KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログPlus RTL-SDR

KGさんのソフトを使って航空無線の世界を満喫しましょう。
受信機、SDR(RTL-SDR)、アンテナ、CI-V、エアーバンド全般(ACARS,HFDL,ADS-B)などなど
航空無線に限らずマニアックな情報もお伝え出来ればと思っております。
ミリタリー(航空自衛隊)の情報も少しづつUPしています。
USBワンセグチューナーをSDR受信機化(RTL-SDR) する記事も満載です。

SDR#

KGさんのソフトを使ってデーター通信や無線を受信してみませんか?
KG-HFDLを使ってACARS、HFDLの受信をしましょう。
KG-ACARSとは違った世界が見えます。(KGさんのソフトで一部ライセンス販売が中止になってしまいましたが、フリーソフトは健在です。KGさんへの感謝の意味を込めまして本ブログのタイトルは継続とさせていただきます。KGさんの復活をお祈り致します。)受信機は、ICOMをメインで使用しています。SDR受信機も増殖中!IC-R1 IC-R2 IC-R3SS IC-R6(CI-V) IC-PCR1000 IC-R1500 IC-R2500 DE1103 SDR Soft66LC2 SDR CIAOradio H101 DJ-X11 RTL-SDR/RTL2832U E4000 R820T FC0012 FC0013 ΔLoop9,10 アンテナの製作、運用、各種無線の受信方法、BCL DRM SDR VDL ADS-Bなどなど、チューナーの改造、アンテナ製作、ケーブル等の製作も随時UPしたいと思います。(KG-ACARS -HFDL -APT -MCA HDSDR SDR# ADSB# SDRradio.comV2.0 v2.1 RTL1090 PlanePlotter adsbSCOPE Dream1.17)
過去ブログ記事のインデックスを作成しました。下記のリンクをご活用ください
KG-ACARS HFDL VDL MCAに感謝 受信方法 受信記録のブログのインデックス
USBワンセグチューナーをSDR化する方法は次のリンクを参照してください!
USBワンセグチューナーをSDR受信機化するためのドライバー簡単インストール
質問その他のコメントは、タイトルをクリックして再表示するとページの最後に記入欄が表示されますのでお気軽にどうぞ!右サイドのコメント欄からも投稿出来ます
カスタム品、オリジナル品、改造パーツも取り扱い中!ご利用お待ちしております。

Best Buy
RTL-SDR関連商品一覧へGo!

RTL-SDR(SDR#)動作不安定の対処方法

*RTL-SDRの動作が不安定な場合の対処方法です。
特にSDR#の動作が不安定な場合ランタイムのインストールで解決する場合があります。
Microsoft Visual C++ 2010 SP1をダウンロードしインストールします。
 32bitPC用→リンク先
 64bitPC用→リンク先
Microsoft .NET Framework 4.6をダウンロードしインストールします。
 32bit 64bitPC共通→リンク先

SDR#(SDRSharp)PLUGIN MANAGER/導入後の便利機能

SDR#(SDRSharp)PLUGIN MANAGERで、プラグインを簡単にインストールできるようになったと思いますが、PLUGIN MANAGERをインストールすると、大御所のプラグインを超簡単にインストールできるようにもなります。

はじめにPLUGIN MANAGERをインストールしたSDR#(SDRSharp)のフォルダーを開きます。
RTL-SDR_Repository.xmlを切り取ります。
Plugin Repositoriesフォルダーに移動します。
これで準備完了です。SDR#(SDRSharp)を起動してください

▽Plugin Manager Suite⇒Plugin Editor⇒Tools⇒Repository Browser...
①
Open Repository... ⇒RTL-SDR_Repository.xmlを選択⇒開く
②
Repository Browserに一覧が表示されます。
インストールしたいプラグインにチェックを入れます。(複数選択可)⇒Install
③
OK
④
はい
⑤
はい(SDR#が再起動します)
⑥
プラグインが追加されていれば完了です。
⑦
大御所のプラグインを簡単にインストールできるようになりました。
便利ですね~





SDR#(SDRSharp)PLUGIN MANAGER/プラグインを簡単にインストールできます。

毎度お馴染みのRTL-SDR.COMのアナウンスで、SDR#(SDRSharp)PLUGIN MANAGER公開とのことです。SDR#(SDRSharp)は、PLUGINでいろいろなことができます。これが楽しいのですが、PLUGINのセットアップがちと面倒・・・初期のSDR#(SDRSharp)用にPLUGINのインストーラーを有志がUPしましたが、現在のSDR#(SDRSharp)には、未対応となっていました。今回のPLUGIN MANAGERは、圧縮ファイル(zipファイル)を解凍してインストールまでを行ってくれるので非常に便利です。

SDR#(SDRSharp)PLUGIN MANAGERは、使用するSDR#(SDRSharp)にインストールする必要がありますので、複数のSDR#(SDRSharp)をお使いの場合は、都度インストールする必要があります。

早速SDR#(SDRSharp)PLUGIN MANAGERの導入から説明したいと思います。
注意:SDR#(SDRSharp)は、最新版を使用してください!
SDR#(SDRSharp)は、動作するものとして進めます。

RTL-SDR.COMの記事は、こちらです。
NEW SDR# PLUGIN MANAGER AND COLORIZER AVAILABLE

SDR#(SDRSharp)PLUGIN MANAGERのダウンロードは、こちらからです。
https://SDRPlugins.com/downloads
downloadをクリックしてダウンロードします。
プラグインマネージャー
zipファイルがDownloadフォルダーにダウンロードされています。
じっぷ

1cd25jse5_923611.zipを解凍します。
じっぷ解凍

1cd25jse5_923611フォルダーを開きます。
じっぷ解凍フォルダー

Plugin Manager Suite Ver 1.0.1666.0フォルダーを開きます。
(バージョンは、都度変更になりますが基本的に同じです)
ファイル内容

PLUGIN MANAGERをインストールするSDR#(SDRSharp)のフォルダーに次の3つのファイルをコピーし貼り付けます。
ファイル内容2

PLUGIN MANAGERをインストールするSDR#(SDRSharp)のフォルダー内からPlugins.xmlをメモ帳などで開き、txtにPlugin Manager Suite Ver 1.0.1666.0内のMagicLine.txtに記載の1行を追加し上書き保存します。赤枠の部分です。
テキスト

これでSDR#(SDRSharp)PLUGIN MANAGERを使用する準備が整いました。Spectrum Colorizerをインストールしてみます。https://SDRPlugins.com/downloadsからSpectrum Colorizerをダウンロードします。zipファイルのまま先ほどのSDR#(SDRSharp)のフォルダーに移動します。SDR#(SDRSharp)を起動しましょう。①~⑩の流れで進めます。最後にSDR#(SDRSharp)を再起動します。

▽Plugin Manager Suite→Plugin Editorを押します。インストールするzipファイルを選択します。開く(デフォルトでZipped Plugins(*.zip)▼)
インストーラー①
-1解凍済みのフォルダーまたは非圧縮でダウンロードしたフォルダーからdllをインストールする場合は、Zipped Plugins(*.zip)▼⇒Plugin Files(*.dll)▼に変更しフォルダーからPluginを選択し開くで進みます。
インストーラー
OKで進みます。
インストーラー②
インストールするPLUGIN名が反転して表示されます。
インストーラー③
ファイル→保存を忘れずに!
インストーラー④
OKで完了です。
インストーラー⑤
SDR#(SDRSharp)を再起動するとPLUGINにSpectrum Colorizerが追加されています。
インストーラー⑥
*ちなみにプラグインをアンインストールする場合は、▽Plugin Manager Suite→Plugin Editor→不要なプラグインをリストで選択しです。あとは、指示に従えばアンインストールできます。

zipファイルからそのまま一気にインストールできるのは嬉しい限りです。
いろいろなプラグインをインストールしてカスタマイズしてお楽しみください
RTL-SDR.COMには、SDR#(SDRSharp)のプラグインリストがあります。新旧入り乱れていますので、使えないものも多々ありますのでご注意ください!
https://www.rtl-sdr.com/sdrsharp-plugins/

参考記事

SDRSharp(SDR#)のpluginがおもしろい





SDRSharp(SDR#)のpluginがおもしろい

SDRSharp(SDR#)のpluginがおもしろいです。新しいpluginがどんどん登場していますね!
早速、便利なpluginを紹介します。
導入方法、使用方法は、割愛させていただきます。
SDR#のバージョンによって動作しない場合もあります。今回紹介するpluginは、SDR# v1660で動作確認をしております。

Tuner Knob Plugin
見ての通り、SDR#にチューニングノブ(ダイヤル)をつけたものです。受信機!って感じになります。Remotにチェックを入れると小窓にチューニングノブ(ダイヤル)が現れます。Remotの場合のチューニングステップ変更は、チューニングノブをダブルクリックして変更します。
チューニングノブは、マウスクリックでまわします。マウスのスクロールダイヤルでチューニングノブを回せるように変更できないものかと作者さまにリクエストしましたとこと次回のバージョンアップで機能を追加するとのことです。(RTL-SDR.COMで紹介されています)
本来は、タブレットPCなどで指で回すことが前提なので、マウスの場合気分ってことになります。
Tuner Knob Plugin

Toolbar-plugin
SDR#の周波数表示の横に主に使用するpluginなどを表示することができます。
表示内容は、次の通りです。(本家のページより転載)
- Detector Controls
- FFT Window Controls
- Direct Frequency Entry
- Frequency Stepper
- SNR Level Meter
- Squelch Controls
- Analog / Digital Mode Switch
- Screen Grabber Controls
RTL-SDR.COMより借用しました。
toolbar-plugin-2
SNR Level Meter
toolbar-plugin
Detector Controls(全画面表示の場合に便利です)
toolbar-plugin-3

Frequency ManagerRTL-SDR.RU
Frequency Managerは、SDR#に搭載されていますが、スペクトルウインドウに表示されるメモリーネームが縦書きになってしまいます。このpluginを使用するとメモリーネーム表示が横書きになり見やすくなります。メモリーチャンネルはスキャンも可能です。超便利です!
ちなみに、オリジナルのFrequency Managerで作成したfrequencies.xmlは、変更なしに引き継げます。
Frequency Manager

auxvfoRTL-SDR.RU
Bandwidthの範囲内で、複数の周波数をモニターすることができます。
仮にAux VFO1/Aux VFO2のオーディオの出力先をL及びRに設定することで、左右のチャンネルで別々にモニターが可能です。この場合メインのボリュームは、ミュートにしましょう。USBオーディオなども使用すればVFOは無限に設定できます。
auxvfo

levelmeter
見ての通り、レベルメーターです。
やはり受信機にレベルメーターは必需品ですね!
levelmeter

Audio ProcessorRTL-SDR.RU
簡単にフィルターの設定ができます。
Audio Processor

その他、たくさんのpluginがあります。RTL-SDR.COMで紹介されていますので、ごらんください
https://www.rtl-sdr.com/sdrsharp-plugins/

SDR#(SDRSharp)/LevelMeter plugin v06リリース/SDR#r14**対応

SDR#(SDRSharp)/LevelMeter plugin v06リリースになりました。(2016/11/10にリリースFBのアナウンスより)
SDR#r13**で使用できていましたが、r14**で動作せず残念でした・・・しかし再登場です。感謝!
本家のページはこちらです。
LevelMeter
機能的に以前のものと同じだと思います。
導入方法は、こちらでRTL-SDR SDR#(Sharp)+LevelMeterPluginのセットアップ②Plugins.xmlの書き換え
↓SDR#r1488で動作しています。アナログメーターはいいですね~お試しを!
Sメーター


 

SDR#(SDRSharp)Rev1466/Band Plan plugin

前回SDR# Rev1466の紹介をさせていただきましたが、新規搭載されたBand Plan pluginがとても良くできているのであらためて紹介します。Band Plan pluginの使い方は簡単です。
SDR#1466-2
またBand Plan pluginをカスタマイズして使用してみました。Band Plan pluginは、アマチュア無線、中波放送、短波放送、航空無線などのバンドプランを表示するだけではなくバンドプラン内で使用するMode、Step Sizeを予め設定することができます。バンドプラン内で受信すればCW、SSB、AM、FMなどのModeや周波数ステップを都度変更することなく自動で変更してくれます。

・次の画像は7MHzのアマチュア無線です。オリジナルの設定からCWのプランを7.000~7.045MHzに変更し7.045~7.200MHzのStep Sizeを1KHzに変更しました。適当な位置にマウスを置いてホイールを回すとサクサク周波数を変更することができます。(第57回 ALL ASIAN DXコンテスト開催中のため賑やかです。海外の局が沢山出てますよ!)
SDR#1466-1
BandPlan.xmlを編集で開いての部分を変更しました。
<RangeEntry minFrequency="7000000" maxFrequency="7200000" mode="LSB" step="1000" color="green">40m Ham Band</RangeEntry>
<RangeEntry minFrequency="7000000" maxFrequency="7045000" mode="CW" step="10" color="50AAAAAA"/>

・中波放送バンド帯を9KHz Stepに変更しました。
バンドプラン内で受信するとModeがAM、Step sizeが9KHzに変更になります。これまたサクサクチューニングができます。便利ですね~
SDR#1466-3
BandPlan.xmlを編集で開いての部分を変更しました。
<RangeEntry minFrequency="526500" maxFrequency="1606500" mode="AM" step="9000" color="900000FF">Medium Wave</RangeEntry>

・Band Plan pluginの設定変更はBandPlan.xmlの書き換えのみですのでいろいろ試すと良いと思います。
日本語表示には対応していませんでした・・・残念!しかし色は変更できそうです。オリジナルで試してみるのもおもしろいかと思います。 

SDR#(SDRSharp)Rev1466のススメ!

SDR#(SDRSharp)の2016/09/01現在の最新版は、Rev1466です。
Rev1461から改良されています。アナウンスはRTL-SDR.COMです。
・特にうれしいのがCPUの使用率が低くなったことです。SDR#はデフォルトで使用するとどうしてもスペクトルが荒くSSBの信号がきれいに見えません・・・そこでFFT DisplayのResolutionのレートを高くすれば良いのですが、高くすると急激にスペクトルの動きが鈍くなります。CPUの使用率が高くなり処理が追いつかないのでしょう。今回の改良で212644までならばストレスなく表示してくれました。(PCのSPECに依存されますが・・・)
・次に新しいプラグインがBand Plan pluginです。Band PlanがFFTに表示されるようになりました。On/Offも可能です。これはおもしろいです。Band Planを修正するには、BandPlan.xmlを直接編集すれば良いでしょう。
SDR#1466
おすすめプラグイン
audioprocessor (フィルターを使用することで聞きやすい音質にセッティングできます)
freqmen (オリジナルのFrequencyManagerと違ってName表示が横に出るので邪魔になりません、またメモリーした周波数をスキャンすることができます。これは便利ですよ)
auxvfo (VFOを複数搭載できます。搭載数は無限・・・まぁStereo 2CHなのでVFO-1 VFO-2の2つで良いでしょう)

SDR# rev 14** スペクトラムウインドウをPERSEUS風にしてみましょう。

SDR# rev 14** スペクトラムウインドウをPERSEUS風にしてみます。SDR# rev 13**では、直接configを書き換えましたが、ver 14**には選択項目が追加になっています。
(先日reiさんからこの件に関しましてコメントがありましたので詳細をUPしました)

SDR#を起動し左のFFT Displayを開くとSpecttrum Styleがあります。ここで選択するだけです。超簡単!
Spectrum Style
表示は、PERSEUS風以外に4種類変更可能です。(Static Gradient/オリジナルを入れて全部で6種類)気分に合わせて変更するのもありでしょう。
①Dots                            
Dots
②Simple Curve(PERSEUS風が一番見やすいかも?)
Simple Curve
③Solid Fill(単色)
Solid Fill
④Dynamic Gradient(この画像では判りにくいですがグラデーションになります)
Static Gradient
⑤Min Max
Min Max
・スペクトルの色を変えてみましょう。(
Simple Curveのみに適用します。)
SDR#フォルダー内のSDRSharp.exe.Configをマウスの右クリックで編集を選択します。
TXTの中から次の行を見つけてください!
<add key="spectrumAnalyzer.envelopeColor" value="FFFFFF" />
"FFFFFF"が色指定になります。ちなみにFFFFFFは白です。
ライムグリーン/00FF00
シルバー/c0c0c0
書き換えて上書き保存で完了です。これも気分を変えるのに有効です。お試しください!
・ライムグリーン
00ff00
・シルバー
c0c0c0
最新記事(画像付)
QRコード
QRコード
プロフィール

ゆうちゃんのパパ

記事検索
メッセージ

メッセージには、返信用のメールアドレスを忘れずに記載してください、よろしくお願いします。

名前
メール
本文
HF UP CONVERTER/回路自動切換リレー搭載型
HF UP CONVERTER (HFコンバーター)SC-HFCONV-100専用収納アルミケースキット/SC-HFCONV-CSS
RTL-SDR対応HF UP CONVERTER (HFコンバーター0~30MHz受信用)SC-HFCONV-100[部品実装済、完成、完動品]
A3 ADS-B アンテナ(1090MHz)/flightradar24推奨
受信専用・アンテナ分配/混合器(Splitter/Combiner)
R820T2 & SDR/TV28Tv2DVB-T/DVB-T-FM+DAB Tuner Cooling Fan Bracket/冷却ファン-ブラケット)
RTL-SDR対応VFOダイヤル搭載キット
RTL-SDR.COMチューナー[アルミダイキャストケース][SAM-P]
R820T2 & SDR+TCXO(0.5PPM)
R820T2 & SDR [RTL2832U+R820T2][DVB-T+FM+DAB][High quality USB-CN][Xtal±10PPM]
最新コメント
Mail order agency to overseas
超小型ガルバニック・アイソレーター
SAWフィルター1090MHz/ADS-B受信用
LNA 40KHz~1.8GHz/30~22dB[ローノイズプリアンプ]
ダイレクトサンプリング用ローパスフィルター(0~14MHz)
MCX-P/SMA-P変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][コンバーターとの接続に最適]
SMD X-tal 28.8MHz 常温/温特±10PPM以下品
RTL-SDR R820T2 & SDR【High quality USB-CN】
SMA-P/SMA-P中継ケーブル[RG174][300mm][RTL-SDR.COM+HF UP CONVERTER対応]
MCX-P/BNC-J変換ケーブルVer2[RG174][300㎜][RTL-SDR対応][TV28Tv2DVB-T(R820T) DS-DT*** LT-DT***その他に対応]
MCX-P/SMA-J変換ケーブル[RG174][300㎜][RTL-SDR対応]
TV28Tv2DVB-T(R820T)[DVB-T+DAB+FM]チューナー専用放熱プレート+小型ヒートシンク搭載キット
RTL-SDR対応 ADS-B 1090MHz受信用簡易マグネットアンテナVerⅡ
Remote Control for CI-V対応CI-V/AUDIO分岐ケーブル
風向
  • ライブドアブログ