KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

RTL

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

ISS SSTVボーナスイベント終了

2週連続のISS SSTVのイベントいかがだったでしょうか?2週間で何とか12枚そろいました。ノイズは、ご愛敬と言うことで!やはりアンテナを改善する必要がありますね!八木アンテナ設置は残念ながら無理なので、完全無指向性のQFHアンテナを何とか次回のSSTVに真なわせたいと思います。
さて、今回のISS SSTVの渾身の一枚は、これです。
2月17日 13:45(JST)
2019-02-17_13.45.08
2週間で集めた12枚です。2/12と4/12の受信状態が厳しかった・・・
ISS-SSTV 190209-18

SDR#(Sharp)v1.0.0.1073 大幅にバージョンアップ、ダイレクトに周波数変更可能

SDR#(Sharp)v1.0.0.1073 大幅にバージョンアップ、ダイレクトに周波数変更可能になりました。
周波数表示の位置が変更になり、各数値をマウスでダイレクトに変更できます。
ちなみに右クリックするとクリックした数値以下がOになります。便利!
ただし、周波数ステップが効きません・・・以前のバージョンは、キーボードの▲▼でステップ変更出来ましたが、今回は全く受け付けません・・・
バグかもしれないです。
適当に使えばわかります。
数字に赤と青の色が付きます。赤はUP 青はDOWNです。
その他は変更無い模様です。
自分としては、縮小が出来なくなったのが難点かなぁ・・・と思います。ウインドウを最小にしてディスプレイの端に置いておいたのですが、周波数の表示より小さく出来ません、これは残念!v1.0.0.1066あたりを使います・・・
お試しくださいませ
SDR# 1073

ADSB#(Sharp)RTL AGC ONのススメ!

ADSB#(Sharp)をほぼデフォルトで使用していました。何の疑問もなくRTL AGCをONにしていませんでした。
と言うのも、120MHzを受信していてRTL AGCを入れるとノイズレベルが上がりすぎて聞き取れなくなってしまうからです。
ADS-Bの周波数1.09GHzを実際にSDR#で受信してみると、さほどノイズレベルが高い訳でもなくRTL AGCを入れても問題はありませんでした。
そこで、ポチッとRTL AGCをONにしてみると・・・
あれれれ・・・!Frames/secの数値が2倍になっています。下の画像がRTL AGC OFF 次ががRTL AGC ONです。
ADSB#はv1.0.2.0を使用しています。
ADSB# RTL AGC OFF
ADSB# RTL AGC ON

実際に受信してみると、おやおや、プロット数が増えています。距離も伸びているなぁ!
ただ、アンテナが付属のホイップアンテナなので、ゲインは低いです。チューナーはR820Tを使用しました。
高感度のアンテナの場合は、逆に悪くなる可能性がありますので、ON OFFを繰り返して、良くデコードする組み合わせを見つけてください!
AGC入れればいいってものでもないですから、ご自分の環境に合った設定を見つけましょう。
この時間帯にしては、良く拾ってくれましたよ!
お試しくださいませ!
ADSB 121217

LT-DT309SV(FC0013)ドングルの情報を中村さんよりコメントで情報いただきました。基板画像掲載!

LT-DT309SV(FC0013)ドングルの情報を中村さんよりいただきました。
中村さんのご承諾により画像掲載させていただきました。(中村さんありがとうございます)
また、E4000、FC0012よりも高感度?かもとの情報です。気になります。
メジャーなネットショップでは、売り切れていますねぇ・・・1台手配してみたいと思います。
さて、基板の色から判断するとEzTV645と同じ系統の基板ですね!
ただ、EzTV645からかなり改良されているように思えます。チップの搭載が両面です。
コネクターも違います。残念なのは、やはりといいますか保護ダイオードが搭載されていませんね・・・
FC0013表
裏面を見るとTV1002の文字と2次元バーコードのシール!
かなり改良されているかもしれません?
ちなみに2次元バーコード読んでみたらロットNo.らしき数字のみ表示されました・・・
FC0013裏
チューナーは、FC0013です。中村さんの記事から22~1100MHzの受信範囲ですので若干HFも受信できそうです。
R820Tと同じ様なSPECですからおもしろそうです。
中村さんのページにくわしい写真が掲載されています。
貴重な情報ありがとうございました。

SDR#(sharp)の便利技、周波数ステップでアップダウンする方法!

SDR#(Sharp)で周波数を変更する場合、基本的にはマウスを使用しますが、非常に操作性が悪いですよね!
SDR#に周波数ステップの切り替えが付いているのですが、いまいち使えませんでした。
適当に操作していたら操作方法がわかりましたので説明いたします。
もうご存知の方は、読み飛ばしてくださいね
下の画像を使用して説明します。
この画像は、地域振興無線です。UHF 367MHzになります。
この無線は12.5KHzステップで、仮に図の周波数を受信していて右の周波数に移動する場合マウスでカーソールを移動するのですが、もたもたしていると通信が終わってしまします。と思ってマウスのスクロールを使用してぐりぐりしても思った通りアップダウンしてくれませんでした。
それで判明したのが、スクロールのステップは、設定した周波数ステップの×5倍で変化すると言うことです。
ですから、マウスのスクロールでは、12.5KHzステップでアップダウンしません!ただ×5倍ですから62.5KHzステップで周波数を変化させることが出来ます。一気に周波数を換えるときに使用するわけです。
では、1CHごと(12.5KHz)にアップダウンさせる方法です。
図の番号の順に設定します。
①信号を受信します。これが基準になりますので、出来るだけセンターで受信しましょう。
②周波数ステップを設定します。この場合12.5KHzになりますが、アマチュア無線などは10KHz、20KHz 航空無線の場合50KHz、100KHz(最近123.775KHzなど25KHzステップの周波数もありますが一部です)
③Frequencyのボックス内をマウスでクリックして、カーソルを表示させます。
後は、③の状態を維持したままで、キーボードの『↑』『↓』で設定した周波数ステップでアップ、ダウンが出来ます。これは、現在表示中のスパン内で動きます。同時にCenterのボックス内をクリックして操作すればセンターの受信位置はそのままで、周波数全体が動いてくれます。
SDR#は、ソフトウエアー受信機ですからキーボードで使いやすくなっているようです。
どうしてもマウスのカーソールで周波数をアップダウンさせたくなりますから気がつきませんでした・・・
注意としては、一度マウスで別の操作をした場合は、必ずFrequencyのボックスをクリックすることを忘れないでください操作できなくなりますので・・・
Frequencyのボックス右端の▲▼をマウスでクリックしても1CHづつアップダウンしますが、操作し難いです。
これが使えると『PowerMate』に設定入力すれば操作性は格段にアップします。
お試しくださいませ
SDR# マウス

SDR#(Sharp)v1.0.0.725以降のRTLSDR導入方法②起動時のエラー対処方法

2013/10/08最新情報
SDRSharp(SDR#)の最新導入方法のまとめ!基本的な使用方法のまとめ!を参照ください!
SDR#(Sharp)v1.0.0.725以降のバージョンでのRTLSDR導入方法②です。
SDRSharp.exe.config 書き換えで起動時にエラーが出る場合の対処についてUPします。
(エラーについては、当ブログのヘビーユーザー、くぎちゃんさんのご指摘により修正させていただいております。くぎちゃんさんありがとうございます)
基本導入については、SDR#(Sharp)v1.0.0.725でのRTLSDR導入方法①を参照ください!

SDRSharp.exe.Configの書き換え方法を一部変更します。RTLSDR専用にしてしまいます。他の機種も使用したい場合は、使いたいPluginを残せば使えると思います。今回は、エラー回避のためRTLSDR専用としますのでご了承願います。
SDRSharp.exe.Configの編集方法もSDR#(Sharp)v1.0.0.725でのRTLSDR導入方法①を参照願います。

1,SDRSharp.exe.Configを開き下の方の行を見ると下記の様になります。

  <frontendPlugins>
    <add key="SoftRock / Si570" value="SDRSharp.SoftRock.SoftRockIO,SDRSharp.SoftRock" />
    <add key="FUNcube Dongle" value="SDRSharp.FUNcube.FunCubeIO,SDRSharp.FUNcube" />
    <add key="RTL-SDR / TCP" value="SDRSharp.RTLTCP.RtlTcpIO,SDRSharp.RTLTCP" />
    <add key="SDR-IQ" value="SDRSharp.SDRIQ.SdrIqIO,SDRSharp.SDRIQ" />
    <!--
    Due to some nomansland in the way SDR# interfaces to RTLSDR, I decided to drop this functionality.
    This move will preserve SDR#'s integrity and will allow further development away from License trolls.
    Is this the end of RTLSDR support? Of course no! You can always do something! Just ask ;-)
    -->
    <!-- <add key="RTL-SDR / USB" value="SDRSharp.RTLSDR.RtlSdrIO,SDRSharp.RTLSDR" /> -->
    <!--
    Not yet ready. This driver actually uses the original Realtek driver to stream baseband IQ data.
    -->
    <!-- <add key="RTL283X" value="SDRSharp.RTL283X.Rtl283xIO,SDRSharp.RTL283X" /> -->
  </frontendPlugins>

2,<frontendPlugins>と  <frontendPlugins>の間を全て削除します。

  <frontendPlugins>

  <frontendPlugins>

3,<frontendPlugins>と  <frontendPlugins>の間に
   <add key="RTL-SDR/RTL2832U" value="SDRSharp.RTLSDR.RtlSdrIO,SDRSharp.RTLSDR" />
を挿入(コピペしてください HPの文字の大きさによては、改行されて見えますが1行連続です。

  <frontendPlugins>
  <add key="RTL-SDR/RTL2832U" value="SDRSharp.RTLSDR.RtlSdrIO,SDRSharp.RTLSDR" />
  <frontendPlugins>

4,上書き保存で終了!SDR#がRTLSDR専用となります。Front enでRTL-SDR/RTL2832Uのみの選択となります。
FCD等も使用するのであれば、その行を残してください!
これで、エラーが出なくなると思います。お疲れさまでした。


最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
RTL-SDR対応VFOダイヤル搭載キット
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
SAWフィルター1090MHz/ADS-B受信用
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ