KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

RTL-SDR HF HFDL

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

HFDL 韓国に新しいGS(South @ Korea)稼働しています。

HFDL、韓国にGS(グランド・ステーション)が新設、稼働開始しています。日本から近いこともあって強力に入感しています。(https://groups.io/g/multipsk/message/1410の情報より)新しい周波数が稼働しているとは思っていたのですが、SystemTableの更新がなかなか進まないため実際に判明したのが先月でした。

SystemTable 51
Ground Station ID = 10 Ground Station Name = South @ Korea UTC Link = Not synchronized Latitude = 35.0323773047968 Longitude = 126.238644101418 Number of Frequencys = 8 Frequency[01] = 21931.0 [kHz] Master Frame Slot Offset 3 Frequency[02] = 17958.0 [kHz] Master Frame Slot Offset 11 Frequency[03] = 13342.0 [kHz] Master Frame Slot Offset 7 Frequency[04] = 10060.0 [kHz] Master Frame Slot Offset 3 Frequency[05] = 8939.0 [kHz] Master Frame Slot Offset 11 Frequency[06] = 6619.0 [kHz] Master Frame Slot Offset 7 Frequency[07] = 5502.0 [kHz] Master Frame Slot Offset 3 Frequency[08] = 2941.0 [kHz] Master Frame Slot Offset 7

HFDLもADS-Bに押されて陰が薄くなってしまいましたね、しかし世界を見てみるとまだまだ根強いファンがいらっしゃいます。HFのコンディションを見るためにはとてもおもしろいのですが、KG-HFDLが販売中止となってしまいPC-HFDLのみとなってしまいました。PC-HFDLはGoogle Earth Proと連携できるので、ライセンスさえ購入すれば使用できます。
(PC-HFDLの作者の連絡先:chbrain@btinternet.com)
または、Plane PlotterAirNav Suite 4DX Atlas 2.4など・・・
VHF,UHFの無線はどんどんデジタル化が進んでしまってますが、HFはまだまだ頑張ってます。興味のある方は導入してみてください!
PC-HFDL

受信設備
チューナー:R820T2 TCXO
HF UP CONVERTER:SC-HFCONV-100
ガルバニック・アイソレーター:超小型ガルバニック・アイソレーター
アンテナ:テスト中のアクティブループアンテナ
DSC_0442



HFDL/System Table Version = 50にアップ & HDSDR v2.76 NEW ExtIO_RTL_TCP+ExtIO_RTL_TCP.dllのススメ!

久々にHFDLネタです。HFのマグネチックループアンテナを友人が製作したこともありマグネチックループアンテナをいろいろ弄っていたのですが、受信確認はHFDLだろうと言うことでKG-HFDLを使ってみました。数日使ったところ早速System TableがVersion = 50にアップされました。
ファイルを上げておきますので次のリンクからダウンロードしご使用ください!
System Table Version = 50 ⇒system.txt 
また、HDSDR v2.76 NEW ExtIO_RTL_TCP+ExtIO_RTL_TCP.dllのHFの威力もすばらしいです。
従来のExtIO_RTL2832を使用しHFDLで5MHz帯の受信をしていたときは、ほとんどでコードできず悲しい結果だったのですが、HDSDR v2.76 NEW ExtIO_RTL_TCP+ExtIO_RTL_TCP.dllで5MHz帯のHFDL受信ですばらしい効果を発揮しています。
ちなみに数日前の受信結果です。
19時ぐらいから5509KHz/22時頃から6565KHz/0時頃から6652KHzです。
アメリカ西海岸、アフリカの受信に成功です。マグネチックループアンテナとExtIO_RTL_TCP.dllの威力にびっくり!

170303-1
受信設備

チューナー:R820T2+冷却ファンユニット(量産体制進行中!)
HF UP コンバーター:SC-HFCONV-100
アイソレーション・トランス:超小型ガルバニック・アイソレーター(50Ω)

LNA[ローノイズプリアンプ]:LNA(Low Noise Amplifier)40KHz~1.8GHz/30~22dB

アンテナ:マグネチックループアンテナ(自作)


しかしながら、HFDLの受信では、少なくとも2CHの受信が必要となります。できるだけ多くの周波数を受信するのが楽しむコツなのですが、残念なことにHDSDRは1CHのみの受信です。複数のCH受信に対応するのは、SDR#とSDRConsole (V2)のみですが、ExtIO_RTL_TCP.dllに対応していません・・・
2CH受信は、HFDLのみならずHF洋上管制やアマチュア無線などのモニターに最適です。
こうなるとどうしてもHDSDRを2つ起動したくなるのが人情です。次の記事にてHDSDR複数起動の説明をしたいと思います。



HDSDR Version2.70リリースされています。使用感最高です。[便利機能情報追加][RTL-SDR]

2013/11/01 HDSDR Version2.70リリースされています。

インストール、バージョンアップは、RTL-SDR HDSDR 導入&ダイレクトサンプリング(direct sampling mode)の設定方法 を参照してください!

今回の変更点は、次の通りです。(HDSDRの本家HPより抜粋し機械翻訳)
バージョン2.70(2013年11月1日)
- より良いCPU使用率
- オートノッチフィルタを追加しました
- AMとFMのためにAFCが追加されました。 AFCはECSSモードで無効にすることができます
- 平滑化されたS-メーター表示
- 'IF出力にSDR'の拡張パラメータ
- ロー/ HiCutとWAVファイルのための新しいキーボードショートカット
- 自己相関/ケプストラム表示に切り替え可能な'スペクトル'( 'スペクトラム'ラベルをクリックします)
- HRD用のTX-ボタン(DDE)/ HDSDRにCAT
- 周波数入力ダイアログに追加された"ダブルサイズ'オプション
- 周波数Managerは5ユーザーバンクを提供
- 多くの修正と改善
HDSDR NEW
デザインが若干変わっています。起動して一番に感じたのが、感度が上がっているように感じます。おなじみのラジオ日経を午前中に受信してみましたが、RF Gainを絞ってもS9振ってます。いい感じです。
次に感じたのが、Sメーターが暴れなくなりました。おとなしくメーターが振ってますので見やすいのでGoodです。
新機能のAFCですが、AMで実際に試すとしっかりと周波数に追従してくれます。これはいいですね、HFなどはどうしても周波数が安定しません、AFCをONにすると微妙に周波数を変更して追従してくれます。これはあっぱれ!です。
周波数表示左のTuneの文字が、
センターで受信すると
Tune 
少しズレているとTune 
大幅にズレているとTune
Tuneの文字色が変化します。便利ですねぇよく出来ています。
その他、オートノッチ等も搭載されています。せっかくですので検証してみました。アマチュア無線でJAPAN INTERNATIONAL DX CONTESTが開催されていましたので、各バンドで受信してみました。14MHz、21MHzあたりでロシアから強力な電波が入感しています。ここでANotch(オートノッチ)でビートを遮断できるか試したところ、AMotchボタンをポチット押しただけで、ビートが消えました。すばらしい!感動です。これは使えます。
さておなじみのラジオ日経です。Gain -42dBに下げています。チューナーはTCXO搭載で、+1PPMの調整をしています。さすがTCXO!周波数のドリフトは皆無です。
中波もいい感じでした。BCL等に使用する場合はAFCが威力を発揮するのではないでしょうか?音も良くなったかな?今回のバージョンアップは、かなり良くなってします。中波、短波の受信には最適です。お勧めです。
HDSDR Version2.70は、是非導入をお勧めします。
70
受信機材
①チューナー:TV28Tv2DVB-T(R820T) / TCXO(28.8MHz)搭載 / 放熱板+デバイスにヒートシンク×3箇所
②HF UP Converter:TT@北海道さん Made
③アンテナ:ΔLoop9(自宅アパート1Fベランダ)
④PC:lenovo X201s(Win7 X64)

便利機能[PUPさんよりコメントにて情報提供] 
時刻表示をクリックするとJST/UTCの切り替えが出来ます。BCLには非常に便利な機能です。
JST UTC
PUPさん ありがとうございました。 

便利機能
周波数ダイレクト入力
テンキーで一発入力できます。
Tuneをクリックするとテンキーが現れます。
HDSDR

ラジオ日経6115KHzを受信していて6055KHzに変更する方法になります。 

HDSDR 周波数ダイレクト入力
仮に6055KHzをMHzで入力する場合は、6.055と入力して、MHzボタンを押せば受信周波数(Tune)に反映されます。
 
便利機能
HDSDR Frequency Manager
FreqMgr
ボタンを押すとHDSDR Frequency Managerが開きます。
Frequency Manager
Ham Bandsでアマチュア無線のバンド区分をダイレクトに設定できます。
設定したいバンド上をダブルクリックすると周波数が反映されます。
HAM
Radio Bandsでラジオ放送バンド区分をダイレクトに設定できます。
設定したいバンド上をダブルクリックすると周波数が反映されます。
BCL
Userは、自分で周波数をメモリーすることができます。
Frequency Manager
 

RTL-SDR TCXO搭載チューナーでHFDL 21MHz受信 ベーリング海から並んで飛行中!

RTL-SDR TV28T v2 DVB-T USB Stick (R820T)チューナーに28.8MHz TCXO換装しましたので、久々にHFDLを早朝から受信してみました。自宅なのであまり感度は良くないのですが、TCXOの性能の確認も同時にしてみます。
受信設備
①チューナー:TV28Tv2DVB-T(R820T) / TCXO(28.8MHz)搭載 / 放熱板+デバイスにヒートシンク×3箇所
②HF UP Converter:TT@北海道さん Made
③アンテナ:ΔLoop9(自宅アパート1Fベランダ)
④PC:lenovo X201s(Win7 X64)
⑤SDRソフト:SDRradio V2.1 USB 2.8KHz Correction:+1PPM
⑥オーディオ:Virtual Audio Cable 44.1KHz(ステレオR/L)
⑦プロッターソフト:KG-HFDL 44.1KHz(デュアル受信)
⑧受信チャンネル
  L:
San Francisco @ USA 21934KHz
  R:Molokai @ USA 21937KHz

実際の受信時間は07:00~08:20ぐらいです。が、電源を入れていたのは一晩です。オフセットは1PPMのままで、50~100Hz程度の微調整で受信できました。この調整は、一般的な受信機でもこの程度の微調整は必要ですので、TCXOの威力が良くわかります。いいですねぇ!特にHFDLの受信の場合、夜間受信したまま放置して朝確認することが多いので、頻繁に周波数を微調整することができません!ノーマルのチューナーの場合は、室温の変化に伴い周波数が変動します。ある程度発熱が安定すればそれなりに周波数の変動も少ないのですが、一晩無調整で受信できたことがほとんどありませんでした。こてを考えるとTCXOの搭載は究極の改造になります。
さて、受信画像ですが、ベーリング海からみごとに並んで飛行しています。も少しで日本ですねぇお疲れ様です。ついでにANAのB787も捕捉しています。北に向かう機体もあったんですねぇしばらく国内見ていなかったのでわかりませんでした。
長時間の受信には最高のパフォーマンスを発揮しています。
HFDL 21MHz 131102
注意:HFコンバーターを使用した場合は、HFコンバーターの周波数のズレも多少ありますので、TCXO搭載でも2PPM以上ズレる可能性もあります。あくまでチューナー単体での精度です。チューナーの個体差で2PPM以上ズレが生じる場合も考えられますが、周波数が安定することで全てが解決します。(再度掲載)
 2013/12/06最新情報
TCXO搭載チューナー販売開始しました。

HFDL 全日空B787 ANA9123 JA810A テストフライトこの時間千歳に到着11312KHzでアクセス確認

先日改造したLT-DT309+マッチングトランスFT23#77(トリファイラ10回巻き)で試験的に11312KHz  Molokaiを受信していたらなんとB787のテストフライトを受信しました。
ANA9123 JA810A 10号機ですね!
こんなチャンネルに居るとは・・・昨日は、17919KHzで若干受信出来ましたが、本日は、きれいにプロットがつながりました。
画像です。
ANA9123
いよいよB787本格運用開始間近ですね!
おまけに復路です。残念ながら途中でロストしました。
同じ11312KHzです。夕方もう1機居たのですが便名わかりませんでした・・・残念!
130430 2

RTL-SDR HFDL+SDRRadio.com v2.0のData-Uを使用してみました。

RTL-SDRで、HFDLの受信もそれなりにしていたのですが、どうも納得できる状態ではありませんでした。USBチューナーの不安定な部分が克服できていないのもあります・・・現在使用しているチューナーはTV28Tv2DVB-T(R820T)で、今のところ最強ですが、受信感度の高さが仇になってゲインを下げて受信してるのが現状、最大の感度にすると逆に感度が下がります・・・
さて、HFDLを受信する場合できるだけ多くのチャンネルを受信するのが良いのでSDRRadio.com v2.0をメインに使用しています。ご存知の通りマルチ受信が可能なためです。最大3MHzのバンド内を6CH受信出来ますが、実際に6CH受信する場合は、ステレオ2CH×3系統必要です・・・(最低でも2CHは受信できるわけです)
実際に受信してみて、どうも取りこぼしが多い感じがします。勿論IC-R2500等と比べるには酷なのですが、どこまで受信できるかチャレンジしていました。たまたまDRMの受信でSDRRadio.com v2.0を使ってみようと思ってFrequency Exploreを開いてSSBを開くとData-L Data-U Wide-L Wide-Uの項目が気になり多分データー受信用だろうと思いWide-UでDRMを受信してみたところ受信出来ました。と言う事は、Data-UならばデーターのUSBモードと解釈して実際に受信してみました。
結果:自分の耳での感想は、SSBとData-Uでは音質が違います。SSBに比べData-Uは、低音がカットされていて高音が良く聞こえるような印象です。実際に受信してみると意外といい感じです。勿論使用するPC等の設備で違いが出ますので、参考まで!
受信環境
チューナー:TV28Tv2DVB-T(R820T)
アンテナ:Δloop9
HF UP Converter:US HF UP Converter(ローバンドが若干苦手・・・)
PC:lenovo X201s Win7 X64
オーディオ:NETDUETTO β(ステレオ2CH 44.1KHz)
プロッター:KG-HFDL(デュアル受信44KHz)
SDRRadio.com v2.0 Data-U
Data-LとData-UはLSB USBのData受信用と解釈できます。
実際の受信画像です。
6565KHzと6652KHzです。アンテナは、自宅のΔLoop9です。受信感度がいまひとつの環境でもUS西海岸が受信出来ています。RTL-SDRでのHFDL受信でいまひとつ・・・と感じたら一度お試しください!
HFDL 6MHz

DRMの受信もフィルターの幅を広げれば受信可能です。

HFDL RTL-SDR HF UP Converter+LT-DT309(FC0013)のススメ(ローバンドに限る)

HFDLをRTL-SDRで受信できることは検証済みですが、周波数の変動がHFDL受信の壁でした。TV28Tv2DVB-T(R820T)の水晶振動子を国産に換装したところ周波数のズレ、変動とも改善し非常に良い結果が出たのですが、TV28Tv2DVB-T(R820T)のチューナーは、あまりにも感度が良くゲインを下げないと受信出来ない状態です。ノイズフロアが-120dB以下が良いと思われます。また、発熱による周波数変動は0ではありません・・・夜間は比較的安定しているものの日中は若干なりとも変動が大きくなります。チューナーを触ってみると判るぐらい熱くなりますので、周波数変動がないとは言えません・・・E4000チューナーも使ってみたのですが、E4000チューナーの場合発熱による感度低下が問題です!
このままでは、八方塞・・・と思っていたのですが、ふとLT-DT309を思い出しました。と言うのもLT-DT309は発熱が少ないのです。LT-DT309にはESD非搭載でしたので、半田付したのですが、半田が溶けずに大変でした。基板を見るとどうして半田がのらない?と思うのですが、基板に熱が取られて半田ののりが悪いのです。と言う事は、グランドベタがしっかりしていると言うことになります。それだけ熱伝道が良く放熱性も良いといえます。実際使ってみるとわかりますが、チューナーを触っても熱くなりません!HFDLに使ってみましょう。
↓ESD搭載前です。
LT-DT309 基板
受信設備
①アンテナ:ΔLoop9(自宅1Fベランダ)
②チューナー:LT-DT309(FC0013)
③コンバーター:HF UP Converter(Made By TT@北海道さん)
④PC:Lenovo X201s X64 Win7
⑤SDRソフト:SDRRadio V2.0
⑥プロッター:KG-HFDL
⑨オーディオ:NETDUETTO
劣悪な受信環境でしたが、6MHzの受信で検証してみました。
San Francisco 6559KHz
Molokai 6565KHz
の2波受信です。実際に受信してみると-14PPMの調整で済みました。あまりズレはないようです。
ゲインは、最大感度19.7dB、AGCは、OFFです。(条件によってはAGC ONも効果があります)
画像を見て判る通りアメリカ西海岸~本土にもプロットがあります。San Franciscoのスキッターも上がってきます。感度としては十分です。問題は周波数変動なのですが、約3時間受信して50Hzシフトしました。HFDLの場合ギリギリ±70Hz程度なら受信できますので、年中PCに張り付いている必要はなくなります。気がついたら若干修正すれば良いわけです。周波数変動が全く無いわけではありませんので注意です。LT-DT309の影が薄かったのですが、HFには最適かも知れません!ただし6MHzのみの検証ですので、ハイバンド帯でどのような結果が出るかは今後検証してみます。R820T搭載のチューナーの場合感度が良すぎてよけいなものまでガンガン受信してしまうのが問題かもしれませんね!
130305 6MHz
ただし、今回の検証は、アクティブ型のアンテナ(アンプで増幅)での事例です。パッシブ型のアンテナで使用する場合は高感度のR820Tチューナーが良いかも知れませんが、未確認ですので、ご了承願います。
0:30での画像です。きれいに太平洋横断しています。チャンネルは同じです。
130305 6MHz-2
2013/03/09追加情報:FC0013チューナーは、夜間のローバンドのみ有効です。日中のハイバンド21MHz帯等には適さないようです。

HFDL TV28Tv2DVB-T(R820T)Xtal MADE IN JAPANの受信状況

HFDL TV28Tv2DVB-T(R820T)Xtal MADE IN JAPAN交換後の受信状況レポートです。
今日は、夜間のローバンドです。HFDLの運用周波数がかなり変わっています。特にAganaの運用がメチャクチャで狙いが定まらず参りました・・・昨晩からAgana Molokai Krasnoyarskの5MHz 6MHz帯を狙いながら受信してみました。
チューナー:TV28Tv2DVB-T(R820T)Xtal MADE IN JAPAN換装
コンバーター:HF UP Converter(MADE By TT@北海道さん)
アンテナ:ΔLoop9(1F自宅ベランダ)
SDRソフト:SDRRadioV2.0(A,B2CH Freq Calibration 3PPM) 
オーディオ:NETDUETTO(44.1KHz)
プロッター:KG-HFDL(44.1KHz)
水晶振動子HC-49/US 28.8MHzを国産に換装したことにより周波数の変動等が改善されたことは先日のブログに上げましたが、とにかくいい仕事をしてくれます。HFDLのローバンドを一晩受信しましたが、多少の周波数シフト以外未調整で朝まで受信出来ました。オリジナルのチューナーでは考えられません!
自宅の受信環境は劣悪で、HFDLは近距離受信が精一杯でしたが、画像を見てお判りの通り太平洋にプロットがきれいに伸びています。HFDLの運用周波数がメチャクチャなので、プロットがつながり難いかと思いきやいい感じです。USBワンセグチューナーSDR化でここまで受信できれば文句なしです。勿論チューナー単体では受信出来ません!HF UP Converterが必要です。自宅の環境でここまで受信できれば文句なしと言えます。
次回は、場所を換えて受信してみたいと思います。
国産水晶振動子HC-49/US 28.8MHzと交換したことで、R820TとRTL2832Uの同期もうまくとれて動作も安定したのかも知れませんね、いい感じです。残すはADS-Bの検証です。
HFDL 130224 5M 6M
さて、朝からハイバンドの受信です。が、ここで気になる点があります。若干周波数の変動が気になります。Freq Calibration 8~5PPM程度で落ち着きましたが、100Hzぐらいづつ変動しています。ハイバンド17MHz 21MHzあたりを受信するとチューナーの温度が高くなります。実際の受信周波数は117MHz 121MHzで、昨晩受信した際はさほどチューナーの温度が高くありませんでした。この際の実際の受信周波数は、105MHz 106MHzです。20MHzの差でチューナーの発熱の仕方が変わるのかもしれませんねぇ・・・温度を測定できませんので感覚的なものですので個人的な意見です。実際の受信画像です。Agana日中の運用周波数が1波になっており午前中が17919KHz午後から21928KHzになります。スキッターを貯めていないため受信周波数のセットに戸惑っている状況です。
130224 Agana


最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
RTL-SDR対応VFOダイヤル搭載キット
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
SAWフィルター1090MHz/ADS-B受信用
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ