KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

外部アンテナのススメ

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

HF用マグネチックループアンテナ+トタン屋根アースについて!

中波、短波の受信に手軽に作れてそこそこ使えるマグネチックループアンテナですが、自分の設置場所の回りにエアコンの室外機や大型冷蔵庫の室外機などノイズ源が増殖してしましました・・・アンテナケーブルにフェライト巻いたりいろいろと対策したものの改善されないのが実状です。多分LED照明のノイズや太陽光発電のパワーコンディショナーなんかもノイズ源だと思うのですが、対策しようがありませんでした。
たまたま、ご連絡をいただいたT.Eさんとアンテナの話になり、T.Eさんの製作された長波用のアンテナにアースを繋ぐとノイズフロアが下がるとお聞きしました。ここまでは、まぁ良くある話なんですが、なんとアースをトタン屋根に直接繋ぐということでした。考えられなくはないんですがそのときは半信半疑・・・T.Eさんの考察は、トタン屋根の広さによるアース効果とトタン屋根による遮蔽が良いのだろうと言うことです。つまりトタン屋根の下にあるノイズ源は遮蔽されるのではないか?とのことでした。そこで、本日実際に試したところおもしろい結果がでましたので報告します。(トタン屋根限定の情報です)
自作マグネチックループアンテナ
マグネチックループアンテナ

RTL-SDRHF UP CONVERTER超小型ガルバニックアイソレーターの組み合わせです。
オプション
 
・アースは簡単です。適当な電線にミノムシクリップを取り付けて、反対側を適当な長さに被覆を剥き予備半田します。この電線の長さは適当なんですが、短いほど良いと思います。長くなってしまうと逆にアンテナの役割をしてしまうとのT.Eさんのお話でした。
アース①
・予備半田した電線をコネクターのアース側にきつめに巻き付けます。あとは、絶縁テープか自己融着テープで防水します。画像の左側は、アンテナ側で、アンテナのフェライト部から約30㎝程度の位置になります。あとはアンテナを設置して、ミノムシクリップでトタン屋根に接続します。トタン屋根には塗装されていますので、少し塗装を剥がしてクリップします。接続はミノムシクリップ以外でもOKです。繋ぎやすいもので良いと思います。
アース②


・さて7MHzの受信画像です。
おどろきの結果が出ました。ご覧の通りノイズフロアが約10dB程度下がり、その上信号が浮き出てきました。感度も上がっています。初めてガルバニックアイソレーターを使用したときのような感覚です。これは使えます。
7MHzアース比較

・気をよくして中波を受信してみました。
ところが・・・若干信号が弱くなってしまいました。使えないわけではありませんが、アースなしの方が良い感じです。
AMアース比較
 
・その他としては13MHzあたりでは、さほど差は感じませんが、幾分アースありの方が感度が上がっている感じです。11MHz 21MHzあたりも同様でした。
・今回のトタン屋根アースは、アンテナの作り方や、屋根の構造などでも効果が変わってくると思います。自分の設置場所では、特に7MHzが特に改善されたと思います。なお、トタン屋根と言わず近くの金属にアースすると良い結果がでるかもしれません、お試しを! 

RTL-SDR 外部アンテナのススメ①初心者向け入門用アンテナについて検証します。(エアーバンド、航空無線)

RTL-SDRの人気もかなりのもので、当ブログにも初めて来られる方も多くなって参りました。それなりにRTL-SDRの知名度も上がっている様子でうれしい限りです。ただ、簡単に始められるためチューナーを購入してそのままお使いの方もいらっしゃる様です。今回は、電波の入り口であるアンテナについて入門用のアンテナを使って解説してみたいと思います。
UV簡易アンテナ

さて、USBワンセグチューナーを購入され、ドライバー当を組み込んでUSBワンセグチューナーがRTL-SDR受信機 (SDRラジオ)に出来ているとは思いますが、以前の記事にもある通りアンテナを軽視している方が多い様に感じます。購入時に付属しているアンテナをお使いですか?ADS-B(バーチャルレーダー)の受信には、重宝しますが、VHF,UHFの受信には不十分です。いやいや受信出来てるよ!と言う声も聞こえそうですが、付属のアンテナでVHF,UHFを受信している場合600MHzあたりに同調していますので、おいしい周波数(120MHz、300MHz帯)は受信できません・・・しかし受信出来てるよ!と言う方は、電波の発信元に近いため受信出来ているのです。それなりのアンテナを設置することで、受信範囲が飛躍的に広がりますし本格的なアンテナを設置できない場合にも重宝します。これからの説明を良く読んで、楽しいSDRライフをお楽しみください

①付属アンテナ
残念ながらこのアンテナでは、チューナー本来の性能が発揮できません!特にDS-DT***、LT-DT***シリーズに付属のロッドアンテナ(下の画像右)での受信は、空港近くでの交信かADS-Bの受信に限られます。ご自宅で受信するのは無理です。
簡易マグネットアンテナゾックス パソコンでワンセグテレビとFMラジオを楽しめるUSB接続ワンセグチューナー ブラック DS-DT310BK
 
②入門用RTL-SDR専用マグネット簡易アンテナとワンセグ用簡易アンテナの比較
・見ての通りエレメントの長さが違います。
・軽量化を図るためエレメントはかなり細いです。
・ケーブルは4m+MCXコネクターが付いています。
・マグネットは、非常に強力です。チューナー付属品のワンセグアンテナのマグネットとは桁違いの磁力です。車の屋根に取り付けると取り外しに力が要ります。車載での使用も問題ありません!ワンセグ用簡易アンテナの磁力は弱すぎます。エレメントを指で押すだけで倒れます・・・
IMG_0532
 
③実際の受信(受信画像は、後日UPします)
・VHFエアーバンド:十分受信できます。おなじみの123.775MHzで受信するとしっかり地上側も受信出来ました。若干フロアノイズが高めですが、受信には問題ありません!
・UHFエアーバンド:さすがにこれは、ここで報告できませんので、代用に367MHzのMCA業務無線を受信してみると非常に良く入感します。
・ADS-B:本来この周波数は、対応外なのですが、一応受信してみました。ケーブルが4mのため減衰も多いためワンセグ用簡易アンテナに負けました・・・これは仕方がないでしょう。しかし250Km程度の信号はキャッチ出来ています。近距離用としてならば別段問題なく使用できます。

④設置
・車の屋根に取り付けしてみました。長さも50cm程度なので、邪魔になりません、移動や車で使うには重宝します。ケーブルも3mですので、車内への引き込みも延長ケーブルなしで直結可能です。先にも申し上げた通りマグネットが強力なので、走行中に飛ぶことはないでしょう。
IMG_0535
・自宅での使用では、金属の部分に設置することになすのですが、簡易的に屋内に設置する場合窓際に置いたフルーツの缶詰の上に設置しました。基本的にアンテナは、屋外設置が基本なのですが、やむを得ず屋内に設置する場合は、PCとアンテナの距離を出来るだけ離して設置してください!PCからのノイズは非常に大きく受信する周波数帯によってはノイズで壊滅する場合もあります。ご注意ください!
・屋外であればエアコンの室外機(水平に取り付けてもそれないりに受信は可能です)や、鉄板をうまく利用してベランダに設置します。最悪インショロック(結束バンド)やガムテープで固定することになりますが、マグネットが効かない場合(鉄板等に設置しない場合)は、感度が落ちる場合があります、これは、マグネットが磁力でアース(グランド)の役目をするためです。

いかがでしょうか?
もっと遠くの無線を受信したい方は、次のステップへご案内します。こうご期待!
今回使用したアンテナ
RTL-SDR対応 VHF/UHF簡易受信用マグネットアンテナ
【VHF/UHFエアーバンド受信可能】【車載可能】【MCX-P(プラグ/オス)装備】
 
 RTL-SDR関連商品一覧へGo!

HFDL ΔLoop9 VS VHF AWXアンテナ Aganaで検証

ΔLoop9 VS VHF AWXアンテナ Aganaで検証です。
朝8時ごろから受診開始です。
朝の時点では、ほとんど同じ受信状況でしたが、北西方向は、AWXアンテナがよく拾っていました。
9時ぐらいまでは、互角です。
ところが、10時以後ΔLoop9アンテナのパワー炸裂!相手になりません・・・
AWX  プロット149機 デコード率60.9%
ΔLoop プロット276機 デコード率77.4%
でした。やはりアクティブループアンテナは、すごいです。
と言う訳で、画像を見てください。
↓VHF AWXアンテナ+10dBプリアンプ
120613 17919 AWX
↓ΔLoop9アンテナ
ハワイまで受信していますねぇ
さすがです。
120613 17919 Δ
先日もブログに上げましたが、パッシブ形の303WA-2を設置して比べてみたいと思います。
別件ですが、ΔLoop9に広帯域プリアンプは、ご法度です。もともと高いゲインを上げてしまうためだと思いますがデコードできませんでした・・・

HFDL アンテナについてもう一度考える(ΔLoop9 VS VHF AWX)

現在使用中の外部アンテナは、ΔLoop9と自作VHF用AWXアンテナの2本です。
最近、ΔLoop9アンテナ分配での分配ロスが気になって、分配無しで受信したところ、以外と良い結果が出ました。
若干ですが、距離が伸びていると思います。ただし、2分配ですと極端には、変わらないかもしれません・・・
ΔLoop10は、ハイバンドの感度が悪いので、ΔLoop9を使用しています。
と、言うわけで、アンテナの実力を見たくなりました。
さて、実際にΔLoop9とAWXアンテナを比較してみましょう。
ただし、AWXアンテナは、屋根の一番高い場所(2F屋根)
ΔLoop9は、(1F屋根)に設置しています。ΔLoop9の方がロケーションは悪いです。
AWXは、VHF用ですからハンデを付けます。また、10dB程度のアンプも付けます。
現在Agana 17919KHzを同時受信しています。
夕方、一度結果発表してみたいと思います。

アペックスラジオの303WA-2の設置の検討とアンテナについて考える

現在HFの受信は、ΔLoop9 1本です。
どうしても分配数を増やすとゲインが下がり距離が伸びません・・・これは、しかたないことなのですが、予備という観点から考えてみると303WA-2が浮上してきます。
自分の受信環境では、ロングワイヤーを張ることは出来ません・・・そうするとコンパクトなものを選択することが鍵となります。
勿論、コストも考えなければなりません!
303WA-2は、諭吉くんでおつりがきます。このポイントは高いです。
自作派の自分としては、パッシブ型のアンテナを自作とも考えましたが、どうしても大きくなります。
HFDLですと、下は3MHzからですから波長で100mです。1/4波長でも25mですから大がかりな物になってしまいます。
それと、下は3MHz 上は21MHzとバンド幅もありますので、全てのバンドにマッチングさせるのも大変です。
『アンテナチューナー』で強制的にマッチングと言う方法もありますけど、アンテナの基本性能に勝るものはありません
と、言うことで、近日中に303WA-2を設置したいと思います。
ΔLoopの前は、同軸ケーブルで製作したマグネチックループアンテナを使用していました。これもプリアンプ等を使用していませんのでパッシブ型なのですが、なぜか夜間の13MHzがすごいノイズで使い物になりませんでした。(ループ径0.7mのアンテナでした)ループ径の問題かもしれませんが、ローバンドは苦手な感じです。逆に17MHz 21MHzは、以外と頑張っていました。
ローコストで、主にハイバンド狙いの場合、マグネチックループアンテナでOKだと思います。
また、マンション等で、高層階にお住まいなら、マグネチックループアンテナで十分かもしれませんね、アンテナのゲインは、高さに比例しますので
ロングワイヤーを高く張るとものすごい感度になります。昔アマチュア無線で経験しています。7MHzあたりは、アンテナの高さだけで、100Wに勝てますから余談ですけど・・・
設置方法は、いつものマグネット基台を予定しています。
では、また
303WA_1

【短波用アクティブ・ループ・アンテナの製作】 ΔLoop9 製作①

【短波用アクティブ・ループ・アンテナの製作】 
ΔLoop9 アウトドア基板完成
ΔLoop10 の基板に対し、部品が少ないですね
短波のみでの使用であれば、ΔLoop9らしいのですが、回りの環境によっては、ΔLoop10を選択することになるようです。
コストと製作面を考慮するとΔLoop9がいいかもしれませんが、安定度の差については、実際に受信してみないと何とも言えません!
Loop9

短波用アクティブ・ループアンテナの製作 部品手配

短波用アクティブ・ループアンテナの製作本に
従い部品手配開始しました。
室外BOXは、防水の予定です。
ループ部分は、アルミパイプで検討中!
アルミパイプは、軽いので設置が簡単です。
トタンの屋根に乗せる予定なので、マグネット基台を使う方向で進める予定です。

気になるアンテナ303WA-2

アペックスラジオの303WA-2が気になります。
303WA_1

パッシブ型なので、ガンガン入るとは思えませんが、ワイドバンド対応がよさそうです。
ネットで検索すると、賛否両論ですね・・・
どんなもんでしょう・・・
まだ、購入の決め手がないんですねぇ
思案中です。
最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ