三才ブックス/ラジオマニア2015に当ブログの記事が掲載されています。
うれしい限りです。もっとRTL-SDRについて知っていただきたいので三才ブックスさんに感謝感謝です。
・安価になったUSBチューナー改造大実験
と言う記事です。
ラジオマニア
内容は、RTL-SDRとSDR#でFMを受信するものから、マッチングトランスを搭載してAMを受信する方法です。
はんだ付け等難易度は高いですが、判りやすく掲載されています。注意:マッチングトランスを搭載して受信する場合イメージ受信がありますので、LPFをご使用ください(中波(AM)には、FM放送が被ります)くわしくは本ブログの記事をご覧下さい!
RTL-SDR ダイレクトサンプリング(direct sampling mode)、USBワンセグチューナーHF受信化改造記事の総集編
HF改造済みのチューナーもあります。
また、SDRの特徴の録音をしてあとで受信すると言う内容も良いと思います。SDRのおもしろい点は、電波が見えることを見たバンド幅を全て録音しておけることです。録音したファイルを再生すれば全てのモードで受信可能です。ちなみに2MHzのサンプリングレートで録音すれば中波(AM)は一度に録音可能です。勿論データーの量は多くなりますが、一度録音すれば2MHzのバンド内をどこでも聞き直せると言うことになります。
本格的に中波(AM)、短波を受信するには、HF UP CONVERTERの使用をお勧めします。USBチューナーは中波、短波の周波数を受信することができません、そこでミキサーを使用して受信する周波数+100MHzとして受信するものです。ちなみに7MHzを受信する場合は、107MHzを受信することになります。また各SDR受信ソフトには-100MHzとして表示させる機能もありますので周波数直読が可能です。とても高感度で受信可能ですのでお試しを!(このコンバーターは、ttrftech.tumblr.comの許諾に基づきキット品を完成品として販売しているもにです)
[DVB-T+DAB+FM]ノーマル品は、周波数のズレがあります。正確な周波数で一発受信のできるカスタムチューナーもありますのでご利用くださいませ!
 
HF UP CONVERTERです。
 商品の詳細
ガルバニックアイソレーター
ガルバニックアイソレーター
0-14MHz LPF
LPF
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

さて、中波(AM)、短波の受信には、アンテナが必要になります。中波、短波のアンテナと言うとかなり大がかりなものを想像すると思いますが、受信用であれば簡単に自作可能です。マグネチックループアンテナの使用をお勧めします。あまりにも簡単なアンテナなのですが、某社のパッシブ型受信専用アンテナよりも良く入ります。このアンテナ比較も後日検証結果を報告したいのですが、今回はここまでとします。とにかくノイズレベルが低いので信号が浮き出てきます。マグネチックループアンテナもパッシブ型ですが、素晴らしいアンテナですよ!お試しあれ!
アンテナの記事はこちらです。
5DFBで製作のマグネチックループアンテナφ0.7m+HF UP CONVERTER+RTL-SDR中波に最適!
HF用マグネチックループアンテナを半田付けなしで製作しましょう。
マグネチックループアンテナ
マグネチックループアンテナ5DFB