KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

ΔLoop9

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

HDSDR Version2.70リリースされています。使用感最高です。[便利機能情報追加][RTL-SDR]

2013/11/01 HDSDR Version2.70リリースされています。

インストール、バージョンアップは、RTL-SDR HDSDR 導入&ダイレクトサンプリング(direct sampling mode)の設定方法 を参照してください!

今回の変更点は、次の通りです。(HDSDRの本家HPより抜粋し機械翻訳)
バージョン2.70(2013年11月1日)
- より良いCPU使用率
- オートノッチフィルタを追加しました
- AMとFMのためにAFCが追加されました。 AFCはECSSモードで無効にすることができます
- 平滑化されたS-メーター表示
- 'IF出力にSDR'の拡張パラメータ
- ロー/ HiCutとWAVファイルのための新しいキーボードショートカット
- 自己相関/ケプストラム表示に切り替え可能な'スペクトル'( 'スペクトラム'ラベルをクリックします)
- HRD用のTX-ボタン(DDE)/ HDSDRにCAT
- 周波数入力ダイアログに追加された"ダブルサイズ'オプション
- 周波数Managerは5ユーザーバンクを提供
- 多くの修正と改善
HDSDR NEW
デザインが若干変わっています。起動して一番に感じたのが、感度が上がっているように感じます。おなじみのラジオ日経を午前中に受信してみましたが、RF Gainを絞ってもS9振ってます。いい感じです。
次に感じたのが、Sメーターが暴れなくなりました。おとなしくメーターが振ってますので見やすいのでGoodです。
新機能のAFCですが、AMで実際に試すとしっかりと周波数に追従してくれます。これはいいですね、HFなどはどうしても周波数が安定しません、AFCをONにすると微妙に周波数を変更して追従してくれます。これはあっぱれ!です。
周波数表示左のTuneの文字が、
センターで受信すると
Tune 
少しズレているとTune 
大幅にズレているとTune
Tuneの文字色が変化します。便利ですねぇよく出来ています。
その他、オートノッチ等も搭載されています。せっかくですので検証してみました。アマチュア無線でJAPAN INTERNATIONAL DX CONTESTが開催されていましたので、各バンドで受信してみました。14MHz、21MHzあたりでロシアから強力な電波が入感しています。ここでANotch(オートノッチ)でビートを遮断できるか試したところ、AMotchボタンをポチット押しただけで、ビートが消えました。すばらしい!感動です。これは使えます。
さておなじみのラジオ日経です。Gain -42dBに下げています。チューナーはTCXO搭載で、+1PPMの調整をしています。さすがTCXO!周波数のドリフトは皆無です。
中波もいい感じでした。BCL等に使用する場合はAFCが威力を発揮するのではないでしょうか?音も良くなったかな?今回のバージョンアップは、かなり良くなってします。中波、短波の受信には最適です。お勧めです。
HDSDR Version2.70は、是非導入をお勧めします。
70
受信機材
①チューナー:TV28Tv2DVB-T(R820T) / TCXO(28.8MHz)搭載 / 放熱板+デバイスにヒートシンク×3箇所
②HF UP Converter:TT@北海道さん Made
③アンテナ:ΔLoop9(自宅アパート1Fベランダ)
④PC:lenovo X201s(Win7 X64)

便利機能[PUPさんよりコメントにて情報提供] 
時刻表示をクリックするとJST/UTCの切り替えが出来ます。BCLには非常に便利な機能です。
JST UTC
PUPさん ありがとうございました。 

便利機能
周波数ダイレクト入力
テンキーで一発入力できます。
Tuneをクリックするとテンキーが現れます。
HDSDR

ラジオ日経6115KHzを受信していて6055KHzに変更する方法になります。 

HDSDR 周波数ダイレクト入力
仮に6055KHzをMHzで入力する場合は、6.055と入力して、MHzボタンを押せば受信周波数(Tune)に反映されます。
 
便利機能
HDSDR Frequency Manager
FreqMgr
ボタンを押すとHDSDR Frequency Managerが開きます。
Frequency Manager
Ham Bandsでアマチュア無線のバンド区分をダイレクトに設定できます。
設定したいバンド上をダブルクリックすると周波数が反映されます。
HAM
Radio Bandsでラジオ放送バンド区分をダイレクトに設定できます。
設定したいバンド上をダブルクリックすると周波数が反映されます。
BCL
Userは、自分で周波数をメモリーすることができます。
Frequency Manager
 

2013/08/27仮設置するも不調!Δloop9改修+AMIDON製FT-50-77(FT50#77)コア搭載+ダイナミックレンジ改善→ノーマルに復元/記事追加①②

誘導雷で逝ってしまったΔLoop9の修理を諦め、FT-50-43(FT50#43)コア搭載とダイナミックレンジ改善を行ったアウトドアBOXがあったので、これを改修してΔLoop9のアウトドアBOXとして使用したいと思います。
FT-50-43(FT50#43)コアを使用したらどうなるか?と思ってチャレンジしたのですが、あまり改善が見られませんでしたので、オリジナルの設計に戻します。コアはAMIDON製のFT-50-77(FT50#77)を使用します。以前このコアのそっくりさんの記事を掲載しましたが、AMIDON社のコアは高性能との噂ですので今回使用してみました。値段もいいんです・・・トヨムラで購入!3個で¥1050です・・・コアの巻き方はキツメで巻きます。ゆるゆるだとノイズに埋もれてしまいますよ!
次にダイナミックレンジ改善の改造は、自分の受信するHFDL等には無意味でしたのでオリジナルに戻しました。簡単に言えば感度が低下してしまいデーター信号を受信することが出来なくなってしまいました。
画像のケースは、タカチのアルミケースMB-1です。かなり小型50×40×70mmです。このケースにΔLoopの基板は入りません!長手方向を切り詰めて収めています。ヤスリで削れば何とかなります。小さいのでアンテナ設置が楽です。防水は、ホットボンドで行います。
ΔLoop9修理
タカチ MB-1
     
MB-1
さて、ΔLoop9の調整です。ダイナミックレンジ改善の改造を行った際にヌル調整を行ったのですが、全くヌル点が見つかりませんでした。これは、感度低下のためと思われます。今回オリジナルに戻しましたので、ドキドキしながらヌル調整に挑みました。チューナーはLNA内蔵のダイレクトサンプリング改造DS-DT305です。アンテナはとりあえずVHF用のAWXアンテナで受信、HDSDRを起動し6MHzあたりの短波放送を受信して調整してみるとぉ
ものすごくはっきりしたヌル点が出ています。半固定抵抗をまわすと最大~最小~最大とはっきり信号の上下が確認できました。これは期待できます。信号が最小になる点に調整して終了です。
FT-50-77(FT50#77)コアの性能なのか?感度が良さそうです!早く設置したいのですが、残念ながら雨なので設置までは行えませんでした。設置は天候しだいとなりました。
2013/08/27記事追加①
ΔLoop9を仮設置して受信してみました・・・何かおかしい?
ノイズフロアが高すぎます。
RTL-SDR TV28Tv2DVB-T(R820T)+HF UP CON使用の場合ゲインをかなり絞らないと使えない?
アミドンのコアが原因か?
ΔLoop9の感度も最大(R14とR17を220Ω)にしてあるので、トロイダルコアの透磁率が良くなってゲインが上がってしまったのが原因なのか不明・・・
落雷以来うまく行かない・・・八方塞がり
しかたがないので、予備機を一度どノーマルに戻す予定です。落ち着いたらレポートします。
2013/08/30追加記事②
しばらく受信しての感想です。RTL-SDR TV28Tv2DVB-T(R820T)+HF UP CONでの受信で、中波とHFのローバンドはゲインを一桁にするとうまく受信出来ました。やはりゲインが高すぎるんでしょうね、スペクトラムを見るとどうもS/Nが悪い感じ!ゲインが高いためノイズもガッツリ増幅されているためATTを入れるかゲインを絞らないと使えない印象です。しかしS/Nが悪いのでは、ATTで下げてもゲイン絞っても解決しませんので、このゲインの高さを逆に利用したいと思います!自宅のアウトドアBOXと交換してみようと考えました。自宅の受信環境では、ΔLoop9でもゲイン不足でしたので、もしかすると当たるかも?乞うご期待!
 

トロイダルコアの疑問・・・FT-50-77のそっくりさん?

トロイダルコアの疑問
【DSIX用コアの豆知識】/ by 柴崎 功
さんの記事を読んでびっくり!ΔLoopその他で使用しているFT-50-77(FT50#77)コアにそっくりさんが存在します。
自分の在庫を見てみたらこのそっくりさんでした。確かに安かった・・・
そっくりさんは、サイドが膨らんでいます。画像の左はアミドン社の本物です。
FT-50-77
そこで疑問が・・・メーカー品のアミドン製のコアを取り寄せてΔLoopに搭載したらどうなるか?感度不足に悩んでいるΔLoop9に現状と同じ条件でコア巻き(密巻き7ターン)して搭載してみました・・・ところが、ヌル調整でヌル点が出ません・・・感度最大になるように抵抗を交換していますので、これが悪いのか不明?しかたがないのでVRは0にして設置してみました。HFDLの受信での感想は、全体的にフロアノイズは上がっています。ところが21MHzでノイズでメーター振りっぱなし!これではどうしようもないので暫定でコア6ターンで仮設置!それなりに動作するもののハイバンドの感度が犠牲になってしまいました。ミッドバンドは良い感じなんですが・・・
トロイダルコアの巻き方で一度えらい目に遭っている(荒巻きの7ターンで設置したらノイズでメーター振り切れた経験あり)ので、コアの精度を上げてみたら逆に悪くなってしまった。
困りましたね、柴崎さんの記事によるとFT-50-77のそっくりさんは、周波数特性は同じで、透磁率が悪いらしいです。アミドンのコアは透磁率が高い(SPEC通り)のでこのあたりが悪さをしているのか?謎です。。

元に戻すか?FT-50-43(FT50#43)もアミドン製のものを入手したので、これでもう一度搭載してみるか?悩みます。
ダイレクトサンプリングに使用しているコアもノーブランドです。アミドン製にしたら感度変わるでしょうか?いずれ検証する予定です。

RTL-SDR HFDL+SDRRadio.com v2.0のData-Uを使用してみました。

RTL-SDRで、HFDLの受信もそれなりにしていたのですが、どうも納得できる状態ではありませんでした。USBチューナーの不安定な部分が克服できていないのもあります・・・現在使用しているチューナーはTV28Tv2DVB-T(R820T)で、今のところ最強ですが、受信感度の高さが仇になってゲインを下げて受信してるのが現状、最大の感度にすると逆に感度が下がります・・・
さて、HFDLを受信する場合できるだけ多くのチャンネルを受信するのが良いのでSDRRadio.com v2.0をメインに使用しています。ご存知の通りマルチ受信が可能なためです。最大3MHzのバンド内を6CH受信出来ますが、実際に6CH受信する場合は、ステレオ2CH×3系統必要です・・・(最低でも2CHは受信できるわけです)
実際に受信してみて、どうも取りこぼしが多い感じがします。勿論IC-R2500等と比べるには酷なのですが、どこまで受信できるかチャレンジしていました。たまたまDRMの受信でSDRRadio.com v2.0を使ってみようと思ってFrequency Exploreを開いてSSBを開くとData-L Data-U Wide-L Wide-Uの項目が気になり多分データー受信用だろうと思いWide-UでDRMを受信してみたところ受信出来ました。と言う事は、Data-UならばデーターのUSBモードと解釈して実際に受信してみました。
結果:自分の耳での感想は、SSBとData-Uでは音質が違います。SSBに比べData-Uは、低音がカットされていて高音が良く聞こえるような印象です。実際に受信してみると意外といい感じです。勿論使用するPC等の設備で違いが出ますので、参考まで!
受信環境
チューナー:TV28Tv2DVB-T(R820T)
アンテナ:Δloop9
HF UP Converter:US HF UP Converter(ローバンドが若干苦手・・・)
PC:lenovo X201s Win7 X64
オーディオ:NETDUETTO β(ステレオ2CH 44.1KHz)
プロッター:KG-HFDL(デュアル受信44KHz)
SDRRadio.com v2.0 Data-U
Data-LとData-UはLSB USBのData受信用と解釈できます。
実際の受信画像です。
6565KHzと6652KHzです。アンテナは、自宅のΔLoop9です。受信感度がいまひとつの環境でもUS西海岸が受信出来ています。RTL-SDRでのHFDL受信でいまひとつ・・・と感じたら一度お試しください!
HFDL 6MHz

DRMの受信もフィルターの幅を広げれば受信可能です。

ΔLoop9 エアコンノイズ対策!コモンモードチョークの製作(完成)

最近近所のエアコンが稼働していてノイズをまき散らしています。悲しい現状です。夏もひどい目に遭ったのですが、まさかこの時期に・・・って感じです。同軸ケーブルにフェライトコア(パッチンコア)を取り付けてもさっぱり変化なしでした・・・
ΔLoop9でお世話になっている影山さんのブログを見ていたら『コモンモードチョークの実験』と言う記事を発見しました。記事の内容からエアコンノイズの改善に効果有り!とのこと、早速作ってみました。

W1JR巻、19ターンで製作です。
フェライトコア:B64290L659X830(RSコンポーネンツ)
同軸ケーブル:1.5D2V
同軸コネクターBNCオス、メス
作り方は、影山さんのブログhttp://sky.ap.teacup.com/applet/akagebcl/msgcate7/archive
の2011/7/17 『コモンモードチョークの実験(2)』に掲載されています。影山さんに感謝です。
また、シエスタさんのhttp://www.ndxc.org/tech/ProductionAndUsageOfTheCommonModeChoke.pdf
に丁寧に解説されています。シエスタさんにも感謝申し上げます。
と言うことで、完成してしまいましたが、1.5D2Vで19ターンは、かなりしっかり巻かないと厳しいですが、これがまた19ターンがぴったりです。
必ず2組作ります。
コモンモードチョーク

さて、早速設置です。
室外BOX直下に1個取り付けます。室内BOXの前に1個挿入します。これでOKです。さて、使用感ですがSDRで受信出来なかったためIC-R2500での感想になります。21MHzがノイズで壊滅状態だったのですが、ノイズが低減されて聞きやすくなりました。またローバンドでノイズの分2~3振っていたSメーターが落ち着きました。(0にはなりませんが)いやはやびっくりです。SDRでフロアノイズ見ておけば良かったぁ・・・残念でした。効果はありますね!エアコンノイズでお困りの方これは使えます。設置をお勧めします。景山さんのブログにもありましたが、アンテナが拾ってしまう場合には効果はありません!アンテナが拾う場合は、アンテナの方向を変えましょう。エレメントの開口部をノイズ元に向けると効果があります。全てのノイズに効果があるとは言えませんのでノイズ対策の1つとお考えください、ただ思ったより効果がありました。

HFDL Al Muharraq 2CH 24H 受信

HFDL Al Muharraq 2CHを12H+12H=24H受信してみました。
(中華航空機除外)
IC-R1500+IC-R2500+ΔLoop9+3分配
8885KHz 10075KHz 17967KHz 21928KHzをFQ1000にて時間差受信
前日の夕方~翌朝08:00まで受信した画像です。
南アフリカがよく見えています。
ヨーロッパまでは伸びなかったのが残念・・・
121122 al
引き続き当日の18:45まで受信した画像です。
インドネシア、インド、中東に追加プロット
アフリカに多少プロット追加・・・その他は伸びがないです。
121122 ai pm
ヨーロッパ期待するものの残念な結果に終わりました。 

HFDL Riverhead 2CH 24H受信

HFDL Riverheadを24H受信してみました。
もう少し捕れるかなぁ・・・と思ったのですが、こんなもんです。
北米は、厳しいですね・・・
Riverheadで大量捕獲出来ないですねぇ
受信画像はありませんが、Panamaの17901KHzで今朝北米入感していました。
121121 Rive

HFDL Hatyai 10066KHz ヨーロッパが薄かった・・・

HFDL Hatyai 10066KHzを夕方~翌朝まで受信
ヨーロッパの伸びがない・・・残念
もう少し広く受信出来るかと思ったのですが、中東、インド、インドネシアに集中していました。
低い周波数の方がいいのかもしれませんね
アンテナ:ΔLoop9 3分配です。
(中華航空機除外)
121120 10066
最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ