KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

ΔLoop9

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

2013/08/27仮設置するも不調!Δloop9改修+AMIDON製FT-50-77(FT50#77)コア搭載+ダイナミックレンジ改善→ノーマルに復元/記事追加①②

誘導雷で逝ってしまったΔLoop9の修理を諦め、FT-50-43(FT50#43)コア搭載とダイナミックレンジ改善を行ったアウトドアBOXがあったので、これを改修してΔLoop9のアウトドアBOXとして使用したいと思います。
FT-50-43(FT50#43)コアを使用したらどうなるか?と思ってチャレンジしたのですが、あまり改善が見られませんでしたので、オリジナルの設計に戻します。コアはAMIDON製のFT-50-77(FT50#77)を使用します。以前このコアのそっくりさんの記事を掲載しましたが、AMIDON社のコアは高性能との噂ですので今回使用してみました。値段もいいんです・・・トヨムラで購入!3個で¥1050です・・・コアの巻き方はキツメで巻きます。ゆるゆるだとノイズに埋もれてしまいますよ!
次にダイナミックレンジ改善の改造は、自分の受信するHFDL等には無意味でしたのでオリジナルに戻しました。簡単に言えば感度が低下してしまいデーター信号を受信することが出来なくなってしまいました。
画像のケースは、タカチのアルミケースMB-1です。かなり小型50×40×70mmです。このケースにΔLoopの基板は入りません!長手方向を切り詰めて収めています。ヤスリで削れば何とかなります。小さいのでアンテナ設置が楽です。防水は、ホットボンドで行います。
ΔLoop9修理
タカチ MB-1
     
MB-1
さて、ΔLoop9の調整です。ダイナミックレンジ改善の改造を行った際にヌル調整を行ったのですが、全くヌル点が見つかりませんでした。これは、感度低下のためと思われます。今回オリジナルに戻しましたので、ドキドキしながらヌル調整に挑みました。チューナーはLNA内蔵のダイレクトサンプリング改造DS-DT305です。アンテナはとりあえずVHF用のAWXアンテナで受信、HDSDRを起動し6MHzあたりの短波放送を受信して調整してみるとぉ
ものすごくはっきりしたヌル点が出ています。半固定抵抗をまわすと最大~最小~最大とはっきり信号の上下が確認できました。これは期待できます。信号が最小になる点に調整して終了です。
FT-50-77(FT50#77)コアの性能なのか?感度が良さそうです!早く設置したいのですが、残念ながら雨なので設置までは行えませんでした。設置は天候しだいとなりました。
2013/08/27記事追加①
ΔLoop9を仮設置して受信してみました・・・何かおかしい?
ノイズフロアが高すぎます。
RTL-SDR TV28Tv2DVB-T(R820T)+HF UP CON使用の場合ゲインをかなり絞らないと使えない?
アミドンのコアが原因か?
ΔLoop9の感度も最大(R14とR17を220Ω)にしてあるので、トロイダルコアの透磁率が良くなってゲインが上がってしまったのが原因なのか不明・・・
落雷以来うまく行かない・・・八方塞がり
しかたがないので、予備機を一度どノーマルに戻す予定です。落ち着いたらレポートします。
2013/08/30追加記事②
しばらく受信しての感想です。RTL-SDR TV28Tv2DVB-T(R820T)+HF UP CONでの受信で、中波とHFのローバンドはゲインを一桁にするとうまく受信出来ました。やはりゲインが高すぎるんでしょうね、スペクトラムを見るとどうもS/Nが悪い感じ!ゲインが高いためノイズもガッツリ増幅されているためATTを入れるかゲインを絞らないと使えない印象です。しかしS/Nが悪いのでは、ATTで下げてもゲイン絞っても解決しませんので、このゲインの高さを逆に利用したいと思います!自宅のアウトドアBOXと交換してみようと考えました。自宅の受信環境では、ΔLoop9でもゲイン不足でしたので、もしかすると当たるかも?乞うご期待!
 

ΔLoop ダイナミックレンジ改善・・・受信ジャンルによっては対策不要!感度が低下します。

ΔLoopのダイナミックレンジ改善について影山さんが公開されていますが、実は自分もトロイダルコアの変更時にダイナミックレンジ改善の対策を施しました。
ところが、どうも今までと違う・・・全体的に感度が落ちているみたいな?と感じていました。
たしかに変な信号は少なくなった様ですが、感度低下は、かなり気になります!
いろいろネットをうろうろいていたところとても気になる記事を発見!
BCL日記のΔLoop10のダイナミックレンジ改善のブログです。
http://blogs.yahoo.co.jp/gakuji7n4njn/61648781.html
やはりダイナミックレンジ改善後は、感度が低下していますね・・・ΔLoop10ですが、ΔLoop9でも同じでしょう。
トロイダルコアの変更も感度に影響があるとは思いますが、現状の感度低下はダイナミックレンジ改善を行ったためだと考えられます。HFDLの受信には少しの感度低下によって受信範囲が狭くなる現象(受信距離が短くなる)が顕著に現れます。
結論として、受信するジャンルによっては、ダイナミックレンジの改善は行わない方が良いと思われます。
自分も元に戻す予定です。結果がでたらまたUPします。 

ΔLoop9 エアコンノイズ対策!コモンモードチョークの製作(完成)

最近近所のエアコンが稼働していてノイズをまき散らしています。悲しい現状です。夏もひどい目に遭ったのですが、まさかこの時期に・・・って感じです。同軸ケーブルにフェライトコア(パッチンコア)を取り付けてもさっぱり変化なしでした・・・
ΔLoop9でお世話になっている影山さんのブログを見ていたら『コモンモードチョークの実験』と言う記事を発見しました。記事の内容からエアコンノイズの改善に効果有り!とのこと、早速作ってみました。

W1JR巻、19ターンで製作です。
フェライトコア:B64290L659X830(RSコンポーネンツ)
同軸ケーブル:1.5D2V
同軸コネクターBNCオス、メス
作り方は、影山さんのブログhttp://sky.ap.teacup.com/applet/akagebcl/msgcate7/archive
の2011/7/17 『コモンモードチョークの実験(2)』に掲載されています。影山さんに感謝です。
また、シエスタさんのhttp://www.ndxc.org/tech/ProductionAndUsageOfTheCommonModeChoke.pdf
に丁寧に解説されています。シエスタさんにも感謝申し上げます。
と言うことで、完成してしまいましたが、1.5D2Vで19ターンは、かなりしっかり巻かないと厳しいですが、これがまた19ターンがぴったりです。
必ず2組作ります。
コモンモードチョーク

さて、早速設置です。
室外BOX直下に1個取り付けます。室内BOXの前に1個挿入します。これでOKです。さて、使用感ですがSDRで受信出来なかったためIC-R2500での感想になります。21MHzがノイズで壊滅状態だったのですが、ノイズが低減されて聞きやすくなりました。またローバンドでノイズの分2~3振っていたSメーターが落ち着きました。(0にはなりませんが)いやはやびっくりです。SDRでフロアノイズ見ておけば良かったぁ・・・残念でした。効果はありますね!エアコンノイズでお困りの方これは使えます。設置をお勧めします。景山さんのブログにもありましたが、アンテナが拾ってしまう場合には効果はありません!アンテナが拾う場合は、アンテナの方向を変えましょう。エレメントの開口部をノイズ元に向けると効果があります。全てのノイズに効果があるとは言えませんのでノイズ対策の1つとお考えください、ただ思ったより効果がありました。

ΔLoopアンテナがバージョンアップ!ΔLoopX登場、影山さんのブログより

影山さんのブログよりΔLoopXを試験中であることは知っていましたが、この度無事完成した模様です。
ΔLoop7とΔLoop9をくっつけた仕様で、同軸ケーブルではなくLANケーブルで接続します。
micro ADS-B IPみたいですね!
ΔLOOPXの概要
ΔLOOPXの詳細
を参照ください!
製作の難易度は、高いかも・・・友人に基板レイアウトしてもらおうかなぁ・・・と思案中!
ガーバーデーターも出力してもらえばなおいいかも!
今後検討して参ります。

HFDL Al Muharraq 夕方~翌朝 アフリカが意外と見えました。

HFDL Al Muharraq  2CHを夕方~翌朝受信しました。
アフリカが意外と見えました。
ヨーロッパ期待したのですが、薄いです・・・
太平洋方面からのアクセスは、ありません!
さすがに中東~インドは、アクセスが大量ですね
本日は、日中もAl Muharraq を受信してみます。
受信周波数
5544KHz 8885KHz 10075KHz  17967KHz  21928KHz
ΔLoop9+2分配+受信機2機+Freqs Timeで受信です。
120925 al

07:00に60分で削除した画像です。
07:00ごろにもアフリカからアクセスありました。
120925 al 0700

ΔLoop10ΔLoop9ダイナミックレンジ改善・・・影山さんのブログに改善策UPされています。

ΔLoop10ΔLoop9のダイナミックレンジ改善策が、影山さんのブログにUPされています。
ΔLOOP10とΔLOOP9のダイナミックレンジ改善(第2判).zip
からZIPファイルをダウンロードして解凍してください!pdfが出てきます。
抵抗値の変更ですので、簡単です。
一応、抵抗は手配しました。
近日中に改善を実施したいと思います。
しばらく使っているので、再調整もかねて一度アンテナを降ろしたいと思います。
もう一台作って設置という方法もあるかも・・・しかし、設置には時間が掛かるし・・・悩みます。
こうご期待!

追加情報・・・ダイナミックレンジの改善を行うと、改善はするのですが、同時に感度も下がります。受信していて特に問題がない場合は無理にダイナミックレンジの改善改造の必要はありませんので付け加えます。 

ΔLoopアンテナの分配について考える

ΔLoopアンテナは、アンテナ分配器(スプリッター)も製作できます。
2分配ですが、簡易分配ケーブルを作って4分配してみました。
…受信はできますが、やはりゲインが下がっていますね…3分配でも若干落ちます…
ΔLoopアンテナは、2分配が限度かと思われます。
実際に受信してみると、ハイバンドが特にゲインが下がってしまいます。Molokaiの21937MHzで見てみると、分配なしだと北米が見えますが、分配するとハワイからギリギリ西海岸までとなります。残念です。やはりプリアンプが必要ですね!
4分配するには、どうしてもプリアンプが必要になると思いますが、自分のプリアンプは、現在出張中なので実験出来ません…このプリアンプは24dBなので、もう少しゲインの低いものを使いたいのですが、なかなかいいものがありません~もう少し探してみます。
と、言うことで、ΔLoopアンテナはスプリッターで2分配で使用しましょう。

ΔLoop9の使用感…ハイバンド良好

しばらくΔLoop9のレポートをしていませんでしたので、使用感を報告したいと思います。
最近、ハイバンドが好調です。
(ΔLoop10の場合、17MHz 21MHzの感度が良くないことは、ご承知の通りですね!)
HFDLは、17MHz、21MHzがおいしいところですから、この周波数が受信出来ないと楽しみが半減します。
さて、ΔLoop9は、17MHz、21MHzの感度も良いですし、受信してみるとローバンドの感度も上がっています。
実際に受信してみると、ΔLoop10の場合、ヨーロッパと北米は、壊滅状態出したが、ΔLoop9を使用した途端、ヨーロッパと北米が入感するようになりました。
Molokaiを3CHまとめて受信すると、太平洋がものすごいことになります。
ΔLoop10では、アメリカ西海岸が精一杯でした…
勿論、その日のコンディションで全く違いますので、一概には言えませんが、全体的に感度がアップしていると言えます。
ΔLoopは、自作の楽しみが味わえます。自分で作ったアンテナで、長距離受信が出来たときの感動は、なんとも言えません~!
パーツ集めが、若干面倒ですが、ネット通販で購入出来ますしアルミシャーシ(ケース)も同じ物でなくても言い訳ですから自由な発想で製作して良いと思います。
コネクター等で接続するところも直結してしまえばいいわけですから若干部品も少なくなります。
ただし、アンテナと同軸ケーブルの接続は、コネクターを使用してください。室外に設置するため故障や調整の場合同軸ケーブルを外してアンテナ部のみを持ってくることが出来るからです。
アンテナエレメントは、アルミエレメントをお勧めします。軽量化のためです。
と、言うわけで、是非ともΔLoopアンテナ製作にチャレンジしてください。
アルミパイプでΔLoopにする方法を今度アップしたいと思います。

最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ