしたので、QIコネクター3Pにボードイン端子を付けて直結しました。製作されたみなさんは、CentSDRの基板ST-LINKにボードピンを取り付けていらっしゃいましたが、ファームウエアの書き込みだけなので問題ありませんでした。
DSC_0320

CentSDRにマイクロUSBケーブルで電源を供給します。ここで不安な点が・・・POWのパイロットランプが点灯しない?と思いつつファームウエアをかき込みます。
マニュアルに従いファームウエアをダウンロードします。
フォルダーの中に"ch.bin”がありますので、このファイルをNODE_F411REドライブにドロップするだけです。自動で転送してくれます。一度ケーブルを全て抜きます。

ファームウエアをかき込みましたので、LCDとロータリーエンコーダを準備します。
LCDは、2.2インチ ILI9341仕様のものです。
(TT@北海道さんの記事から2.4インチ、2.8インチも使用可能だそうです)
ロータリーエンコーダは、P05771(秋月)
DSC_0321

LCDとロータリーエンコーダを搭載します。
ここで失敗・・・このロータリーエンコーダですが、ツマミを挿入すると取れなくなることが後から判明しました。やっちまいました。アクリルで保護しようと思ったんですがね~予備のロータリーエンコーダあるんで最悪交換です・・・
DSC_0322

さて、アンテナケーブル(ガルバニックアイソレーター)外部スピーカー、マイクロUSBケーブルで電源供給で、電源SW・・・ON・・・出た!!!表示が出ました。左側地元のラジオに周波数を変えてみると~みごとに聞こえる!!!すばらしい!!!操作も簡単です。ロータリーエンコーダのプッシュSWとロータリーエンコーダで切換、選択を行えます。
7MHzのLSBアマチュア無線もガンガン入るし、6055KHzラジオNIKKEIも問題なし、LCDも明るい、いいですね~いろいろカスタマイズできそうです。最高!
DSC_0325

ちなみにこのCentSDRの受信周波数は、0.1~70MHzとのことですが、なんと3倍波で受信してしまうのだそうです。つまり受信周波数×約3倍の周波数です。ドンピシャなのがFM放送です。地元のFM補完放送の場合90.8MHz÷3=約30.267MHzです。実際に受信するとこうなります。STEREOで聴くことができるのもうれしいところです。ほんとすばらしい!仮に3倍波のFM放送が邪魔している場合は、ローパスフィルターなどで対策できます。
DSC_0327



ここまで出来たので、次はPCでの操作です。CentSDRを電源ではなくUSB接続用のケーブルでPCに接続します。CentSDRのSWをONにするとPCのデバイスマネージャでCOMポートにCOM PORTが出ていれば正常に繋がっています。
Tera Termをインストールして使ってみます。Tera Termは特に問題なくインストールできました。
(Vecterや窓の杜でダウンロードできます)
早速Tera Termを起動してみましたが、キーボード全く受け付けない・・・ポートも出てきてるので問題ないと思うんですが、どうやってもキーボードを受け付けない・・・PUPさんにファームウエアの上書きしてみたらと言うことで、やってみましたが、同じ・・・もしかして~とUSB3.0ポートに接続してみた・・・なんと、動いた!USB2.0との相性なのか自分のPCだけなのか?ここは不明ですが、USB3.0ポートであれば動きます。自分のPCには、元々USB3.0は搭載されていませんでした。PCのバックアップなどUSB2.0に限界を感じExpressCard54スロット用のUSB3.0ポートを実装してあったのが幸運でした。
シリアルポートを選択してOK
Tera Term-1

Enterで”ch>"が出てきました。これでコマンド入力できます。しかしどうしてUSB2.0で動かないのか謎です。

info
show
help
Tera Term-2

channal list
Tera Term-3

その他のコマンドは割愛させていただきます。
すばらしいCentSDR、TT@北海道さんに感謝です。







International shipping of the products sold on Amazon.co.jp is now available. (Amazon JAPAN)Please use Google Translate to translate the Japanese text

Amazon.co.jp(Amazon JAPAN)が国際配送に対応しました。
日本のRTL-SDR関連商品をAmazon JAPANより簡単に購入することが出来ます。
Amazon JAPANから国際配送が可能な商品は、次の通りです。
(商品名は、Amazon.co.jpの商品にリンクしています。)
1,RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター)
/SC-HFCONV-100

konnba-ta-

2,HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100
専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS

ke-su

3,超小型ガルバニック・アイソレーター(50Ω)/Galvanic Isolator
GISO

4,RTL-SDRチューナー冷却ファン・ブラケット
/R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB
/Tuner Cooling Fan Bracket

FANFAN2

5,受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
【10kHz~1.2GHz】【RTL-SDR対応】【SMA-J仕様】【2分配/2混合】

bupai

6,LNA(Low Noise Amplifier)40KHz~1.8GHz/30~22dB
LNA

7,RTL-SDR ダイレクトサンプリングモード(direct sampling mode)用
ローパスフィルター(LPF 0-14MHz)

LPF

8,TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]
/R820T2 & SDR/チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット

ヒートシンク

9,IC-R6(RX7,R20)PCコントロール CI-V(OPC-478クローニングケーブル)/AUDIO(SP)分岐ケーブル[純国産CI-VコントロールソフトRemote Control for CI-V Ver2.0.0メモリー機能/100メモリー×50バンク][HamRadioDeluxe]対応
CI-V


中国のDRM放送「中国之声」復調できました。

中国のDRM放送「中国之声」夕方5時半頃非常に良く復調できました。部分的に歯抜けはありますが、いい感じでした。使用中のマグネチックループアンテナの方向を変えて東西方向にしたところ、SNRが一気に上がり最大で17dBでした。やはりフェージングがあり安定はしませんね~録音しましたので、興味る方はHDSDRで再生しDRMモード+dreamで復調してみてください!後ほどUPします。
現在18:24ですが、SNR15dB~17dBで復調しています。
DRM2

HDSDRの録音ファイルです。ダウンロードしてお使いください

中国のDRM放送、6030KHz付近に出現

中国のDRM放送と思われる信号を受信しました。局名が”中国之声”なので、間違いないでしょう。
SNRがなかなか上がらないため何度か復調したのみ、アンテナを換えてチャレンジしてみます。
どうしてもSNRが13dBを超えてくれない・・・近くの電波も強力なので、これの影響もあるかも?
短波のDRMでラジオニュージーランドが楽しかったのですが、放送を中止してしまいDRMも壊滅状態でしたが、中国語とは言え短波でステレオ放送が聴けるのはDRMのみです。ただ、電波状態に左右されるので、なかなかハードルは高いです。DRM受信の方法は、最後にリンクを記載します。
DRM
その後、ネット検索で、中国のDRM放送であることを確認しました。
BCL/DXing 鉄道 写真 音楽 趣味悠々さんのブログにありました。
18/08/07
現在時刻7:37ですが、DRM出てますね、信号は弱めですが、何度か復調しています。夜間よりノイズフロアが低いので、SNRが13dB程度でも復調します。日中モニターできないのが残念ですが、早朝か夕方の方が復調するかもしれませんね、お試しください!
18:00よりDRMの信号が出ています。SNRが弱いです・・・

・RTL-SDRでのDRM受信方法は次のリンクからどうぞ
(DRM受信ソフトDreamですが、qt-mt230nc.dll faad2_drm.dllが別途必要になります)
RTL-SDR DRM受信 HDSDR+Dream2.1.1の導入、受信方法(qt-mt230nc.dll faad2_drm.dll)

HF UP CONVERTER/リレー搭載型販売開始のお知らせです。

HF UP CONVERTER/リレー搭載型販売開始のお知らせです。
RTL-SDRで中波、短波、の受信に使用するHF UP CONVERTERにコンバーター回路自動切り替えリレー搭載型の販売を開始します。
品番:SC-HFCONV-100B
HF UP CONVERTERで広帯域アンテナや、HF~VHF対応アンテナ等を使用して中波、短波とVHFなどのの受信をする場合バンドによってコンバーターとチューナーのコネクターを差し替えなければなりません、意外とこれが面倒です。そこで、リレーを搭載しコンバーター回路をコンバーターへの電源胸脇の有無で自動切り替えができる仕様になっています。
バンドによってコネクターを差し替える煩わしさから解放されます。

・動作としては次のようになります。
①アンテナは、コンバータ-のINに接続した状態でOKです。
②コンバーターの電源OFF(MINI USBへの電源供給なし)=コンバーター回路スルー
この状態は、RTL-SDRチューナーにアンテナの信号を直接入力しています。
③コンバーターの電源ON(MINI USBへの電源供給あり)=コンバーター回路ON
この状態で、受信周波数+100MHzの状態となり中波、短波の受信が可能になります。
HF UP CONVERTER
HFの受信には、超小型ガルバニック・アイソレーターの使用をおすすめします。
ノイズフロアが下がり信号が浮き出てきます。
GISO





今日もEスポ出てます。韓国放送公社/第二FM/89.1MHz

今日もEスポ出てますね~FM放送帯大混雑です。
中国のFM局がほとんどの中で、89.1MHz 韓国放送公社 第二FMが入感しています。
同じ周波数に中国の局もあるらしくなかなか厳しいのですが、今日はものすごくクリヤーに入感しています。周波数は、TV & Radio DX blogさんの記事を参考にさせていただいております。ここで御礼申し上げます。
とにかく信号が強い!ちなみにこのチャンネルは、ポップな曲がかかります。
ステレオで受信できますが、やはりフェージングがあるので、モノラルで受信するのが良いと思います。Eスポの状況によって中国の放送局に潰されてしまいます・・・
また、89.4MHzに北朝鮮と思われるFM放送局も受信できますが、フェージングが強く安定しませんでした。
韓国FM

Eスポ出てますね!27MHz(CB)/50MHz(アマチュア無線)/中国FM放送

最近Eスポが良く出てますね~SDRチューナーで27MHz(CB)受信してみました。早朝は、近距離でしたが、昼近くのこの時間、高山、神奈川、北海道、ってなところを移動する声が聞こえます。どんだけの出力なのかわかりませんが、コンディションがいいのが良くわかります。それよりもけっこうCB居るんですね~まぁ合法ではないのでなんとも言えませんが・・・
CB
ちなみに50MHzもいいんじゃないでしょうか?4エリアのコールが聞こえます。この画像は、SSBですが、FMで8エリアも入感しています。受信してるとまたアマチュア無線再開しようかな~と思ってしまいます。
50MHz
50MHz FM 8エリア
50MHz8エリア
FM放送バンドには、中国のFM局が沢山聞こえます。地元のFM保完中継局と遜色ない信号レベルです。90MHz近辺に並んでます。しかしすごい数です!ステレオで聞けます。
中国FM

RaspberryPi3+SPYSERVER/RTL-SDR、AIRSPY HF+で受信

RaspberryPiでSPYSERVERを使ってみようと悪戦苦闘・・・何とかLAN接続での受信に成功しましたが、導入まで本当に悪戦苦闘でした。
RaspberryPiのセットアップに関しましては、諸先輩方が、UPされていますので割愛させていただきますが、その中でつまづいた件を説明させていただきます。

RaspberryPiのセットアップ
セットアップで参考にさせていただいたのがこちらです。
http://deviceplus.jp/hobby/raspberrypi_entry_056/
その中で、NOOBS LITE(オンラインインストール)でインストールしたのですが、ここで問題が・・・インストールできたのにネット接続ができない・・・RaspberryPiには無線LANが内臓されているので、簡単にネット接続ができます。インストールできると言う事は、ネットに繋がったわけですが、インターネットに接続できないんです。何度インストールしてもだめ・・・そのためにルーターからIPアドレスも見えない始末、もちろんSPYSERVERにも接続できる訳がありません、そこでNOOBS(オフラインインストール)に変更しインストールしてみました。すると、何もなかったかのようにネット接続、IPアドレスが見えるではありませんか!びっくり!NOOBSでのインストールをオススメします。

RTL-SDR~SPYSERVERのインストール
参考にさせていただいたのがこちらです。
http://dz.plala.jp/wiki/index.php/RaspberryPi%E3%81%A7SPY_Server#SPY_Servers

AIRSPY HF+のインストール
https://github.com/airspy/airspyhf#how-to-build-the-host-software-on-linux
Linux上にホストソフトウェアを構築する方法:を参照してください

これで、設定は完了です。
RTL-SDR、AIRSPY、AIRSPY HF+等を切り替えるには、spyserver.configを書き換えます。
#device_type = *
*の部分を書き換えます。
上書き保存を忘れないでください!

SDR#は、問題なく動作しました。SDRConsole (V3)も対応するとのことでしたので、起動してみましたが、接続できませんでした。原因は、WiFiルーターのようです。有線LANで接続したところ一発で接続できました。今後は電波状態の良い場所にアンテナとチューナーを設置し固定IPを使って接続してみたいと思います。
ちなみにRaspberryPi3+AIRSPY HF+でSDRConsole (V3)です。
3.5インチLCDでも十分機能します。驚きです。
DSC_0275





最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
RTL-SDR対応VFOダイヤル搭載キット
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
SAWフィルター1090MHz/ADS-B受信用
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ