KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

2012年12月

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

RTL-SDR(R820T)+HF UP Converter+ΔLoop9+SDR#v1084+NETDUETTOでHFDL

今年も大変お世話になりました。今回のUPで今年のブログ更新は最後になります。当ブログにお越しいただいた皆様、コメントを頂戴した皆様の今後のご活躍、ご発展、ご健康をお祈り申し上げます。1年間ありがとうございました。感謝申し上げます。また1213年も新しい話題作りに努力したしますので、今後ともよろしくお願い申し上げます。良いお年をお迎えください ありがとうございました。

と言うことで、今年最後の記事は、HF UP Converterについてです。
USのebayにて購入です。先日のブログにも上げましたが本体、送料、手数料で¥5000程度です。
0-30MHz HF UP Converterになります。国内で入手するには個人からになりますが、RTL-SDR HF受信用コンバーター基板をTT@北海道さんが完成させました。を参照してください!
RTL-SDR用チューナーは、TV28T v2 DVB-T USB Stick (R820T)
E4000でも受信は可能ですが、R820Tよりも10dB程度ゲインが低いためHFDLを受信するのは若干物足りなさを感じると思います。ADS-BもR820Tが良い様にHF UP Converterの使用にもR820Tをお勧めします。
さて、使い方は簡単!HF UP ConverterのUSBは電源供給のみですので、PCのUSBに接続してください!
後は、HF UP Converterの入出力を間違わないようにUSBチューナーとアンテナに接続します。
AUDIOは、NETDUETTOを使ってバーチャル接続(44.1KHz)です。
RTL-SDR HFコンバーター
さて、SDR#(Sharp)は、v1.0.0.1084など最新のものを使用してください。v1.0.0.1073より周波数の変更が簡単になりましたので、1073以降のバージョンをお勧めします。
受信方法は、受信したい周波数に100MHz加えます。17.919MHzを受信する場合は117.919MHzを受信します。今回受信して一番悩んだのがAGCです。一番良く受信したのがRTL AGC ONでした。受信設備等で若干変わりますので参考までとします。
実際の受信ですが、11.312MHzを受信した画像です。
ここで問題になるのが周波数のズレです。元々R820Tは、周波数がかなりズレています。なかなか受信できずやっと判ったのがズレが-13KHz程度あったということです。メチャクチャです。一応次の画像を参照してください!
Aganaなので、近距離ですが、しっかり受信しています。ただ、バンドによってズレ幅が違うのでその点は考慮しながら受信してください!HF用のアンテナの設置をお勧めします。
これから使い込んでレポートしたいと思います。
SDR# 121231 17919

ADS-B adsbSCOPEのススメ④Viewの簡単な説明、設定方法

ADS-B adsbSCOPEのススメ④です。今回は、Viewのメニューについて簡単に説明します。
把握できていない点は?にしています。あしからず!
Viewを押すとこのようにメニューが出ます。
順番に説明します。
View メニュー
①aircraft→航空機シンボルのON OFF
②Lat/Long-Grid→緯度経度の升目のON OFF
③Crosshair→GRAPHIC DISPLAYの中心を十字の線で表示ON OFF
④States→MapアウトラインのON OFF
⑤State Names→?
⑥Towns→都市部の○表示のON OFF
⑦Detailed maps only→?
⑧Airports→Configで詳細設定 空港名の表示を変更 
normal→ローマ字表記になります。 
ICAO→RJTT等の表示になります。
IATAはなじみがないので使いません、
none→非表示(Mapを拡大しないと見えません)
congig Airport Name
⑨Airport Altitude→空港の高度(Mapを拡大しないと見えません)
⑩Range Rings→中心からリング状の表示ON OFF Configで詳細設定できますが、デフォルトの50KmでOK
⑪Receiber→受信地点を赤○で表示ON OFF
⑫maximum Range→受信地点(Receiberの位置)から最大受信距離をレーダーチャートで表示ON OFF ただし、一度ONにしてしばらくしないと表示しない場合もあります。ON OFFを実際に行って実際に表示してみましょう。そのほかにもいろいろな表示が出来ます。Configで設定可能です。
show Maximum only→最大受信距離の表示をします。
show all altitudes→全ての高度の受信距離の結果を表示します。
<10000 ft→10000フィート以下を?色で表示します。
10000ft...20000ftを茶色で表示します。
20000ft...30000ftを緑色で表示します。
>30000ftを緑で表示します。
show Minimumは、最短受信距離で赤でします。
maximum Range
⑬ground RADAR→レーダーとのアクセスの確認です。
関連記事を参照くださいADS-B adsbSCOPEのススメ②Aircraft track-Label
⑭ATS-Routes→?
⑮GPX-overlay→?
⑯Background picture→×
⑰SRTM-Background→×
間違いに気づいた方はコメントください!お待ちしています。
adsbSCOPE⑤へつづく→adsbSCOPE総集編(導入~設定~使用方法に統合しました。
adsbSCOPE③②①へ戻るには次のリンクからどうぞ!
ADS-B adsbSCOPEのススメ③Table detected aircraftを見てみましょう。
ADS-B adsbSCOPEのススメ②Aircraft track-Label
ADS-B adsbSCOPEのススメ①ライセンスフリー!

adsbSCOPEの導入、設定、使用方法をまとめました。
adsbSCOPE総集編(導入~設定~使用方法)へどうぞ!

ADS-B adsbSCOPEのススメ③Table detected aircraftを見てみましょう。

なかなか優れもののadsbSCOPEですが、受信した機体の詳細を見ることが出来ます早速見てみましょう。Fileの下にあるボタン(big table)を押してください!
big tible

Table detected aircraftが開きます。
受信状態の詳細を見ることが出来ます。各項目の意味は、次の画像を参照ください!
メインウインドウでも確認できますが、メインウインドウで表示されているのはこのデーターの一部です。項目名をクリックする度に昇順、降順に並び替えが出来ます。これは、メインウインドウででも同じ操作が可能です。
Table detected aircraft
また、表示されたデーターのセルをクリック(選択)してメインウインドウに戻ると選択した航空機のシンボルが○で捕捉され、次の画像の様に詳細が左上に表示されます。このデーターの内容は、Table detected aircraftの内容と一致しますので説明は割愛させていただきます。
また、次の画像は、直接航空機のシンボルをクリックしたもので、捕捉○のみの表示になります。
詳細

adsbSCOPEのススメ④につづく
adsbSCOPEのススメ①、②に戻るには次のリンクから飛んでください
ADS-B adsbSCOPEのススメ②Aircraft track-Label
ADS-B adsbSCOPEのススメ①ライセンスフリー!

adsbSCOPEの導入、設定、使用方法をまとめました。
adsbSCOPE総集編(導入~設定~使用方法)へどうぞ!

ADS-B アンテナケーブルは、短く!が基本!です。

USBワンセグチューナーを使ってADS-Bを受信していますが、現在2ヶ所に設備を置いています。
1つは、自宅アパート、2つ目は会社事務所です。この事務所も1Fなのでアンテナの設置が大変です。2Fの屋根に自作のAWXアンテナ(VHF)を設置していますが、ケーブルを20m以上引っ張っているので、ADS-Bの受信は近距離のみです・・・チューナーの性能を検証するために車載で受信していましたが、これも大変・・・と言うことで、チューナー付属のアンテナを2Fの屋根(あまり良いとは言えない位置)に仮設置してみました。
付属のアンテナケーブルにBNC-Pを取り付けて、お約束の1.5D2Vで5m延長しました。本当は延長したくなかったのですが、屋根から1Fまでどうしても5m以上必要でした。そこからUSBケーブルで5m延長して窓からPCにつないでいます。
予想通りと言いますか納得出来る距離は出ません・・・VHF用のアンテナに比べれば申し分ない結果ですが、車載で受信した方が遙かに良い結果が出ています。車載の場合アンテナケーブルが30㎝程度でチューナーに接続していますので、ロスはほとんどないと考えられます。
1.09GHzの周波数のケーブルロスは十分理解していますが、ここまで顕著に現れると悲しいものがありますね・・・やはりUSBチューナーをアンテナ直下に設置して、LANで引っ張るしかなさそうです。
現時点では、それなりに楽しめますので、少々我慢ですね、USBチューナー直結仕様のアンテナを作ってみたいと思います。
ADS-B受信でアンテナ設置をしている方、これから設置する方共ケーブルの長さに注意して設置してください、ケーブルが5D2V等太くなればロスも少ないので若干長くすることは可能なのですが、それでも極限まで短くすることをお勧めします。

画像は、XGAのPCのためGRAPHIC DISPLAYが狭いです・・・受信にはADSB# V8.1+R820Tチューナーを使用しています。メッセージTXTがすごい勢いでスクロールしていますよ!受信する機体数は、直ぐに10機を超えます。受信出来る最大距離は200Kmギリギリと言ったところでしょうか?海側ならそれなりに距離が出てくれますが、羽田、成田に向かう機体は、どんどん高度を下げるのでどうしてもロストしてしまいます。FL300以上なら比較的安定してキャッチ出来ます。付属のホイップアンテナですから贅沢は言えませんね!
adsbscope xga 121229 1555

ADS-B 1090MHz用W hat antenna (omni directional stacked antenna G7RQG)を使ってみた。

http://www.qsl.net/dl4mea/fpgaadsb/fpgaadsb.htmのページにあったアンテナを参考に作ってみました。
本ブログにコメントをいただく中村さんも作られています。
5DFBのケーブルにBNCコネクターを取り付けて、芯線をむき出しにして加工しました。
ターンの部分は、Φ10のドリルに巻き付け(Φ9.5が推奨)て作ります。
ラジアルは、5DFBのシールド部分に直接半田付して固定、防水にホットボンド!って感じです。
エレメントを真直にするのが大変でした。製作方法は、次回2号機を作る際にUPします。
なにしろ、1Fのベランダです。劣悪な受信環境・・・自作のAWXアンテナより若干受信範囲が広くなりました。が、納得できる状態ではありません・・・設置場所が問題ですよね・・・借家ですから・・・
W hat

ADS-B adsbSCOPEのススメ②Aircraft track-Label

adsbSCOPEのススメ②です。
Aircraft track-Labelの説明をしたいと思います。
GRAPHIC DISPLAYのプロット画面は、この様になりますが、シンボル(航空機のアイコン)の横に機体の情報が表示されます。これがAircraft track-Labelです。この表示の方法は、3つ選択することが出来ます。
track-Label

Aircraft track-Labelの設定は、次の画像を参照してください
Aircraft track-Label
設定できるのは、3通りで、表示の内容を簡単に説明します。
①2-line    
11 JA346J B738     航空機リストのNo./レジNo./機材名
F360+ 300     高度(フライトレベル360は、36000フィート)/+は上昇、-は下降/速度(ノット)

②3-line
11 JAL1156    航空機リストのNo./便名
JA346J B738   レジNo./機材名
F360+ 300 H203  高度(フライトレベル360は、36000フィート)/+は上昇、-は下降/速度(ノット)/ヘディング(方向)H203は、203度の方向に飛行中

③4-line
11 JAL1156     3lineまで②と同じ
JA346J B738
F360 300 H203
Sqk:2352       
スクォーク(航空機の識別番号、レーダーで捕捉するために使用)

となります。これだけの情報を表示することが出来ます。すばらしい!
これに付随して便利な機能をもうひとつ紹介します。
View→Ground RADARにチェックを入れてください!プロットした航空機のAircraft track-Label表示の下に『INT=II-0』等の文字が出たり消えたりします。これは、INT→Interrgartor II-0→質問者つまりレーダーの名称かな?と思われます。簡単に言えばレーダーの質問に答えて信号を返している証拠です。これが出た場合航空機リストの右端『T-out』が一旦リセットされ0からスタートします。またシンボル(航空機のアイコン)に○が表示されます。
信号が受信出来ない状態が続くとプロットの軌跡が点線になりシンボル(航空機のアイコン)に×が付きます。同時に『T-out』の数値の右に『M』が表示されます。これは、×のマーキングと言う意味でしょう。
GrandRADAR
本日のADS-B画像
これも車載で受信 R820T+ADSB# V8+付属ホイップアンテナ
アンテナからチューナーまでの長さが30cm程度です。ADS-Bを受信するには、アンテナ直下で受信する!と言うのが一番良い結果がでると思います。高価なアンテナにプリアンプガッツリ付けるよりもアンテナ直下にチューナー付ける方がロスも少なくいい結果が出ますよ!お試しあれ!
adsbscope 121228 1200
adsbSCOPEのススメ③へつづく

ADS-B adsbSCOPEのススメ①ライセンスフリーへもどる

adsbSCOPEの導入、設定、使用方法をまとめました。
adsbSCOPE総集編(導入~設定~使用方法)へどうぞ!



ADS-B adsbSCOPEのススメ①ライセンスフリー!

PlanePlotterの試用期間も過ぎてしまい使えなくなってしまいました。購入するのも・・・なので、adsbSCOPEをぼちぼち使っていたのですが、実際に使ってみると良く出来ています。SDR#やRTL1090との相性も良く順調に動いています。なかなか全てをレポートするには無理がありますので、少しづつではありますが、気がついたところを紹介してまいります。adsbSCOPEは、ライセンスフリーで使用できます。

簡単なところから気に入った点を上げてみます。
(はじめにPCのディスプレイはWXGAを推奨します。XGAですとMap部分が狭くなります。)

①受信メッセージがTXT表示される!
RTL1090と合わせてみるとおもしろいと思います。RTL1090のTXT表示とadsbSCOPEのTXT表示はリンクしているように見えます。と言う事は、RTL1090にTXT表示されているものは、基本的に完全なデーターであるといえます。hide decoded dataのアイコンが表示されている状態でTXT表示になります。
アイコンhide decoded data←hide decoded data

②プロットされる航空機のシンボルが3種類!
大型機、中型機、小型機の3つ確認できました。次の画像をご覧ください!
JA5810は、航空大学校のビーチクラフト機です。FL66で飛んでいます。シンボルが小さいので何かなぁ・・・と思って確認したところビーチクラフト機(小型機)でした。このような機体にもADS-Bが搭載されているんですね!
adsbScorp 121227 1017
またシンボルも○ □ 航空機の3つ準備されていますのでお好みで!設定方法は次の画像参照ください!
adsbscorp シンボル

③データー受信が出来ないとAIRCRAFT TABLEの右端T-outのカウントが開始され300秒(デフォルト)を超えるとプロットが消去されます。
プロットしている機体の軌跡が点線になった場合信号が受信できなくなっています。が、シンボルの機体は動いていますよね、これは、次の画像の設定時間だけは表示されます。つまり、最後に受信した高度、速度、方向を元に300秒動かしているわけです。
adsbscorp config drop Aircraft

本日のADS-B受信画像、SDR#v6+R820T+付属ホイップアンテナ(車載)で受信
建物の無い場所で受信するとホイップアンテナでもこれだけ受信できます。
adsbscorp 121227 1225
adsbscorp 121227 1250

本日はここまで、adsbSCOPEのススメ②につづく・・・

adsbSCOPEの導入、設定、使用方法をまとめました。
adsbSCOPE総集編(導入~設定~使用方法)へどうぞ!

ADSB#(Sharp)v1.0.8.0 にバージョンアップ!Decoderマニュアル設定可!しかし意味がわからない・・・

ADSB#(Sharp)がバージョンアップでv1.0.8.0になりました。
Decodeのマニュアル設定が追加されました。
ConfidenceとTimeoutの2つ?
どう使う?
デフォルトで全く問題ないので使っていますが、うーん困った。
受信するからいいかな・・・説明をTXTで付けてくれるといいんですけどねぇユーセフさん!
ADSB# V8
最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ