KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

2012年11月

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

EzTV668静電気で故障・・・この時期ご注意ください!

RTL-2832U+E4000チューナー搭載EzTV668静電気で壊してしまいました・・・多分・・・
以前TT@北海道さんもドングル壊してしまった件コメントいただいておりましたが、とうとう自分もやってしまいました・・・とほほです。
このドングルには一応保護ダイオード載っていたのですが、静電気の力が勝っていたのでしょう。全く受信しないのではなくゲインが10dBほど下がってしまいました。DS-DT305を長時間使った様な感じです。
ADS-Bの受信検証のため車に積んでいました。アンテナのエレメント交換等で何度か体の放電せずに直接触っていたのが原因と思われます。
DVB-Tも心配なので、早速保護ダイオード取り付けます。
この時期ご注意ください・・・

ADS-B受信にUSBワンセグチューナー付属アンテナのススメ(RTL-SDR+RTL1090+Plane Plotter)

さて、USBワンセグチューナーRTL2832U+E4000(R820T)でADS-Bが受信できることは検証出来ました。
しかし、受信範囲の狭さがネックになります。
実際に自分の環境(VHF用自作AWXアンテナ)では近距離のみの受信に留まっています。ケーブルを10m程度引っ張っていますので、ケーブルロスが大半だと思います。
なにげにUSBワンセグチューナー付属のアンテナを見ていたら?エレメントが12㎝!1090MHzの1/2λぐらいです。これって使えるのでは?と思い切断していたケーブルにBNCプラグを取り付けてみました。
こんな感じです。EzTV668(E4000)+付属アンテナ(外部アンテナ用にBNCコネクターを取り付けています)
NEC_0436
実際にこの状態で受信してみました。
これがまたびっくりするぐらい受信します。RTL1090のTXTがすごい勢いでスクロールしていきますしプロット距離が200Km超えています。
ワンセグチューナーに付属のアンテナを接続して、アンテナを車の屋根に乗せました。車内にPC持ち込んで受信した画像です。
屋根のVHFアンテナとは比較になりません!付属アンテナおそるべし!
簡単なアンテナでもケーブルが短ければ十分実用になると言うことが証明されました。
RTL1090のインジケーターを見ると常に1個~2個点灯、最大3個点灯します。VHFアンテナの場合時々1個点灯するのみ・・・
画像が残っていませんが、最大で300Km超えのプロットもありました。高価なアンテナを使用してもケーブルロスでゲインが無くなります。
アンテナケーブルが細い場合はアンテナ直下にプリアンプ入れないと受信出来ない可能性がありますし、実際に上の画像のセットに10mの1.5D2V延長ケーブルを接続したところ、ほとんど受信出来ませんでした。ケーブルのロスもバカに出来ません・・・
どうしてもADS-Bの信号が受信できない場合は、一度付属のアンテナを使うことをお勧めします。
一つ注意があります。EzTV668付属のアンテナは、ケーブルが同軸ではありませんのでADS-Bがうまく受信出来ない可能性があります。
アンテナケーブルの印刷を見てくださいRG174であれば同軸ケーブルです。
とりあえずUSB延長ケーブルを準備してアンテナを外に出してみましょう。5mまでは延長OKみたいです。
アンテナはベランダ等に設置するのですが、出来るだけ鉄の部分に取り付けます。マグネットを通してグランドを取ったことになる訳です。エアコンの室外機にも付きます。
ドングルごと外に出しますので、雨には注意です。屋内でも近距離なら意外と受信するみたいですよ!
121129 0930
さて、究極の受信環境を構築する妄想です。
①1090MHz用のホイップアンテナを製作する
②ドングルに直接アンテナを接続する(勿論防水)
③5m程度であればUSBケーブルで延長してアンテナ付きドングルを設置
④5m以上の引き回しの場合USBエクステンダーケーブルでLAN接続にして20m以上延長する
アンテナから同軸ケーブルで引き回さないのが最終結論です。
一度チャレンジしてみたいと思います。







Raspberry PiとRTL2832Uドングルを受信サーバとして使う記事をUPされました。(TT@北海道さん提供)

Raspberry PiとRTL2832Uドングルを受信サーバとして使う記事をTT@北海道さんがUPされました。
Raspberry Piをサーバーとして使用出来れば複数のPCでチューナーが使えます。
これが確立すれば、同一バンドで複数受信も可能になります。1本のアンテナで複数受信出来ますので、アンテナ分配の様にゲインが下がることはありません!今後の進展に期待したいと思います。
TT@北海道さん頑張ってください
記事はこちらへRaspberry PiとRTL2832Uドングルを受信サーバとして使ってみる

ADS-B RTL1090+DVB-T+プリアンプ入れてみた・・・(若干改善しかし近距離のみ)

コスモウエーブさんのプリアンプを入れてみました。
プリアンプ②

広帯域ローノイズフラットアンプ 100KHz~1.3GHz
GAIN:24dB FLATNESS:±1.0dB(100KHz~1GHz)
ACARS用に購入していたものです。
若干受信範囲が広がった感じはしますが、VHF用AWXアンテナなのでやはりゲイン不足です。それにこのアンテナは指向性がありますので、この指向性が顕著に現れている様にも感じます。それに、航空機が通り過ぎてから受信を開始することが多いので、機体に取り付けられているアンテナの指向性もあるかもしれません・・・やはりアンテナは、1.09GHz対応のものが必要です。
ケーブルも3D2Vをかなり引っ張っているのでロスは相当あるでしょう。

RTL-SDR+RTL1090+Plane PlotterでADS-B受信出来ました。(USBワンセグチューナーRTL2832U)

RTL-SDR+RTL1090+Plane PlotterでADS-B受信出来ました。
昨日、RTL1090を導入して、ADS-Bの信号が受信出来ることは確認できました。
問題は、プロッターです。RTL1090は、Plane Plotterと連動しますのでPlane Plotterを導入しましょう。
Plane Plotterの導入は、Japan Radar Clubさんの導入方法を参考にさせて頂きました。ここで御礼申し上げます。
Japan Radar Clubさんへのリンクは、PlanePlotterで遊んじゃう!です。
さて、無事Plane Plotterが導入されたものとして進めます。
Plane Plotterを起動します。
pp set2
次の2つの項目を選択してOKで閉じてください
Input output
メニューから
①Options
②Mode-S receiver
③Beast receiver
④Setap TCP/IP client
の準に選択します。
TCP IP option
TCP/IP IP addressのウインドウが開きます。
入力画面に127.0.0.1:0が表示されていると思います。
127.0.0.1:31001と入力してOKで閉じます。
tcp ip address
この時点でRTL1090を起動しSTARTしてください
Plane Plotterの緑のボタンを押すと受信開始です。
pp set3
RTL1090のインジケーターを確認します。
Plane PlotterとRTL1090のTCP/IP接続が出来た場合インジケーターが緑になります。
rtl1090 ③
しばらく待つと航空機がプロットされます。
gainは、Maxで、RTL AGCのみONにしています。(Tuner AGCはOFF)この状態がEzTV668は最良の受信感度でした。
機体のシンボルが小さいのでわかりにくいのですが、2機南に向かって飛行中です。
121128 ADS-B
あっという間に導入できました。
RTL1090の導入は、STL-SDR+ADS-B Windows対応デコーダーソフトRTL1090登場をご覧ください
Plane Plotterはシェアウエアなので、21日間は無料です。
現状は、VHFアンテナで受信しています。150Km程度の距離で高高度なら受信でします。やはり高感度のアンテナが必要です。
今回ドングルはEzTV668(E4000)を使用しましたが、R820Tチューナーチップ搭載のドングル良いとのこと、手配してみたいと思います。
LT-DT309(FC0013)では、受信できませんでした・・・少なくともE4000チューナーが必要です。
ADS-Bが本当に身近になりました。

STL-SDR+ADS-B Windows対応デコーダーソフトRTL1090登場(太郎さん情報提供)

USBワンセグチューナーでとうとうADS-Bが受信出来ます。
それもWindows対応です。
当ブログに太郎さんよりコメントいただきました。
早速Ham Radio Scienceへ行ってみました。機械翻訳で見てみると何か簡単に動作するみたい?
ダウンロードは、記事の中程にあるRTL1090 Yahoo Groupへ行ってRTL1090 Yahoo GroupのMemberになってください。英文ですが何とか判ります。無事メンバーになるとFilesからダウンロード出来るようになります。
rtl1090-latest-build.zipを解凍すると次のファイルが出てきます。
RTL1090 フォルダー
rtl1090.exeをいつもお使いのSDR#のフォルダーにコピペします。
これだけです。
rtl1090を起動しましょう。
このウインドウが開きます。このまま『START』を押してください
RTL1090 START
パラパラとTXTが表示されて、最後にStarted・・・と出ればOK
あとはデーターが表示されるのを待ちます。
自分は、EzTV668+自作AWXアンテナで受信しました。どんどんデーターを受信してくれます。
ゲインをMaxにセットする方が良いかもしれません!
今回は、ここまでです。
次回は、プロッター導入してみます。
ADS-Bがとても身近になりました。喜ばしいことです。SDR1090の開発に携わったみなさんに感謝しましょう。
RTL1090
はじめてこのページをご覧の方は、アイキャスエンタープライズさんのページ及びSDR#の導入方法を参考に自力でSDR#を導入してください!
SDR#(またはHDSDRでも可能です)を使用出来る状態にないと起動しませんので注意です。
当ブログの過去の記事は、SDR RTL-SDRに関するブログindexをご覧ください
Plane Plotterで航空機をプロットしましょう。次のブログ参照ください
RTL-SDR+RTL1090+Plane PlotterでADS-B受信出来ました。(USBワンセグチューナーRTL2832U)
121129 0930

RTL2832U HF化+プリアンプ内蔵計画!μPC2747TB広帯域アンプ

RTL2832U HF化(0-30MHz受信改造) によりHFの受信は可能になりましたが、やはりゲイン不足・・・
アンテナはΔLoop9のため十分なゲインで供給しているのですが、実際に受信してみるとハイバンドの感度が良くありません!LPFやマッチングトランスを通すことでロスが発生してると思われます。ΔLoop9で受信した場合低い周波数は、非常に良く受信できますが、ハイバンドほど感度が悪くなります。LPFなしでもほぼ同じ感度でした。
そこで、超小型広帯域アンプμPC2747TB(¥250)を使用してみたいと思います。COSMOWAVEさんから通販で購入、回路は公開されている回路を使用してみます。ただし、この回路はμPC2747TB×2段ですが、1段で使用することを検討してみます。と言うのも1段で12dBのゲインがあります。SDR#で受信してみると、あと10dBあればなぁ・・・と感じていたためです。
uPC2747TB
COSMOWAVEさんの写真流用しました。小さいです・・・
Specは、Vcc:3V Icc:5mA GAIN:12dB NF:3.3 Fu:1.8GHz です。
公開されている資料から下は5MHz 上は2.5GHz程度まで使えそうです。
その他の部品も手配してみます。
製作は、随時UPとします。

2013/3/16掲載記事
RTL2832U HF化(ダイレクトサンプリング)+プリアンプ内蔵計画!μPC2747TB広帯域アンプその②パターン案完成
2013/4/20掲載記事
RTL2832U HF化(ダイレクトサンプリング)+プリアンプ内蔵計画!μPC2747TB広帯域アンプその③基板完成、チューナーに搭載

SDR#(Sharp) Frequency correction(周波数補正)の使用方法

RTL-SDR+SDR#(Sharp)で受信すると受信する周波数に対しキャリア(スペクトラム)がチューニングインジケーター(赤い線)に対してずれています。このずれは、ドングルのチューナーチップ毎の誤差によるものでぴったり合うことはありません・・・と言う事は、周波数の直読が出来ないということになります。
Frequency correctionを使って補正をしてみましょう。
今回使用するドングルは、EzTV668(E4000)です。
ドングルをPCに接続し10分~20分程度使用してください温度を安定させます。
次の画像は、123.775MHzを受信しています。ZoomでFFT(波形の見えるウインドウ)を拡大しておきます。
見ての通り受信周波数は123.775MHzなのですが、キャリアを見るとチューニングインジケーターより右にずれています。このずれは+8340Hzです。
このままチューニングインジケーターを右に移動してキャリアセンターに合わせれば受信できますが、直読できる様に調整します。
775-1
Configuerを開きます。
Frequency correctionを使います。
設定はPPM(百万分率)ですが、計算して設定するのではなく受信しながら設定します。
上の画像の様にチューニングインジケーターより右にキャリアが見える場合は周波数を下げるのでFrequency correctionの▼を押します。勿論チューニングインジケーターよりも左にキャリアが見える場合は▲を押します。
実際には、受信しながら▲▼を押してチューニングインジケーターの中心とキャリアのピークが一致するまで行います。EzTV668の場合は-62PPMとかなりずれていました。DVB-Tは20PPM LD-DT309は7PPMでした。
ここで設定した数値は、次回起動時も有効ですが、ドングルを換えた場合は再度設定する必要があります。
SDR# PPM
調整後の画像です。
周波数表示とキャリアセンターが一致しています。
これで、周波数直読となります。周波数ステップを設定してキーボードの▼▲でチューニングすればアマチュア無線、業務無線等簡単に周波数変更が出来る上に周波数も直読できるようになりました。
775-2

最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
RTL-SDR対応VFOダイヤル搭載キット
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
SAWフィルター1090MHz/ADS-B受信用
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ