KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

SDRunoをRTL-SDRで使ってみましょう。/NEW SDR受信ソフト/すばらしい音質です。

以前から気になっていた受信ソフトがStudio 1です。このStudio 1をSDRPLAYに対応させた受信ソフトがSDRunoです。ところが、このSDRunoフリーで使用できる上にRTL-SDRにも対応できるとのこと!RTL-SDR.COMのアナウンスを見て早速導入してみたのですが、エラーで動作しませんでした・・・RTL-SDR.COMの管理者さまのご教授によりまして見事に動作しました。(原因は、サンプリングレートでした・・・0.9MSPSの縛りがあるそうです)ここで申しあげます!音質がすばらしいです。使い方に若干癖があるもののとてもいいです。
今回は、詳しい使用方法は省略させていただきます。なにしろ機能満載なので・・・すみません
HF 7MHzの受信画像です。
SDRuno 7MHz
①導入方法
http://www.sdrplay.com/windows.htmlのページへ移動します。
SDRuno Installer をクリックしダウンロードします。

②ダウンロードフォルダーのSDRplay_SDRuno_Installer_1.00.exeをダブルクリックで起動し指示に従い進めばインストールできます。

③RTL-SDRに対応させるためのドライバーをコピーします。
・SDRunoのフォルダーを開きます。 C:\Program Files (x86)\SDRplay
・ドライバーは次の2つが必要です。各ドライバーをコピーして格納します。
ExtIO_RTL.dll または、ExtIO_RTL2832.dll(HDSDRの導入方法を参照ください)
libusb-1.0.dll (SDR#を導入しSDR#フォルダー内からコピーしてください)

④SDRunoを起動し①②③の順に進みます。
HF UP CONVERTERで中波、短波の受信をする場合Swap I and Q channeis にチェックを入れます。
(このチェックを忘れると周波数表示が逆転します)
SDRuno Config

⑤ExtIO Configが開きます。
・チェックを外し、ゲインを最大にします。(ゲインはお好みで)
・周波数オフセットは、Frequencyで微調整します。(TCXOSMD X-tal以外のノーマルチューナーは、±50PPMのずれがある場合があります)
・サンプリングレートを0.9に書き換えます。 × で閉じます。
SDRuno Config-2

⑥STARTで受信開始です。
・このままでは、スペクトルが見えません
SP1⇒スペクトルウインドウ
SP2⇒受信周波数部分のスペクトル
RX⇒受信コントロール
あとは周波数を設定し受信モードを選択すれば受信開始です。
⑧で説明しますが、大きなスペクトルが立っています。これが邪魔なセンターピークです。
SDRuno 6MHz

⑦使用感:実にいいです。冒頭にも書きましたが、音質がとてもいいです。特にHFの場合今まで使用したSDRソフトのAM SSBの音質がいまひとつでしたが、SDRunoの音質はすばらしいです。現在HF(短波)を中心に使用していますが、ゲイン最大でも音が割れる、こもる、などがなくとてもクリアーに聞くことができます。HDSDRの場合37dB程度に絞って満足な音質になっています。中波、短波の受信でゲイン最大で使用できるのはうれしいところです。アナログメーター搭載も実にいい感じです。
残念なのが、機能に制約があることですが、フリーで使用できることを考えれば仕方のないところでしょう。
一番残念なのがサンプリングレートでRTL-SDRでは2.4Mspsで安定した受信ができましたが、0.9Mspsとスパンが半分以下になってしまいました。それでも約1MHzのスパンで見れるので困ることはありません、またSDRPLAYで使用した場合最大6CHの受信が可能とのこと(まんしゅう彩遊記より)RTL-SDRで使用する場合は1CHのみになるようです。とにかく楽しいです。機能も満載ですので是非使ってみてください!おすすめです。

⑧便利ワザ
・マウスホールの回転方向⇒MEIN SETT. MISC REVERSE MOUSE WHEELにチェックで逆回転です。(HDSDRに慣れていると違和感がありますのでこれで安心)
HF UP CONVERTERを使用する場合(100MHzUP)⇒MEIN SETT. OFFSET 100000000を入力してOFFS1とINVを選択します。通常モードはNONEを選択します。OFFS2等に入力してもOK
・AUDIO出力の変更⇒RX CONTROL SET. OUT ▼で選択すれば外部ソフトに出力できます。(HFDL、FAX、DRM、SSTV、の受信をするためにライン出力に変更できます)
・マウスホイールの周波数ステップ⇒RX CONTROL 周波数表示の上で右クリックでウインドウが開き選択できます。
・周波数ダイレクト入力⇒RX CONTROL 周波数表示の上で左クリック、周波数表示が消えますのでテンキーで周波数を入力します。100KHz以下は入力できません!入力が完了したらEnterで反映されます。
・メーターバンド切り替え⇒テンキーの白文字がメーターバンドです。各アマチュアバンドに切り替え可能です。
・スケルチとボリュームは、コントロール下のバーをスライドさせます。ボタンを押せば動作します。
・注意1:SDRunoには欠点があります。中心周波数にピークが出ます。これを消す方法が現在わかりません・・・SDR#の場合Corretc IQで消すことができますが(SDR#14**の場合改善されています)SDRunoの場合センターピークが気になります。強い信号なら気になりませんが弱い信号に完全に被ります。ですので、一度受信する周波数から若干づらしたところで受信を開始し狙った周波数に移動することをおすすめします。一度移動すればダイレクトに周波数を入力してもピークはずれた位置にありますので気になりません!SDRの場合センターピークは付き物なので仕方のないことでもあります。
・注意2:サンプリングレートの変更は毎回行わなければなりません・・・残念ですが終了時にメモリーしてくれません・・・
・いろいろなボタンがありますので、弄ってみてください!楽しいですよ!
・ユーザー マニュアル⇒http://www.sdrplay.com/docs/SDRplay_SDRuno_User_Manual.pdf


 

ADS-B 自作8段コリニアアンテナ+LNA+SAW Filter委託テストでの最大受信距離更新!

以前ADS-B 自作8段コリニアアンテナの委託テストを委託していたS.Wさんより最新受信画像をいただきました。最長受信距離!なんと296nm=548Kmです。すばらしい! アンテナ、LNASAW Filterの効果が立証されました。また、S.WさんによるとRTL-SDRチューナーの冷却によって受信距離も伸びたと仰っております。
コリニアアンテナのみの場合どうしても近距離の取りこぼしが発生するため、ダイポールアンテナを併設しています。2系統の受信データーをミキシングしてFR24へフィードし順位は20位以内!これも素晴らしい結果です。地形的に内陸部が厳しいですが、今後アンテナの設置場所等の変更も検討するそうです。
早速受信画像から!
①Map
Map
②Charts
Charts
③アンテナ
アンテナ
④チューナー冷却
冷却チューナ

 

RTL-SDRチューナー空冷ユニット試作及びADS-Bでの効果検証

RTL-SDRチューナーの空冷ユニット試作中です。小型DCファン×2搭載しています。構想としては、チューナーケースごと空冷とケースを外し基板単体での空冷を選択できるようにしたいと思います。
以前のブログ記事で、ADS-B受信に効果あり!SDRチューナー(R820T/R820T2)空冷のススメで検証しておりますが、チューナーを冷却することで受信距離や受信エリアが広がります。とにかくR820T/R820T2チューナーチップは、発熱温度が高すぎます。チューナーで受信を開始するとどんどん温度が上がります。ケースを触って熱く感じますから内部の温度ははんぱないです。これも以前ノブログ記事で、TV28T v2 DVB-T USB Stick (R820T)の発熱温度、放熱プレート+ヒートシンクの放熱について検証検証しヒートシンクキットを作りました。このキットで、放熱はしますが、冷却するのではないためデバイスの保護という観点で有効と考えます。R820Tチューナーチップは最大で70度を超えます。ヒートシンクキットで60度以下にはなりますが、これ以上の冷却には強制空冷等の方法を使うしかありません!ファンをテープで留めてもそれなりに効果はありますが、やるならとことん冷やしてみようと考えました。(温度計紛失・・・近日温度入手し測定予定です・・・すみません)
ファンユニットにチューナーをケースごと挟み込むように装着できます。ケースを送風で冷却します。ヒートシンクキットを使用すると効果が上がります。この状態で使用した場合ケースはほとんど熱を持ちません!
ケース強制空冷
基板を装着して強制空冷!効果絶大!基板は全く熱を持ちません冷え冷えです。勿論ヒートシンクキットを取り付けています。ファンユニットへの取り付けは、基板裏面の放熱プレートを瞬間接着剤で固定し、ここにブチルゴムの両面テープを貼り取り付けます。両面テープでも強度は十分です。
基板強制空冷
実際にADS-Bの受信で検証です。今回は、同ロットのチューナーを使っています。一度同じ状態で受信して受信感度の差がないことを確認しています。接続系統は、次の画像のように6段コリニアアンテナからQマッチ2分配ケーブルで冷却あり/なしのチューナーに接続、USB-HubでPCへ接続です。2分配で受信すれば差がはっきりをわかります。冷却あり/なしで、風の影響がないようにチューナーは若干離しています。
2系統
・受信結果です。画像にマウスを置くと冷却チューナーの受信画像になります。
・結果的に冷却チューナーでの受信結果が距離で一回り広くなっており、受信データー量も増えています。
・ADS-Bにチューナー冷却で感度UPするようです。
・試作第2段の製作に入ります。(ファンの穴をパンチングに変更予定です)
Map

Charts

DRM放送 AIR AM09:00~信号が見えますが復調に至らず・・・

HFDLを受信しようかと今日もHFをうろうろ・・・すると13MHzにDRM信号が?
Dreamを起動しStationsで確認したところまたまたAIR・・・しかし・・・SNRが6~7dBで復調できない!
マグネチックループアンテナで1F設置のためでしょうか?残念です。FBなアンテナをお持ちの方は受信してみてください~
DRM160522

 

RTL-SDR HF UP CONVERTER+LNA+Galvanic IsolatorでHF洋上管制を聞いてみましょう。

RTL-SDR HF UP CONVERTER+LNA+Galvanic Isolatorを使ってHF洋上管制を聞いてみましょう。先日アンテナケーブルのBNCコネクターの修理もできたことで、HFを今日もうろうろしていました。HDSDRでHF洋上管制が聞こえていましたが、やはりゲインが若干低い感じです。そこでLNAを挿入してみました。(単にLNAを挿入するとゲインが高すぎて使い物になりませんのでご注意を!)
HF UP CONVERTERでLNAを使用する場合挿入する場所によってゲインが変わります。今回試した中で一番良かったのが次の位置でした。アンテナ⇒Galvanic Isolator⇒LNA⇒HF UP CONVERTERの流れが一番安定していました。しかし、LNAのゲインがHF帯で30dBありますので、受信ソフト側でゲインを絞ります。今回は20dBぐらいが良い感じで受信できました。アンテナの性能によって違いがありますのでノイズフロアの余計なスペクトルが消える位置で信号が浮き出るように調整するのがコツです。(CONVERTERのOUT側に入れると中波のゲインが下がります)(自作マグネチックループアンテナで十分受信できます)
LNA GI
・HF洋上管制の周波数は、ここでは割愛させていただきます。
・実際に受信してみるとかなり強力に受信できます。東京RDO 5628KHzが強力に入感していましたので、録音してみました。HF洋上管制の交信をwavファイルでアップしましすのでお聞きください!ファイルをダンロードしHDSDRの再生▶でファイルを選択し周波数を5628KHzにセットUSBで聞くことができます。HFのコンディションも良くなってきてる模様です。
その他の周波数/11384KHz 8903KHz も比較的よく聞こえます。
ファイル再生中です。
HF洋上管制160521
ダウンロードしzipを解凍してご使用くださいませ
(注意:このwebファイルをPCで再生しても音声は再生されません)

RTL-SDR BCL DRM放送 AIR(インド)良好です。

ループアンテナのBNCコネクターが接触不良であったため修理し受信確認のためHFをうろうろしていたところ15MHz近辺で強烈なDRM信号が出ていました。15MHzなのでAIRだろうと思いつつHDDRE+Dreamを起動したところ~ビンゴAIRです。いきなりSNRが18dB超えています。絶好調!音も途切れることなく安定して受信できています。AIRは2CHで放送しており、1CHは、中国向け放送 2CHは、チベット向けの放送になっています。エスニックな音楽が途切れなく聞こえてきますよ~20:50頃から信号が出る様です。
・できればRNZIのDRM放送がこの時間(夜間)に復活しないものかと思う今日この頃です。早起きすればいいことなんですが、酒でも飲みながら聞きたいですよね・・・
・RTL-SDR+Dreamの設定方法は、こちらへRTL-SDR DRM受信 HDSDR+Dream2.1.1の導入、受信方法
AIRの受信状況 15.040MHzで放送されています。(21:40現在もSNR19dB越えで受信中)
DRM160519
受信設備
①受信機:R802T2 TCXO 0.5PPMヒートシンクキット
②アンテナ:自作マグネチックループアンテナ
③UPコンバーター:HF UP CONVERTER(SC HFCONV-100)ケースキット
④アイソレーション・トランス:超小型ガルバニック・アイソレーター
⑤SDRソフト:HDSDR(ExtIO_RTL2832.dll)
⑥DRMソフト:dream-2.1.1
⑦AUDIOデバイス:YAMAHA NETDUETTO
いつもの設備です。
NEC_1045

SDR# rev 14** スペクトラムウインドウをPERSEUS風にしてみましょう。

SDR# rev 14** スペクトラムウインドウをPERSEUS風にしてみます。SDR# rev 13**では、直接configを書き換えましたが、ver 14**には選択項目が追加になっています。
(先日reiさんからこの件に関しましてコメントがありましたので詳細をUPしました)

SDR#を起動し左のFFT Displayを開くとSpecttrum Styleがあります。ここで選択するだけです。超簡単!
Spectrum Style
表示は、PERSEUS風以外に4種類変更可能です。(Static Gradient/オリジナルを入れて全部で6種類)気分に合わせて変更するのもありでしょう。
①Dots                            
Dots
②Simple Curve(PERSEUS風が一番見やすいかも?)
Simple Curve
③Solid Fill(単色)
Solid Fill
④Dynamic Gradient(この画像では判りにくいですがグラデーションになります)
Static Gradient
⑤Min Max
Min Max
・スペクトルの色を変えてみましょう。(
Simple Curveのみに適用します。)
SDR#フォルダー内のSDRSharp.exe.Configをマウスの右クリックで編集を選択します。
TXTの中から次の行を見つけてください!
<add key="spectrumAnalyzer.envelopeColor" value="FFFFFF" />
"FFFFFF"が色指定になります。ちなみにFFFFFFは白です。
ライムグリーン/00FF00
シルバー/c0c0c0
書き換えて上書き保存で完了です。これも気分を変えるのに有効です。お試しください!
・ライムグリーン
00ff00
・シルバー
c0c0c0

RTL-SDR [DVB-T+DAB+FM]R820Tチップ搭載中止の情報です。全てR820T2で一本化されます。

現在情報収集中ですが、[DVB-T+DAB+FM]R820T搭載チューナーがR820T2に一本化されるとの情報です。
R820Tチップの生産中止(デバイスの生産中止との情報です)によりR820T搭載のチューナーは徐々にR820T2搭載に移行されると思います。黒ケースのTV28Tv2DVB-T[DVB-T+DAB+FM]にも今後R820T2が搭載されることになりますので購入される場合等に関しましてはご注意ください!
(代理店より性能UPのためとのことです。元々USBワンセグチューナーなのでデバイスの変更は仕方がありません!黒ケースのチューナーにR820T2が搭載され同時にLEDも白になります)
Amazon販売中のチューナー各種R820T搭載品も今後R820T2搭載品に移行することになります。 黒ケースのTV28Tv2DVB-T[DVB-T+DAB+FM]R820Tに関しましては、在庫販売が終了と同時にR820T2搭載チューナーに変更となります。今後ともよろしくお願い致します。
TV28T-R820T
今後全てR820T2搭載となります。






最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
livedoor プロフィール
記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
Amazon RTL-SDR関連商品のストアへご案内します。黒板をクリックしてくださいね
RTL-SDR関連商品
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
超小型ガルバニック・アイソレーター
最新コメント
Mail order agency to overseas
SAWフィルター1090MHz/ADS-B受信用
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
周波数高安定、高精度/TCXO(温度補償型水晶発信器±0.5PPM)搭載TV28Tv2DVB-T(R820T2)チューナー単品[RTL2832U+R820T2][DVB-T+DAB+FM][広帯域受信用]【Standard Type】【USBコネクター換装済】
中波、短波簡易受信対応、マッチングトランス(感度改良型)+X-tal ±10PPM実装、カスタムチューナー、0~1700MHz受信可能【USBコネクター換装済】
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
X-tal 常温/温特±10PPM実装TV28Tv2DVB-T(R820T2)チューナー単品[RTL2832U+R820T2][DVB-T+DAB+FM][広帯域受信用]【USBコネクター換装品】
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
RTL-SDR TV28Tv2DVB-T(R820T2)チューナー単品[RTL2832U+R820T]【USBコネクター換装済】
R820T 単品
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ