KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

RTL-SDR+RTL1090+ADSB#+PlanePlotter&adsbSCOPE

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

ADS-B BaseStation/Active Display Lite起動エラー回避方法

ADS-BでBaseStationは、定番のプロッターですよね!みなさんも使っていらっしゃると思いますが、BaseStationをなお楽しく使うためにActive Display Liteがあります。(くわしくはこちらへ)BaseStationと連携してデーターの蓄積、アウトライン等の管理に使います。とても便利なのですが、受信ソフトの設定によっては、エラーで起動してくれません!自分もはまってしまいました。その解決方法です。
さて、Active Display Liteをhttp://www.gatwickaviationsociety.org.uk/ADL_home.aspからDLしますが、ダウンロードするためには、名前とメールアドレスを入力する必要があります。32bit/64bitからお使いのPCに合わせてDLしてください、解凍しSETUPを実行するだけです。BaseStationを起動した状態でActive Display Liteを起動すると初回のみBaseStation Locatorが開きますのでWindowsを選択すれば完了です。が、ここで数秒後・・・次のエラーが出る場合があります。
2019-06-14
何度再インストールしてもだめ・・・64bitに32bitを入れたら起動しない・・・本当に打つ手なし・・・と思っていたところ友人のM.W氏の助言で解決しました。

原因:Active Display Liteは、BaseStationの接続する30003portからデーターを受信するしくみであるとのこと、確かにActive Display Liteのsettingで見ると30003portを使用しています。RTL-SDR等での受信ソフトで30003portに接続するものやbatで30003portを設定している場合などがあります。
対処:受信ソフト関係の30003port出力設定を解除せよ!と言う事です。

実際にModesDeco2のbatで--msg 30003を削除して起動したところ、すんなり起動してくれました。目から鱗の状態!M.W氏恐るべし!30003portはFR24等のFeedで使用されていますので、Pi24に移行しても設定変更していない場合はここで引っ掛かります。

さて、デコードソフト毎のおおよその対策です。
①Modesdeco2/ModesMixsr2→--msg 30003をbatから削除
②RTL1090→影響なし
③Pi24→設定から30003port接続をno
④dump1090→--netを使用する場合は、Active Display Lite使用不可!
ご使用のソフトの設定を変更すれば問題なく起動します。
ADS-Bの受信を存分にお楽しみくださいませ!

BaseStation
BS

Active Display Lite
ADL




ADS-B modesdeco2/modesmixer2でGoogle Mapsの表示がおかしい場合の対処方法

modesdeco2/modesmixsr2でWeb表示をすると、画面がグレーになり「このページではGoogleマップが正しく読み込まれませんでした。」とメッセージが出ます。
API
8月頃までは問題なく表示されましたが、残念ながら現状では正常に表示されません・・・さて、なぜか?Google Mapsが有償になったからなんです。今まで通り無償で使うには、Google Maps API Keyが必要になります。Google Maps API Keyさえ入手できればあとは簡単なのですが、API Key取得が少々面倒なんです。クレジットカードが必要になります。

・この有償が曲者ですが、個人で使う回数で請求が来ることはありませんので安心してください!

さて、ここからAPI Keyの取得まで説明しようと考えましたが長い道のりなので、ねんでぶろぐさんのHPを参考に進めてください、ねんでぶろぐの管理者さまにはリンクの許可をいただいております。
ねんでぶろぐ⇒【2018年7月16日版】Google Maps の APIキー を取得する

おおよその流れのみ説明します。
Google Map Platformに移動します。
Google Map Platform

②ねんでぶろぐさんの記事に従い設定していきます。
プロジェクト名を際判りやすくするために名前をつけます。
そのままでも良いのですが、modesdecoとしても良いと思います。
「APIキーの利用制限」については、特に設定する必要はありません!

③作成されたAPI Keyをコピーします。
   
④modesdeco2/modesmixer2のbatファイルを編集します。
使用している
modesdeco2/modesmixer2のbatファイルを右クリック→編集でメモ帳が開きます。
次のコマンドを追加しコピーしたキーを貼り付けます!の部分に④でコピーしたキーを貼り付けます。上書き保存します。(スペースは必ず半角です。コマンドは1行でなければなりませんので改行はしないでください)
以下追加コマンドです。
--google-key コピーしたキーを貼り付けます!

これで、正常なMap表示になると思います。


FR24、MLAT、無人偵察機(グローバルホーク)捕捉(HN-Mさん情報提供)

FR24、MLAT、無人偵察機(グローバルホーク)捕捉(HN-Mさん情報提供)
QR-4 Global Hawk(RQ-4 グローバルホーク)
wikipediaより
QR-4グローバルフォーク
FR24で捕捉したQR-4 Global Hawk(RQ-4 グローバルホーク)
UAVG000
横田に暫定展開中の機体とのことです。(HN-Mさん情報)
無人偵察機

ADS-B Flight Radar 24(FR24) Ground Vehicleが空を飛ぶ!

ADS-B Flight Radar 24(FR24) でGround Vehicleが見える件は以前ブログで紹介しましたが、H.Nホタテ缶(女子)さんよりGround Vehicleが空を飛んでいるとのコメントを頂戴しました。
発見したのは3月24日とのことで、台北から成田へ向かっていたとのことです。スクリーンショットをいただきましたので掲載させていただきました。確かにGround Vehicleが空を飛んでます。海外のサイトでもGround Vehicleが空を飛んでいる!とかGround Vehicleが離陸した!などの情報が出ております。この現象についてはFlight Radar 24(FR24) のHPで解説されています。原因はトランスポンダエラーとのことです。Flight Radar 24(FR24) の解説は次のURLを参照願います。https://www.flightradar24.com/blog/common-errors-on-flightradar24/

エラーとは言え珍しい現象です。これをスクリーンショットで残していたホタテ缶さんに感謝です。エラーを修正するまでGround Vehicleが空を飛ぶかもしれませんよ(笑)
ちなみに羽田4月8日未明にGround Vehicle3台の稼働を確認したとのコメントもありましたので付け加えます。
ホタテ缶さん貴重な情報ありがとうございました。
Ground Vehicleが空を飛ぶ!

追加画像!羽田のGround Vehicle3台稼働!
ホタテ缶さんより画像提供 、感謝です。
Ground Vehicle羽田

HDSDR v2.76 rtl_tcp+ExtIO_RTL_TCP デュアルチューナー(複数チューナー)受信設定方法解説

前回の記事でHDSDR rtl_tcp+ExtIO_RTL_TCPのデュアル接続の方法公開のアナウンスをさせていただきましたので説明させていただきます。

SDR#やSDRConsole (V2)を使用しているとマルチチャンネルでの受信が当たり前になっています。しかし残念なことにHDSDRは1-CHのみの受信で複数のチャンネル受信はできません・・・そこで、複数のチューナーを使ってマルチチャンネル受信の設定をしたいと思います。この場合、SDR#、SDRConsole (V2)と違ってサンプリングレートの制約がないので離れた周波数の受信ができるのが最大のメリットでもあります。HFとV,UHFアンテナをお持ちなら全く別ジャンルの受信もできます。batを追加すれば2台以上のチューナー接続も可能です。SDR#であれば複数チューナーの使用も可能ですが、受信性能がすばらしいrtl_tcp+ExtIO_RTL_TCPは現在HDSDR v2.76専用であるためSDR#で使用することができません・・・

rtl_tcpにて複数のチューナーを認識させる方法はないかと模索していたところJA5FNX田村さんにヒントをいただき解決しました。その後いろいろ調べていたところrtl_tcpのコマンド一覧も見つけましたのでご報告させていただきます。田村さんにはいつも感謝です。ありがとうございました。

rtl_tcpコマンド一覧です。次のURLを参照願います。
http://manpages.ubuntu.com/manpages/trusty/man1/rtl_tcp.1.html
 
このコマンドを見ると、TCPポートの設定、デバイスの設定が可能です。
では、早速やってみましょう。

①HDSDRをフォルダーごとコピーしデスクトップや他のドライブ等に移します。
HDSDRのフォルダーは、C:\Program Files (x86)\HDSDRにあります。

②RTL-TCP-2等の名前で新規フォルダーを作ります。

③RTL-TCP-2のフォルダーにrtl_tcp.exeをコピーします。

④起動batを作成します。@以降の4行をメモ帳にコピーしRTL-TCP-DLL.bat等の名前で③のフォルダーに格納します。
@echo off
cmd /c  rtl_tcp.exe -d 1 -p 1235
P
exit

⑤1台目のチューナーをPCに接続しExtIO_RTL_TCP+ExtIO_RTL_TCP.dllを使用しHDSDRを起動します。受信できることを確認してください!

⑥2台目のチューナーを接続し③のフォルダー内のRTL-TCP-DLL.batを起動します。2台目のチューナーを認識すれば次のように表示されます。
 bat-1-1
ところが・・・うまく認識できない場合も多々ありますUSB延長ケーブルで接続した場合認識しないような?ちなみに0: Realtek, RTL2838HIDIR.・・・の部分が文字化けすることもありますが、1台目のチューナーが起動できていれば無視できます。

⑦①でコピーしたHDSDRをExtIO_RTL_TCP+ExtIO_RTL_TCP.dllを使用し起動します。ここでExtIOを開きます。
・Source IP.Portを127.0.0.1:1235に変更
・Persistent ReConnectのチェックを外します。
 × で閉じます。
3

⑨HDSDRをSTARTし受信できれば完了ですが、このままですと2つのチューナーの音がL-CHから同時に出てしまいますので、次の画像に従いオーディオ出力をR-CHに変更します。PCのスピーカーがステレオであれば左右のスピーカーから別々に音がでます。HFDL等で使用するのであればステレオスピーカーである必要はありません!
HDSDR-2-2

以上になります。
アンテナが1本の場合は、Qマッチケーブルを自作するか、アンテナ分配器を使用し2つのチューナーに振り分けてください(当然ですが・・・)HF UP CONVERTERを使用している場合は、コンバーターの出力側を2分配になります。分配すると少々ゲインが下がりますのでLNAを使用すると良いでしょう。ゲインの上げすぎに注意してください!
お試しを!


 

ADS-B Hub(sdrsharp.com)MLAT Feedに関するお願いです。

ADS-B Hub(sdrsharp.com)MLAT Feedに関しましてお願いがあります。
ADS-B Hub(sdrsharp.com)にModesDeco2/ModesMixer2を使用してFeedされている方の中でavrmlatコマンドを使用している場合は、avrに変更してください、ADS-B Hub(sdrsharp.com)にavrmlatコマンドで接続しても全てのデーターが除外されます。つまりADS-B Hub(sdrsharp.com)に表示されませんのでご注意ください!
OK: --outConnect avr:sdrsharp.com:47806
NG: --outConnect avrmlat:sdrsharp.com:47806

・MLAT位置情報解析は、VRS(Virtual Radar Server)で、3つのReceiverを使用する必要があります。
VRS(Virtual Radar Server)を起動しても一切Feedはしません(設定によりFeedも可能)
・MLATに関する受信条件は、 ADS-B MLAT/VRS(Virtual Radar Server)+ADS-B Hub(sdrsharp.com)に関する考察参照ください!

ADS-B MLAT/VRS(Virtual Radar Server)+ADS-B Hub(sdrsharp.com)に関する考察

ADS-B MLAT/VRS(Virtual Radar Server)に関しまして、やっと理解できてきました。
ADS-B Hub(sdrsharp.com)のVirtualRadarにMLAT表示が増えていると思います。有志がFeedされています。関東、東北南部、中部、北陸北部にMLATで表示されます。。場所によっては、FR24よりも良好です。特に新潟周辺!ヘリも見えますので貴重なFeederさんがいらっしゃいます。感謝です。
しかしながら、レーダーの切り替わり位置などでMLATでワープすることもしばしば・・・これは致し方ないです。Feederさんが少ないので・・・MLAT Feedrさんの数が課題です。
と言うことで、FR24とは違った航跡を見るためADS-B Hubも並行して楽しむのことになります。
MLATに関しましては、何度かブログに掲載したものの良くわからない点が多く悩んでいましたが、有志やMLATプログラム開発者さまのご意見からおおよそ理解できてきましたので説明します。

・ADS-B Hub/MLAT Feedのための条件などについて
sdrsharp.comの47806ポートはMLAT信号排除(タイムスタンプありは除外されます)
②VRSは、標準で一切外部への接続はなし
③VRSは、MergeすることでMLATの位置情報を割り出す機能あり(⑦の条件が必要)
④VRSからsdrsharp.comへ直接接続できない(AVRフォーマットがマージデータで使えない)
⑤ADSBSPYでsdrsharp.comへの標準FeedはMLAT対応していない
ADSBSPYで外部接続のFeedはタイムスタンプありでMLAT対応
⑦VRSでMLAT位置情報割り出しは、3つのレーダーが必要
⑧VRSでMLAT解析が成功した場合VirtualRadar/desktopにMLAT Yes表示が出る
⑨ModesDeco2/ModesMixer2でavrmlatのスイッチでタイムスタンプあり
おおよそ以上になります。(間違いがあればご指摘願います)
あるFeederさんは、知人、友人、身内、親戚、その他の設置場所を使用しVRSにReceiver接続しMergeすることでMLAT Feedを行っている模様です。かなりハードルが高いのですが、実際にMLAT解析できているので出来ない話ではありません!
ADS-B HubでMLATデーターを受け付けて位置解析してもらえれば一番良いのですが・・・なかなか・・・
今後も調査を続けます。
よろしくお願いします。
参考までにMLAT表示ができた画像です。
MLAT160806

・VRSに関する過去記事は混乱を避けるため取り下げました。





 


 

RTL-SDR+Virtual Radar Server MLAT

先日、RTL-SDR+Virtual Radar ServerでMLATのFeedについてUPそましたが、MLATに限らずレーダーの数が必要ですよね・・・まだまだですね~まぁ、ADSBHuを紹介の頃もFeederはほとんど居ませんでしたから気長に待ちましょう・・・
・東北に向かう機体は、福島まで途切れなく受信できますが、関東へ戻る機体は、途中からの受信になります。
・西は、羽田から浜松あたりまで確認しました。
MLAT-160718
・都心部や都心部近郊では小型機、ヘリコプターのMLATも受信できる時があります。
MLAT-160718-2
MLAT Feederさんが増えることを祈るばかりです。
MLATの受信セットアップ方法は、こちらへ
RTL-SDR/ModesDeco2+Virtual Radar ServerでMLAT Feedしてみましょう。

 
最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
RTL-SDR対応VFOダイヤル搭載キット
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
SAWフィルター1090MHz/ADS-B受信用
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ