DE1103復活
と言うより、使ってなかったんですね…かわいそうなので使ってあげましょう。
どうしてもDE1103等のBCLラジオは、感度は良いものの周波数の微調整に慣れが必要です。
周波数の微調整は、各周波数、時間で違って来ますので、待ち受け受信には向きません!
と、言うことで、BCLラジオ受信のコツのおさらいです。
とにかく受信しましょう。HFDL の受信テキスト表示を開いて、HFDL ANAのボタンを押しましょう。
受信テキストの表示で上から3行目のFrequency Error = 【ここを見る】
【ここを見る】の数字が+かーを見て+ならラジオの微調整(ファインチューニング)を+方向に少し回し次の受信を待ちます。また、【ここを見る】の数値が出来るだけ0に近くなればOKです。
±20程度なら全く問題なく受信出来ます。
さて、現在21.937MHz順調に受信しています。アンテナはΔloop9です。
アンテナは、しかりしたものが必要です。近い航空機ならホイップアンテナでも受信出来ますが、HFDLの醍醐味は、長距離受信ですので是非とも外部アンテナを設置しましょう。
自作の醍醐味と完成時の感動をΔloopアンテナで味わいませんか!
CQ出版社
【短波用アクティブ
    ループアンテナの製作】を
お薦めします。