チューナードライバーインストールマニュアルや、その他のマニュアルは次のリンクからどうぞ
TV28Tv2DVB-T(R820T) RTL-SDRドライバーインストール方法
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER SC-HFCONV-100オンラインマニュアル
HF UP CONVERTER(SC-HFCONV-100)専用収納ケースキット組立マニュアル
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]専用放熱キットを取り付けます。
TV28Tv2DVB-T USB Stice(R820T)チューナーUSBコネクター交換済品についてのご案内
ICOM CI-V・PCコントロールソフト/Remote Control for CI-V 


RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター)
品番:SC-HFCONV-100
IMG_0594

















・本品は、ttrftech.tumblr.comの承諾をいただきttrftech.tumblr.comで案内されているHF UP CONVERTERのキット品と同等の基板にチップ部品を実装、各コネクターを取り付けし完成、完動品として販売しているものです。(キット品の実装品とお考えください)
(このコンバーターは、ttrftech.tumblr.comの許諾に基づきシャフトコーポレーションが製造しています。ttrftech.tumblr.comはいかなるサポートや保証は提供いたしません)


・本品は初期不良のみのサポート、保証を致します。ご使用後のサポート、保証は致しませんのでご了承お願い致します。


商品概要:本品は、長波、中波、短波の周波数を+100MHzアップするもので、RTL-SDRチューナー等で受信できない低い周波数をVHF帯の周波数にアップし受信するものです。RTL-SDRには、ダイレクトサンプリングモードがありHFを受信することは可能ですが、ゲインが低いため簡易的な受信となります。本HFコンバーターは、高感度でHF受信が可能です。素晴らしい受信性能を体感いただけます。


SPEC(基本性能)

①電源電圧 DC5V
②消費電流  30mA
③入力周波数 0MHz~30MHz
④出力周波数 100MHz ~130MHz
⑤周波数偏差  ±50PPM
⑥基板寸法 38×48㎜(コネクター含まず) t=1.6㎜
⑦完成品寸法/重量 48×50×6.5㎜/11g(実装部品、コネクター含む)
⑧電源入力コネクター/USB mini-B 
⑨入出力コネクター/SMA-J(メス)×2 
⑩Power ON 青色LED(キット品は、赤色LED)
⑪ESD保護ダイオード、DCカットカップリングコンデンサー搭載
⑫日本製/(有)シャフトコーポレーション製造
⑬鉛フリーはんだ( Pb-Free)使用


接続ケーブル等ご準備いただくもの

①電源ケーブル:USB-A/USB mini-B接続ケーブル
②出力コネクター→RTL-SDRチューナー接続ケーブル:MCX-P/SMA-P接続ケーブル推奨
③入力コネクター:SMA-J(メス)が搭載されていますので、アンテナコネクターがSMA-P(オス)の場合直接接続できます。アンテナコネクターがM型、N型、BNC等の場合変換コネクターか変換ケーブルを使用してください!
④USBワンセグチューナー
・TV28Tv2DVB-T USB Stice(R820T)[DVB-T+DAB+FM]
・DS-DT***シリーズ
・LT-DT***シリーズ 
その他 


接続方法

①MCX-P/SMA-P接続ケーブルにてHFコンバーターの出力コネクターとチューナー(MCXタイプ)を接続します。その他変換コネクター、変換アダプターをお持ちの場合はこのかぎりではありません!
②アンテナケーブルをHFコンバーター の入力コネクターに接続します。
③USB-A/USB mini-BケーブルにてUSB-AプラグをPCのUSBポート、USB HUB(USBハブ)、USB電源アダプター(USB ACアダプター)等に接続しmini-BプラグをHFコンバーターのmini-Bコネクターに接続します。DC5V供給
④パイロットランプ青色LEDが点灯すれば使用準備が完了です。
⑤PCのSDRソフトを起動し受信してください 


コンバーター基板の各コネクター名称は、次の通りです。

HFコンバーター説明














接続系統参考画像

・この画像は、接続系統を判りやすくするために基板単体で接続したものを掲載しています。静電気等の防止のためケース等に納めることをお勧めします。また回路を直接手で触れる等静電気にご注意ください! 

UP CON














コンバーターを使用して受信する際の参考URL 

SDR# http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/archives/4602692.html 

HDSDR http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/archives/4451748.html 

SDRRadio v2 http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/archives/4335526.html

Google Radio Receiver http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/archives/4787658.html

DRM(デジタル短波放送) http://blog.livedoor.jp/bh5ea20tb/archives/4432855.html

HF受信用の外部アンテナが必要です。(アンテナ自作の記事へ
②本画像にて使用しているチューナーの場合は、ゲインを絞って使用することをお勧めします。(おおむね30~40dB程度でお試しください、アンテナの性能にも左右されますので、参考まで)
③HFは、ノイズに弱いため、エアコンの室外機、ソーラー発電のパワーコンディショナー、LED蛍光灯、その他からのノイズを拾う場合があります。この場合は、アンテナの位置を変更しましょう。
④HFは、受信する時間、周波数によって全て受信できるものではありません、日々コンディションが変化しますのでご注意願います。
⑤その他RTL-SDRに関する記事はこちらへRTL-SDRに関する記事の抜粋
⑥安定した周波数で受信するためには、TCXO搭載チューナーをお勧めします。 
⑦周波数の校正:
RTL-SDRチューナーや、HFコンバーターは、周波数のズレが多少なりともあります。実際この周波数を正しい周波数に設定する方法です。放送局と周波数がわかればこれで校正も可能ですが、標準電波(ビーコン)を受信しましょう。概ね良好に受信できるのが5MHz 10MHz 15MHzあたりです。この周波数でビーコンを受信しチューナーの校正をしましょう。チューナーは、起動後温度の上昇によって周波数がドリフトしますので、10~15分後に校正すると良いでしょう。標準電波についてくわしくは、JARL(日本アマチュア無線連盟)のページをご覧ください!
各SDRソフトの受信周波数校正方法(校正はすべてPPMオーダーです)
・SDR#:RTL-SDR ControllerFrequency correction(ppm)
・HDSDR(ExtIO):RTL Setttings
 Frequency
・SDRRadio v2:Radio Configuration
 Freq Calibration

 

・受信しない、おかしいな?と思ったら

①電源接続用USBケーブルは、しっかり接続されていますか?青LED点灯を確認しましょう。
②チューナのゲイン(RF Gain)は、適正ですか、再起動などでゲインが0dBの場合は受信できません!
③SMA,MCX等のコネクターケーブルは破損しやすいため、HFコンバーターで受信できない場合は一度ケーブルや変換コネクター(アダプター)を交換してみましょう。
④アンテナ、アンテナケーブル、コネクターに不具合はないですか?一度チューナーとアンテナを直接接続しローカルのFM局などを受信しアンテナが正常か確認しましょう。 


・修理のご依頼は、doublelayer7782@gmail.com へメールでご依頼ください、個別に対応させていただきます。修理に関しましては、実費での請求となりますので、予めご了承お願い致します。

 

HF UP CONVERTER(SC-HFCONV-100)専用ケース発売中!
HF UP CONVERTER(SC-HFCONV-100)専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS 
HF UP CONVERTER(SC-HFCONV-100)専用収納ケースキット組立マニュアル
コンバーターケース







超小型ガルバニック・アイソレーター(アイソレーション・トランス)MADE IN JAPAN
GIT001

 
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

Best Buy