車両盗難対策を考えるblog

車両盗難のニュースが絶えません・・・盗難にも新しい技術がどんどん出てきます。盗難対策に絶対!はありません、抑止、防止、軽減、など以外打つ手はありませんが、何もしないより何かしていた方がリスクは少なくなります。それを模索してみたいと思います。

キープログラマー

キープログラマー
基本的にカーディーラーか鍵屋さんが持っている装置です。スマートキーを紛失してしまった時に新しいスマートキーを登録して車を動かせる状態にするためのものですが、これを使って車のIDを消去して新しいIDで登録したスマートキーで盗難するわけです。基本的にこの方法も車内に侵入する必要があります。
これは、イモビカッターとほぼ同じ方法になります。車両に乗り込むには、解錠する必要があります。ピッキング、ドア解錠工具、ガラス破りです。リモコンキーがなければ物理的な方法で解錠する必要がありますので、窃盗犯もそれなりのリスクがあります。
キープログラマー

イモビカッター(イモビライザーカッター)

イモビカッター(イモビライザーカッター)
イモビライザーとは、簡単に言えば車の鍵などにICチップが埋め込まれていて、このICチップのIDコードと車両側のIDコードが一致しないとエンジンが掛からないしくみです。
これを解除してしまうのがイモビカッターです。車両診断コネクターOBD2に差し込んで、車両側のIDコードをリセットし新しい鍵になりすましてエンジンを始動させてしまいます。
普通に売られています・・・
ただし、車両に乗り込むには、解錠する必要があります。ピッキング、ドア解錠工具、ガラス破りです。リモコンキーがなければ物理的な方法で解錠する必要がありますので、窃盗犯もそれなりのリスクがあります。最近の車両は、イモビカッター対策がされているようです。
イモビカッター

車両盗難もハイテク化

車両盗難もどんどんハイテク化していますね、従来は、ピッキングや、ドア開閉工具で侵入しての盗難が主流でしたが、今やスマートエントリーが当たり前のご時世・・・これを解析されたら・・・と思うと恐ろしい限りです。最近のキーワードは、イモビカッター、キープログラマー、リレーアタック、そしてコードグラバー・・・いたちごっこもいいところです。年間1万台程度は盗難があるんですから人ごとではありませんよね、少しずつ考えてきましょう。
RTL-SDR R820Tチューナー
月別アーカイブ
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ