KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

KG-VDL

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

VDLをSDR受信機で受信する・・・しかし高調波が・・・

久しぶりにVDL受信してみようかと思いH101(SDR)を使ってみようと思います。
VDLは、ICOM IC-R7100の検波信号10.7MHzを使用します。
この検波信号をH101のANTに接続(以前も書きましたがICOMの固定器のIFにはDCが出ていますので、カットして使用してください)SDRソフトを立ち上げて信号を見てみました。
SDRソフトの周波数を10.7MHzにセット・・・
おや・・・ノイズが?周波数を下がると・・・ノイズが消える!
ありゃりゃ・・・Soft66LC2のときも高調波で使えませんでした。H101もだめかも・・・
10.7Mhzにするとザーっとノイズが・・・こいつも高調波かも!
残念ですが、SDRでは、局発の問題で高調波が防げません、10.7MHzのトランスで受信機とSDRをつなぐ方法もありますが、ゲインが下がりすぎて使えません・・・AMP入れれば使えるかなぁ
ペルセウスならどうでしょう?作りがしっかりしてますからねもしかして?うまく受信できるかもしれません!
現段階では、導入予定が立っていません・・・
しかたないので、従来のダウンコンバーターで受信しています。
残念ですが、自分の住まいからB878は捕獲できません・・・西方面に飛んでますからHFDLで受けるしかないんですね、ちょっと残念 北に飛ばしてもらえると楽しみが増えるのですが、今後を期待しましょう。

KG-VDL IC-R7100+H101でVDL受信

以前からVDLの受信にSDRが有効であることはブログに上げてきましたが、H101を使用したVDL受信は考えていませんでした。
ふと、そう言えば!と思いつき早速セッティング!
その前に、IF接続ケーブルが長すぎるので30㎝にカット!RCAピンプラグ半田付とにかく短くしました。
中間周波数の出力(IF出力)からの信号は、弱いので、このケーブルが長いとノイズが乗り易くなります。
さて、ケーブルが出来ました。
IC-R7100のIF出力にRCAピンプラグ
H101のアンテナ1にBNCプラグで接続します。
VDLは、12KHzのIFに設定します。入力は、USB Audio CODEC にします。これは、H101のコントロールとオーディオに使用しています。
H101のセンター周波数を10.7MHzに固定
IC-R7100の受信周波数を136.975MHz-12KHz=136.963MHzとします。
VDLのレベルを適当に合わせて、受信機から『プツッ』と言う音とともにSメータが振れるとデコードします。
予想通り、距離が出ませんね・・・
しかた無いですが、しばらくHFのアンテナに力を入れていたので、今度は、VHFのアンテナも改善してみたいと思います。
AWXアンテナの変形バージョンがいい感じですが、実践投入していません
近日中に再度際作に入りたいと思います。
結論!IF出力付の受信機+SDRで問題なくVDL受信可能です。
と言うことは、DX-R8なんかいいんじゃないでしょうか?
DX-R8欲しいです。(^_^)
続きを読む

ΔLoop9のススメ②スプリッター(分配器)

ΔLoopアンテナを製作する際、同時にスプリッターも製作出来ます。
是非とも製作することをお勧めします。
ΔLoop9は、特にゲインが上がっていますので、4分配は出来そうです。もっと分配出来るかもしれませんが?試してません・・・
現実に自分は、スプリッター1個にQマッチ分配ケーブルで各2分配=4分配で使用中です。
特にゲイン不足は感じません!
画像でも判る通り、自分のスプリッターは、入力BNCメスで出力はBNCオスです。
受信機に直結出来る様にしてあります。変なこだわりですが、こんな事が出来るのも自作だからこそです。
Qマッチの分配ケーブルは、使えればいいという程度です。長さの計算していません・・・
75Ωのケーブル2本と50Ωのケーブル1本を芯線は芯線、シールドはシールドでまとめて半田付しただけです。
75Ωのケーブルは、2本とも同じ長さです。
これで、暫定的な分配ケーブルになります。Qマッチで検索すると案外出てきますので、詳しくはそちらを参照ください。
さて、4分配に戻って、この4分配をIC-R2500 IC-PCR1000 H101 DE1103の4台に接続しています。
市販の分配器よりいい感じです。
本当は、はじめから4分配の方がロスが無くていいんですけどね・・・
結論!ΔLoop9に分配接続で、RX多用可能!
アンテナ1本で、これだけ受信出来れば、簡単に元が取れます。
是非製作をお勧めします。
NEC_0364

VDL受信 ダウンコンバーターIF 24KHz 受信周波数 136.975MHz

本日は、VDLをダウンコンバーター IF 24KHzで 136.975MHzを受信してみます。
先日、ダウンコンバーターIF±0で、大変良い結果が出ましたので、今回は、IFを24KHz設定で一日受信してみます。

VDL受信 すばらしい受信結果です。

VDLの受信画面です。
非常に良く受信出来ています。
データーは、下記参照ください。
110118




















IC-R7100 受信周波数 136.951MHz IF 10.7MHz
ダウンコンバーター IF ±0
96KHzサンプリング

AM8:00~PM7:00まで受信
受信機体数 104機
プロット数   74機

VHF ACARSほど低高度は受信出来ませんが、受信距離は、そこそこです。96KHzサンプリングと受信周波数シフトが良いようです。
ただし、DDSの高調波の対策が出来ていません・・・この対策により低高度の受信が出来ると完璧なのですが、近日中にトライしてみます。

VDL受信 ダウンコンバーターIF±0 受信周波数 136.961MHz

96KHzサンプリングのUSBオーディオが手に入りましたので、実験です。
ダウンコンバーターの出力IFを±0KHz VDLの周波数136.975MHzから-0.024MHz(24KHz)した136.951MHzを受信機にセットして受信してみます。
ただし、どうしてもダウンコンバーターのDDS(ダイレクト・デジタル・シンセサイザ)の高調波が、136MHzあたりに出るので、弱い信号の受信に影響が出ていることがわかりました。対策のための部品は発注済みです。
結果は、後日報告します。

SDR(ソフトウエアラジオ)のアルミケース製作(ノイズ対策)

SDRをダウンコンバーターとして使用して、VDLが受信できることは、先日のブログの通りですが、問題点として、SDRの基板からの発信が受信機に乗ってしまい、136.975MHzの受信に悪影響があると思われます。

そこで、完全に発信をくい止めることは出来ないとは思いますが、アルミケースに入れて不正受信を少しでも減らす考えです。

Soft66LC2 (SDR)基板をタカチ YM-90のアルミケースに入れてみます。
Nec_0256













写真の基板幅は、ケースにぴったりなのでSMAコネクターとΦ3.5ジャックがケースよりはみ出します。SMAはそのまま使うことにして、ジャックを
基板から外し、手持ちのパネル取り付けタイプのジャックに変更します。
基板とジャックは、2芯シールド線を使用します。
また、ジャックのアース部分はケースアースになるため基板のアースを引き回す手間がありません
NEC_0257













SMAジャック、感度調整VR、USBコネクター、LED確認穴、Φ3.5ジャックの穴を開けます。
NEC_0258













基板をケースに入れます。
写真左下の白いアースは、つけない方が良い結果が出ました。
これは、USBのアースをケースに接続したのですが、実際にはノイズレベルが上がってしまいました。USBコネクターのアース部分がケースに触れない様に大きめの穴を開けるのが良いでしょう。
(原理は不明です・・・)
NEC_0259













上ケースを取り付けで完成です。
NEC_0260













SDRadioを立ち上げてノイズフロアを確認しました。
基板単体でのノイズレベルよりSメーター読みで1~1.5下がりました。

実際の受信結果は、後日報告します。

SDR(ソフトウエアラジオ)でVDL受信(LIN入力調整)

SDRでVDL受信、LIN 入力のレベルを下げて、ノイズレベルを下げてみました。
110115


















今までのSDR受信結果よりかなり範囲が広がりました。
北側に伸びていますが、距離を稼いだのは、FL400以上でした。
南側は、羽田の離陸、着陸で高度が低いためVDLでは厳しいのかもしれませんね・・・
AM8:00からPM6:00
IC-7100 IF 10.7MHz
SDR IF 12KHz
FMV LIN IN
受信機体数  58機
プロット数   46機

今後の課題:発注したUSBオーディオでIF 24KHz 96KHzサンプリングでどうなるか楽しみです。
最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ