KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

水晶振動子

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

ノーマルチューナーの周波数のズレを修正してみましょう。

久々に改造ネタです。RTL-SDRチューナーをノーマル(無改造)状態で使用されている方も多いと思いますが、受信周波数のズレが酷いですよね!初期のチューナーからこのズレは全く改善されていません、原因は、水晶振動子の容量が違っているものと思われます。国産の水晶振動子28.8MHz、負荷容量16pFに交換するとそこそこ落ち着いてくれます。HC-49/US型の水晶振動子は、標準偏差が±50PPMであるため誤差については致し方ないとも言えます。また温度変化だけでも変動(周波数ドリフト)してしまうため安定しません!息を吹きかけるだけでも変動します。(精度を求めるならTCXO/温度補償型水晶発振器搭載品をおすすめします。)

では、ノーマル(無改造)の場合どうすれば良いか?と言うことになりますが、基本的にSDR受信ソフトで周波数のズレを補正すれば良いのです。が、いろいろなソフトで全部補正するのも面倒・・・まして、元々ズレているのが精神的に良くないと言う方も多いのではないでしょうか?そこで、チューナー基板に可変コンデンサ(トリマコンデンサ)を搭載して周波数をハード的に補正してしまう改造を行ってみます。(半田ができれば何とかなります。)

ノーマルチューナー(無改造)は、おおよそ15~30KHz低い周波数になっています。個体差がありますので、おおよそです。水晶振動子の帰還コンデンサの容量を増やすことで周波数が上がります。可変コンデンサを搭載すれば微調整が可能になる訳です。可変コンデンサも超小型のSMDタイプ(3.2×4.5mm)がありますので使ってみたいと思います。

では、改造してみましょう。
可変コンデンサを準備します。
村田製作所製のTZC3型(30pF)を使用してみましょう。
可変コンデンサ
オリジナル(無改造)の状態で399.8MHz(列車接近警報)を受信してみるとこのようになります。
このズレは、まだ可愛い方です。最大で30KHz近くズレているものもあります。
トリマコンデンサ実装①
さて、チューナー基板の裏面です。ロットによって若干の違いがありますが、ほとんど同じです。
水晶振動子のランドを利用します。次の画像の□部分です。
DSC_0391
①ランドの半田を吸い取ります。②可変コンデンサを載せます。③の□部分のレジストをカッターで削り銅箔を露出させます。
Dsc_0392
可変コンデンサの両端を半田します。これで完成です。
DSC_0394
早速受信してみましょう。
注意!通電中のチューナーで可変コンデンサのローターを回す場合は、絶縁ドライバーを使用してください!金属製のドライバーを使用すると発振が止まりフリーズします。絶縁ドライバーがない場合は、名刺やポイントカードなどを利用すると良いと思います。
受信してみると受信周波数が最低10~20KHz、最大で30KHz程度UPします。
R820Tチューナー(初期型)での周波数補正値(受信周波数:399.8MHz)
コンデン差
UPする周波数は、水晶振動子の負荷容量と帰還コンデンサによりますが、共に誤差がありますのでUPする周波数に差が出ます。。可変コンデンサは、ローター1回転で6.5~30pF変化しますので、SDR受信ソフトで見るとスペクトルが左右に行ったり来たりします。あとはローターを回して受信周波数に合わせれば良いわけです
最後に水晶振動子ですので、気温などの温度変化で簡単に変動します。起動するたびに周波数が若干ズレることもご承知置きください、それでも数PPMのズレで収まります。年末年始の工作にチャレンジしてみてはいかがでしょうか?
調整完了
トリマコンデンサ実装②



RTL-SDR TCXO 0.5PPMチューナーの効能

RTL-SDR 水晶振動子をTCXO 0.5PPMに換装したチューナーの効能を見てみましょう。受信周波数は、業務無線の367.5MHzを受信してみます。

オリジナルの水晶振動子搭載チューナー
起動時に60PPMのズレがあります。ここまでズレてしまうと実際にどこを受信しているのかわかりません・・・また、温度による変化も顕著で、息を吹きかけるだけで受信周波数が狂ってしまいます。室温の変化によってもズレが生じる場合があります。(チューナーのロットによりズレは様々ですがオリジナルのチューナーは、おおよそ50PPM程度のズレがあります。水晶振動子の温度変化による周波数のズレは対策できません・・・)
オリジナル水晶

TCXO 0.5PPMチューナー
全くズレがありません、何時間受信しても変化なし!さすが温度補償0.5PPMです。特に放送電波が密集する中波、短波に有効です。アマチュア無線の受信の場合特に効果があるでしょう。BCLなどでも中波は9KHz間隔で並んでますし短波の場合5KHz間隔で並んでいますのでこれが60PPMずれていれば本当の周波数など判りませんよね・・・ただし、中波、短波でコンバーター等を使用する場合は、コンバーターのズレを考慮する必要がありますので、標準電波を受信してオフセットを調整しましょう。一度調整すれば基本的に再調整の必要はありません、VHF,UHFはそのままズバリ受信可能です。
5PPM

R820T2 TCXO
R820T2は、ADS-Bの受信に最適です。
R820T TCXO
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

TV28Tv2DVB-T(R820T)カスタムチューナー一部モデルチェンジ(SMD型、常温/温特10PPM以下品実装)

TV28Tv2DVB-T(R820T)カスタムチューナー一部モデルチェンジのお知らせです。
以前より水晶振動子(HC-49/US 28.8MHzは、温度に対する変動/ドリフトがあります)を交換したモデルをカスタムとしてリリースして参りましたが、SMD型水晶振動子、常温/温特±10PPM以下品が入手可能になりましたので、SMD型水晶振動子実装にモデルチェンジを行いました。この±10PPM品は、10PPMずれるのではなく最大でこの値です。実際に使用すると一度温度が安定するとほぼズレはありません、勿論起動時から一発安定は、TCXO搭載型(±2PPM)になりますが、今回のモデルは、コスト的に良いと思います。今回のモデルチェンジは2点です。

中波、短波簡易受信対応TV28Tv2DVB-T(R820T)カスタムチューナー
(direct sampling mode搭載カスタムチューナー)
商品の詳細MCX-P

X-tal 常温/温特±10PPM実装TV28Tv2DVB-T(R820T)チューナー
商品の詳細
Need overseas shipping? Supported at Jzool-Agent 
Best Buy

その他、RTL-SDR関連パーツは、こちらへ
RTL-SDR関連商品

R820T2もリリース中です。(常温/温特10PPM以下品)
商品の詳細
HF UP CONVERTERもよろしくです。
MADE IN JAPAN
商品の詳細
Need overseas shipping? Supported at Jzool-Agent 
Best Buy

・今後のNewアイテムの販売予定は、次の2点です。
①ダイレクトサンプリング用LPF(ローパスフィルター)0~14MHz(画像の上)
HF UP CONVERTER用アイソレーショントランス(画像下)
次回のブログ記事にプレゼントを予定しております。乞うご期待!
・画像は、量産試作品です
IMG_0640
販売開始しました。
RTL-SDR関連Newアイテム販売開始のお知らせ/ローパスフィルター(LPF 0~14MHz)&超小型ガルバニック・アイソレーター(アイソレーション・トランス)
RTL-SDR関連商品一覧へGo!



表面実装型水晶振動子 28.8MHz 常温/温特/±10PPM以下品 USBチューナーに搭載してみましょう。

表面実装型水晶振動子 28.8MHz 常温/温特/±10PPM以下をUSBチューナーに搭載してみます。
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T(R820T) [DVB-T-DAB+FM][NooElec同一品]に搭載の水晶振動子(X-tal)/HC-49/USタイプは、オリジナルの状態で50PPM以上の周波数偏差があります。これを国産の水晶振動子に交換することでかなり改善はするもののHC-49/USタイプは、基板の発熱による周波数ドリフト(発熱で周波数がずれる)が顕著に現れます。
そこで、TCXO(温度補償型水晶発振器)が効力を発揮するのですが、基板の改造のハードルが高いのが難点です。(パターンカット、レジスト剥がし、チップ撤去、電源/グランドの配線・・・など)
そこで、改造のハードルを下げて尚且つ精度も上げる方法は・・・と模索していたところ取引先の担当さんよりSMD型の水晶振動子(X-tal)で常温周波数特性/周波数温度特性とも10PPM以下のものを特注できるとの情報をいただきましたので、早速手配してみました。
・SMD(表面実装型)水晶振動子(X-tal) 28.8MHz 
IMG_0638
搭載方法
・はんだごてを使って水晶振動子(
HC-49/US)を取り外します。
IMG_0636
水晶振動子(HC-49/US)を取り外すと、これ見よがしにパッドが出現します。元々SMD X-tal搭載のパターンが引かれています。(国産X-talに交換された方はご存知ですよね)パッドにフラックスを塗布するか、薄く予備はんだをしておきましょう。SMD X-talの搭載方向は、画像の通りX-talの刻印で判断してください!左から読める方向で搭載します。X-talの裏面にもフラックスを塗布するか、薄く予備はんだをすると良いでしょう。
IMG_0635

・ハンダは
4箇所です。X-talの四隅にハンダが付くように少量のはんだを流します。シルク印刷の『3』の位置が一番半田の流れが良くないのでしっかり加熱しハンダを流してください、X-talの封止は金属のためはんだが付きますので、半田の盛り過ぎによるショート(ブリッジ)がないように注意しましょう。はんだ後は必ずルーペ等ではんだの状態を確認しましょう。
IMG_0637
・実際に受信してみます。
チューナーをPCに接続しSDR#を起動します。受信をスタートし5~10分受信したままにします。簡単に言えばエージングです。(
HC-49/USの場合時間と共に1KHz~2KHzズレてしまいます。これが周波数ドリフトです)
周波数の校正前
おなじみの東京コントロール 123.775MHz の地上側を基準にします。(自宅なのでゲインが低い・・・)
この段階で周波数のズレは、-785Hzになります。このズレは、X-talの誤差とチューナー基板に搭載されている帰還コンデンサーの誤差によるものです。仮にX-talの規格である10PPM以上のズレがある場合は、この帰還コンデンサーの誤差が大きいために生じるものです。
(これがTCXO搭載の場合エージング不要、校正もほとんど不要です。ここが今回のX-talとの大きな違いです)
775MHz 校正前
周波数の校正
RTL-SDR Controllerを開きFrequency correction(ppm)で設定します。この場合6PPMで123.775MHzに合わせることができました。さて、温度による偏差ですが、一度校正すると一晩受信しても変化がありませんでした。
常温/温特 10PPMのX-talの性能は、すばらしいものがあります。TCXOの場合は、受信開始の段階で周波数が合いますし温度偏差もほとんどありません!これには勝てませんが、校正すればとても安定した受信が可能です。
775MHz 校正済
・HFDLで夜間受信してみましたが、校正後の微調整は不要でした。特にHFDLの場合数10Hzのズレで受信できなくなります。これが安定して受信できるのはかなりの安定度です。
150208-1
HFDLの受信設備は、このようになります。アンテナは、マグネチックループです。アンテナケーブルとコンバーターの間にアイソレーショントランスを挿入しています。
UP CON

SMD(表面実装型)水晶振動子 28.8MHz 常温/温特 10PPM以下品をAmazonにて販売開始します。
SMD(表面実装型)水晶振動子 28.8MHz 常温/温特 10PPM以下品搭載チューナーをAmazonにて販売開始します。
ともに近日中に販売開始となります。





 

TV28Tv2DVB-T USB Stice(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナーの別バージョンの基板発見

V28Tv2DVB-T USB Stice(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナーの別バージョンの基板が出てきました。
基板のパターン、搭載の部品点数は同じですが、レジストの色と基板の材質が若干違います。決定的なのがシルク印刷でロゴマークが入っていますので、一目瞭然です。
ところが、この基板のロットは、周波数のズレが酷い上に、日本製の水晶振動子に交換しても30PPM以上のズレが生じます。原因は、帰還用コンデンサーの容量が正確でないためです。従来の基板から帰還用コンデンサを取り外して搭載したところ周波数がみごとに一致しました。これから水晶振動子を交換する予定の方は、基板を良く確認してください、別バージョンの基板の場合、水晶振動子を交換しても改善しない可能性があります。
ただし、基板の個体差で周波数が正しく表示される物もありますので、一概には言えませんので付け加えます。
正確な周波数で長時間安定した受信をするためには、TCXO搭載品をお勧めします。
TCXO搭載品の説明記事はこちらです。
RTL-SDR TCXO(温度補償型水晶発振器)搭載カスタムチューナーTV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]販売開始です。受信周波数高安定、高精度
R820 NEW
RTL-SDR関連商品一覧へGo! 
TCXO(温度補償型水晶発振器)搭載カスタムチューナー
TCXO(温度補償型水晶発振器)搭載のTV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]です。
TCXO搭載による受信周波数高安定、高精度を体感してください!TCXOの精度±2PPM
・周波数直読一発受信(周波数のズレほとんどなし)
・発熱による周波数変動(ドリフトなし)
・高級受信機に負けず劣らず!
Amazonにて取扱中
    TCXO搭載チューナー
日本製水晶振動子換装品 
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]オリジナルのチューナーに対し周波数のズレを改善したカスタム品です。オリジナルのチューナーは30~100PPMのズレがあります。
日本製の水晶振動子に換装することで、精度を改善したものです。
(チューナーの個体差及び使用温度、受信する周波数、アンテナ等により周波数のズレに差が出る場合があります)水晶振動子の単品交換に自信のない方はご利用ください
Amazonにて取扱中
国産水晶振動子搭載品 

RTL-SDR TV28T v2 DVB-T USB (R820T)チューナーに28.8MHz TCXO(温度補償型水晶発信器)換装しました。

RTL-SDR TV28T v2 DVB-T USB Stick (R820T)チューナーに28.8MHz TCXO換装しました。
TCXOとは、温度補償型水晶発信器で、-30~+85度で周波数が自動補正され周波数安定度2PPMの優れものです。HFDL、APT、AISなどデーター通信受信には強い味方になります!勿論、通常の受信でもオフセットなしで一発で周波数が読めるのはうれしい限りです。
OSQZSSさんが配布してくださいました。が、残念ながら配布終了しています。
2013/12/06最新情報
TCXO搭載チューナー販売開始しました。
TCXO搭載

換装方法は、こちらです。
こんな感じに仕上がりました。TCXOも小さいですねぇ2.5×2㎜のSMDですから・・・画像ではそこそこの大きさに見えますが、実物を見ると『えーっ』ってぐらい小さいです。チップコンデンサーなど床に落としたら発見は不可能に近いです。チップばかり見ていると水晶振動子が巨大に見えます。TCXO
この改造は、TT@北海道さんも行っております。ちょっとアイデアを拝借です。
さて、実際に改造する手順は割愛させていただきますが、改造の技術レベルはかなり高いです。と言うのは、チップコンデンサー撤去2箇所、パターンカット2箇所、レジスト剥がし4箇所、チップCR半田4点、TCXO半田、グランド、VCCと、かなりのウエイトです。
今回の作業中にチップコンデンサー1000PFをピンセットでつまんで飛ばしてしまいました・・・それも2つとも・・・在庫があったので良かったのですが、やってしまいました。さすがに1005のチップは小さいですねぇ
(チップ部品1005サイズとは、1㎜×0.5㎜の大きさです。SMDとは、表面実装部品の意味です。)

実際に搭載して感じたことですが、水晶振動子の交換とは訳が違います。R820Tのピンに直接半田よりは楽ですが、かなり苦労しました。今回の作業でチップの半田を極力避けたい自分としては、0Ωのチップでグランドに落とす部分を飛ばして、水晶振動子用のスルーホール部分を利用しグランドの一部とジャンパー線で繋ぐことで 2箇所のグランドを取ることが出来ました。画像の右下の斜めに走ってるのがジャンパー線です。
その他は、OSQZSSさんの指示通りですが、電源のラインはTT@北海道さんのポリウレタン線でチップへ接続する方法を参考にさせていただきました。(TT@北海道さんに感謝)
一番苦労したのが、電源のチップコンデンサーです。グランドベタのおかげで半田の流れが悪く難儀しました。TCXO側のパッドから付ければ良かったのですが、TCXOを先に半田してしまったのが失敗でした。無事搭載出来たので一安心です。実際の作業時間は、約3時間・・・久々に疲れました・・・
この改造で、裸眼で作業は無理でした・・・メガネ型のルーペ×20倍を使用しました。このルーペはLEDライトが付いているのですが、あえてLEDを日亜化学の白LEDに交換し、LEDに拡散キャップ白を被せて使用しました。ノーマルのLEDですと青白い光のため大変見にくいためです。単眼なので遠近感がとれないのが難点・・・
本来は、実体顕微鏡が一番良いのですが、個人で持ってる人少ないですもんね・・・
両手がふさがらない便利な拡大鏡◇20倍 眼鏡式ヘッドルーペ
苦労して完成したチューナーでいつもの東京コントロール123.775MHzを受信してみました。見ての通り、ばっちりセンターに来ています。すばらしい結果です。何時間受信しても周波数は変動しません!
早速今晩HFDLで試してみたいと思います。OSQZSSさんありがとうございました。
775MHz
2013/10/27 HFDLで検証
この画像は、早朝の21MHzです。実は、昨日から受信したままです。しかし、周波数の変動は全くありません!予想はしておりましたが、すばらしい結果です。従来のチューナーで受信すると放熱をしっかりやれば数時間は変動なしで受信可能ですが、常に周波数のズレ(Error)を見ている必要があるため夜間などに受信したままにすることが出来ませんでした。今回の改造で、周波数が安定してくれたことで全てが解決しました。自分の環境では、+1PPMで作動中です。予想以上の効果がありました。ただ、OSQZSSさんより再配布の予定なしとのメッセージをいただきました。残念ですが、今のところ入手する方法がありません・・・搭載方法も含め配布できるか検討してまいりたいと思います。
注意:HFコンバーターを使用した場合は、HFコンバーターの周波数のズレも多少ありますので、TCXO搭載でも2PPM以上ズレる可能性もあります。あくまでチューナー単体での精度です。チューナーの個体差で2PPM以上ズレが生じる場合も考えられますが、周波数が安定することで全てが解決します。
131027 TCXO

 

TV28T v2 DVB-T USB Stick (R820T)用日本製水晶振動子HC-49/US 28.8MHz販売開始されました。

TV28T v2 DVB-T USB Stick (R820T)用日本製水晶振動子HC-49/US 28.8MHz販売開始されました。
水晶振動子交換済のチューナーもあります。
Xtal交換チューナー

 HC-49/US 28.8MHz8MHz
受信周波数のズレを修正
受信周波数の安定に効果があります。
交換方法は、TV28Tv2DVB-T(R820T)国産水晶振動子( Xtal MADE IN JAPAN)交換のススメ を参照ください!周波数のズレは個体差、使用温度、使用経過時間、発熱等により若干の差が出ますが、オリジナルの水晶振動子に比べ大幅な改善が見込めます。(VHF航空無線電波法令上での周波数偏差は、30PPM以下です。)
 
注意:2013/11/27現在
アロー電子様製造の水晶振動子の類似品が販売されています。ご注意ください!
アロー電子様製造品は、(有)シャフトコーポレーション様のカスタムオーダー品のため他社より販売されることはありませんので、ご購入の際は十分注意願います。
アロー電子様製造品は、Amazonのみの販売で下記が明記されていれば問題ありません!
この商品は、有限会社シャフトコーポレーションが販売し、Amazon.co.jp が発送します。】 
現在販売中のリンクです。このリンクからであれば問題はありません!
水晶振動子2個セット【1180円】従来販売パッケージ
水晶振動子単品1個【650円】新パッケージ品掲載
Amazonトップページの検索結果商品は、類似品も表示されることがあります。
販売元の確認を忘れずにお願いします。
 

TV28Tv2DVB-T(R820T)の周波数を微調整する方法を中村さんがブログに掲載されました。

TV28Tv2DVB-T(R820T)の周波数のズレについてはご存じの通りかなりズレが生じます・・・
TV28Tv2DVB-T(R820T)国産水晶振動子( Xtal MADE IN JAPAN)交換のススメ 周波数のズレ大幅に改善!
でかなり改善はしたものの若干のズレはあります。
これを、コンデンサーの追加で改善する記事を中村さんがUPしていますので、参考にされてはいかがでしょうか?
http://kaiyanotako.blogspot.jp/2013/06/r820t-288mhz.htmlを参照ください!
この周波数のズレは、TV28Tv2DVB-T(R820T)特有のもので、EzCAP668には、周波数微調整用のコンデンサーが搭載されています。が、それなりにズレはあります。
EzCAP 水晶振動子微調整コンデンサー
 
最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ