SHAFT CORPORATIONのblog

SHAFT CORPORATIONの商品に関する説明や取り扱い方法のブログです。

表面実装型水晶振動子 28.8MHz 常温/温特/±10PPM以下をUSBチューナーに搭載方法です。
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T(R820T) [DVB-T-DAB+FM][NooElec同一品]に搭載の水晶振動子(X-tal)/HC-49/USタイプは、オリジナルの状態で50PPM以上の周波数偏差があります。これを国産の水晶振動子に交換することでかなり改善はするもののHC-49/USタイプは、基板の発熱による周波数ドリフト(発熱で周波数がずれる)が顕著に現れます。

注意!一部の基板に搭載できないものが存在します。基板のパターンを確認してください
X-tal取付不可






















・SMD(表面実装型)水晶振動子(X-tal) 28.8MHz 
IMG_0638
搭載方法
・はんだごてを使って水晶振動子(
HC-49/US)を取り外します。
IMG_0636
水晶振動子(HC-49/US)を取り外すと、これ見よがしにパッドが出現します。元々SMD X-tal搭載のパターンが引かれています。(国産X-talに交換された方はご存知ですよね)パッドにフラックスを塗布するか、薄く予備はんだをしておきましょう。SMD X-talの搭載方向は、画像の通りX-talの刻印で判断してください!左から読める方向で搭載します。X-talの裏面にもフラックスを塗布するか、薄く予備はんだをすると良いでしょう。
IMG_0635

・ハンダは
4箇所です。X-talの四隅にハンダが付くように少量のはんだを流します。シルク印刷の『3』の位置が一番半田の流れが良くないのでしっかり加熱しハンダを流してください、X-talの封止は金属のためはんだが付きますので、半田の盛り過ぎによるショート(ブリッジ)がないように注意しましょう。はんだ後は必ずルーペ等ではんだの状態を確認しましょう。
IMG_0637
・実際に受信してみます。
チューナーをPCに接続しSDR#を起動します。受信をスタートし5~10分受信したままにします。簡単に言えばエージングです。(
HC-49/USの場合時間と共に1KHz~2KHzズレてしまいます。これが周波数ドリフトです)
周波数の校正前
おなじみの東京コントロール 123.775MHz の地上側を基準にします。(自宅なのでゲインが低い・・・)
この段階で周波数のズレは、-785Hzになります。このズレは、X-talの誤差とチューナー基板に搭載されている帰還コンデンサーの誤差によるものです。仮にX-talの規格である10PPM以上のズレがある場合は、この帰還コンデンサーの誤差が大きいために生じるものです。
775MHz 校正前
周波数の校正
RTL-SDR Controllerを開きFrequency correction(ppm)で設定します。この場合6PPMで123.775MHzに合わせることができました。さて、温度による偏差ですが、一度校正すると一晩受信しても変化がありませんでした。
常温/温特 10PPMのX-talの性能は、すばらしいものがあります。TCXOの場合は、受信開始の段階で周波数が合いますし温度偏差もほとんどありません!これには勝てませんが、校正すればとても安定した受信が可能です。
775MHz 校正済
・HFDLで夜間受信してみましたが、校正後の微調整は不要でした。特にHFDLの場合数10Hzのズレで受信できなくなります。これが安定して受信できるのはかなりの安定度です。
150208-1

取扱説明項目の一覧です。
見たい項目をクリックしてください、リンクしていますのでジャンプします

TV28Tv2DVB-T(R820T) RTL-SDRドライバーインストール方法
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER SC-HFCONV-100オンラインマニュアル
HF UP CONVERTER(SC-HFCONV-100)専用収納ケースキット組立マニュアル
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]専用放熱キットを取り付けます。
TV28Tv2DVB-T USB Stice(R820T)チューナーUSBコネクター交換済品についてのご案内
ICOM CI-V・PCコントロールソフト/Remote Control for CI-V 
表面実装型水晶振動子 28.8MHz 常温/温特/±10PPM以下品 USBチューナー搭載方法
RTL-SDR関連商品一覧へGo!
Need overseas shipping? Supported at Jzool-Agent 
ご質問等は、コメント にメールアドレスを記載し書き込んでください、追って返信させていただきます。

 

この度は、HF UP CONVERTER(SC-HFCONV-100)専用収納ケースキット(SC-HFCONV-CSS)をご購入いただきありがとうございます。簡単ではありますが、組立方法をまとめましたのでご覧いただきたく存じます。 最後までお読みいただきますようお願い申し上げます。

①準備
・HF UP CONVERTER(ご購入済みのものまたは、別途ご購入いただくもの)
・+ドライバー(ネジに合わせてください) 
・ご購入のケースキット (SC-HFCONV-CSS)

②ケースキットの部品を確認してください
ケース本体①②は、同じものです。
ネジは、ブラックとシルバーが付属します。お好みでご使用ください!
加工済みの前面+背面パネル
・パネルは、切削加工のため切削オイルが若干付着しております。気になる場合は、アルコール等で脱脂してください、よろしくお願いします。
NEC_0995


















③ケース本体①と②を抱き合わせる様に組みます。
NEC_0996


















④ケース本体+前面パネル取り付け
ケース①+②を立てて置きます。前面パネルを載せてネジを締めてください!
ネジはタッピングネジのため若干きつめですので、ゆっくり締めてください。左右締めます。
NEC_0997


















⑤ケース本体にHF UP CONVERTERをUSBコネクター側が奥になるように挿入します。
この際、ケースの下の段に差し込んでください!
・基板がケースに入りにくい場合は、基板の両サイドをカッターやヤスリなどで削ってください!
タカチMXAアルミケースは、ロットによって内寸法が小さめに仕上がることがるとのことです。
また、ケースの塗装がマット(つや消し)に変更になったことで基板とケースの摩擦がおおきくなり基板の挿入がきつめです。お手数ですが、よろしくお願い致します。
〔  基板  〕カギ括弧のように基板両サイドの角を落とすように削るとなお入れ易くなります。
・基板の両サイドにシリコンスプレーまたは、シリコンオイルを少量塗布することで滑りが良くなります。
NEC_0999



















⑥再度ケースを立てて背面パネルをSMAコネクターに通すように取り付けます。前面パネルと同じ要領でネジ2本を締め付けます。
NEC_1000 


















 ⑦収納完成です。
NEC_1001 



















⑧お願い
前面パネル/HF UP CONVERTERに対し収納ケースの内寸は、若干大きめに加工しております。基板の大きさの誤差とSMAコネクターの取り付け方により±0.3㎜程度の 誤差が生じます。基板外寸が大きめの場合収納ケースに隙間が生じますので、これを防止するため背面パネルの内側を切削しております。そのためHF UP CONVERTERの個体差でケース収納後0.3㎜程度のガタが生じます。これが気になる場合は、次の画像の様に前面パネル内側にセロテープを貼り付けてください、落ち着くと思います。
次に、背面パネルがどうしてもSMAコネクターに入らない場合、の穴の内側を丸ヤスリで少し削ってください、これは、SMAコネクターの取り付け半田は、手作業のため若干のズレが生じます。そのために背面パネルとのピッチに若干誤差が生じる可能性があるためです。かと言って背面パネルの穴を大きくしますと、内部が丸見えとなり外観に支障が出てしまうためギリギリの寸法で加工しております。この点はご理解いただきたく存じます。
NEC_1003 


















⑨各コネクターの位置関係は、次の通りです。
HF UP CONケース-3









⑩使用中の画像です。
NEC_1004 
 

















備考
2014/11/11
TT@北海道さんのキットVer1.7に対し収納可能との記事が掲載されています。ただし、基板実装前の状態ですので、実装済の場合多少の隙間が出る可能性があります。参考までにリンクを掲載します。キット品は、基板の厚みが少し薄いので上下のガタが出ます。
リンク先→ラジオ、ときどきラーメン2
HFUPコンバータキットVer1.7 VS シャフトコーポレーションの量産型専用ケース


このページのトップヘ