TV28T v2 DVB-T USB Stick (R820T)/DVB-T+DAB+FMのDC1.2Vスイッチング電源切り離しでHF受信品質改善!の記事を以前掲載しましたが、TOSHIさんのブログにRTL2832UのDC1.2Vスイッチング電源を停止する方法が掲載されていました。これは貴重な情報です。元記事は、superkuh.com/rtlsdr.htmlで、自分の10D1×3の記事も掲載されています。前回の記事でも触れましたが、このスイッチング電源は、1MHzで制御されているため中波、短波のノイズ源になってしまいます。
RTL-SDR and GNU Radio with Realtek RTL2832U
[Elonics E4000/Raphael Micro R820T] software defined radio receivers.

に次の回路が掲載されています。資料を使用させていただきました。
TOSHIさんの記事からRTL2832UのNo.27ピンをグランドすることでDC1.2Vの発信が停止するとのこと!早速やってみます。ピンNo.25、26、27は、DC3.3Vが印加されていますので、No.27のパターンをカットしてグランドに落とすことになります。
2V停止
改造方法
・4R7のコイルを取り外します。(電解コンデンサーも不要です)
・10D1×3個直列に接続しDC3.3VとDC1.2Vのラインに半田します。
・降圧回路の原理/整流ダイオード10D1の電圧降下-0.7V/
  3.3V-(0.7V+0.7V+0.7V)=1.2V
・RTL2832UのNo.27ピンから出るパターンをカットしレジストを剥がします。
・0.18程度のポリウレタン線をNo.27のパターンとGNDに半田します。
・これでRTL2832UのNo.24ピンDCSW(スイッチングレギュレーター)は停止します。
(ここまでしないまでも4R7のコイルを外し、10D1×3個だけでも効果はあります)
1.2V停止

実際の受信
・受信設備
 マグネチックループアンテナ(1Fベランダ)+LPF(ローパスフィルター)0~14MHz+LNA
・ノーマルのダイレクトサンプリングチューナーとDC1.2V DCSW(スイッチングレギュレーター)停止での受信結果をウォーターフォールで見てみると1MHz付近にノイズ発見!DC1.2V DCSW停止のチューナーはノイズを受信していません、また全体に感度が良いような?気がします。
・ちなみにこのノイズですが、チューナーによって若干出る場所が違います。およそ1000KHz近辺ですが良く受信する周波数に当たると最悪です。この場合は本改造を行うと良いと思います。
1.2V停止/ノーマル

ノーマルチューナー(ダイレクトサンプリング)
ノーマル

DC1.2V DCSW停止(ダイレクトサンプリング)
停止

ノーマルチューナーとDC1.2V DCSW停止を比べるとノイズフロアの荒さが違って見えます。
また、DC1.2V DCSW停止の方がノイズフロアが平坦です。同時に感度も良くみえます。特に1MHz近辺のノイズは消えています。HF UP CONVERTERの場合効果が判り難いかもしれませんが、ノイズの発生は停止していますので、よりクリアーな電波を受信していることになります。

最後に、チューナーの個体差もありますので、あくまで個人的な意見です。改造は自己責任でお願いします。
また、DC1.2Vスイッチング電源を切り離すとチューナー起動に時間が掛かるようになります。しばらく待つと正常な受信状態になるのですが、なぜなのかは不明です・・・