2009年12月07日

本当の音

ふと付けっぱなしだったことに気付いてiTunesとオーディオソフトのイコライザを切ってみました。原音で聴くことこそが製作者の意図の通りに聴くことだろうが、と誰かに言われてからはiTunesの方はオフにしていたものの、ソフトの方はすっかり忘れていました。

抜けの良い音が好きで慣れ過ぎて、こうしてリセットされた状態を聴いてみると凄まじい違和感を感じつつも、元々はこんな音だったのかと気付かされます。それにしてもナンバーガールはやはりボーカルが篭っている。まぁそれでもスピーカー自体の個体差でまた変わってくるのでしょうが。
ギターの方も抜けのいい音が好きなので所有するエピフォンのレスポールにはイコライザーが欲しいところであります。

人間の耳にも望まずにエフェクターが繋がっているのです。脳はマルチエフェクターといったところでしょうか。僕の耳にはファズがかましてあったり長めのディレイがかけてあったりで、頭に届くときにはもう本当の音がどんなだったかはわからなくなっています。フュージョンのようなクリーントーンで聴こえれば一番いいと思います。

bho_band at 00:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2009年11月12日

なんともいえないわびしい気持ち

ヘッドフォンが壊れました。エフェクターのACアダプターと分岐の両方も壊れました。あまり物を大切にしないのがよくないのでしょう。どう考えてもコードを引っ張って取り出すからに違いない。そのうち百鬼夜行になぶり殺されたらどうしようと思うと夜寝る時間が少し減ります。

ヘッドフォンとかどうせ断線だろうとたかをくくって分解してみたら案の定断線してました。しかし半田もコテもないのでどうしようもないです。新しいの買うしかないかなー。取り急ぎ付属のイヤホンを使ってますが、これも違和感を感じずにはいられません。しかもあの不快な他人のシャカシャカ音を自分が発していると思うと自分さえも不快になります。


足りないのはわかっているけど、何が足りてないのかわからないこととわかっていても不足を補いようのないことの二つに苛まれています。自分は自分にしかなれないというのも前々からわかっていたけれど、それがまた頭の中を蝕んできます。

bho_band at 01:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0) タケウチ 

2009年10月20日

勇気はあるか?

最近はあまり呑んでいません。などと書くとアル中治療の真っ最中などと思われそうですが、九月までは休みだったのと最近では周りが学園祭の準備に追われているからなのでしょう。それに最近はキンキンに冷やしたビールが一日の疲れを癒すような季節ではないからかもしれません。それでも飲みますけど、ビール。

自転車に乗ったときの風の冷たさや黄色を帯びた銀杏の落ち葉、その実の臭いを感じると、気付いたらもう秋で、そして程なくして冬がやってくるのだと思わずにはいられません。汗をかかない季節なら大抵は好きですが、雪国で生まれ育ち寒さに人並み以上の耐性はあるものの寒いのもあまり好きではありません。冬場の東京は雨も雪もあまり降らないので暮らしやすいです。

そんな冬に備えて冬に着るための服を買ってきました。タクシードライバーでデニーロが着てたようなオリーブ色のジャケットです。
ちょっとでもいいものを着れば少しでも自分に自信が持てるのではないかと思っていいものを買いました。実際気に入っているものや新しいものを買うと着て外に出たくなるものです。自然と背筋も伸びるような気がします。

素直で前向きな人になりたいです。想像できることが全て現実だとしたらきっとなれるはずです。

リハも11月から再開します。やるったらやる。

bho_band at 02:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) タケウチ 

2009年09月18日

八方塞り

月の半ばまでは元気な方です。お金があるうちは、ということとも言えます。

ありがたいことに、八月中の給与はフェンダーMEXのギターなら一括で買えるぐらいでした。所得税で控除されたのは初めてです。平日に十二時間近く働いたりしていましたが、休日のそれに比べたら比べようもないくらいに楽ちんで、休日返上で金銭を稼ぐのがバカみたいに思えるぐらいでした。


大学生という身分柄、未だ夏休みを謳歌中ですが、長過ぎるのも考えものというか、長かったら長かったで中だるみのシーズンが訪れます。なまじっか自分なんてのは出不精で、そのくせ家にずっといると息も詰まって呼吸困難寸前がざらなんていう自分でも扱い辛い自分だったりするのです。そんなときは犬の散歩にでも行くのが一番手頃ってものです。行かないよりましで、ちょっとは運動するもんだからリフレッシュしないことはないでしょう。自宅のフローリングで寝転がって愛犬に舐められるのと、公園の青々と茂った芝生の上とではまた違った趣きがあるものです。

そんなわけで最近まではなんで生きてるかわからず、youtubeやVeohを眺め回すだけの生活を送っていたわけですが、少しは改善してみようと思います。そう思ったのもつい二時間ほど前ですが。しかもビールを飲んでから。実際死んだように生きるのなら、ビールを飲み続けてでも活き活きと生きたほうがいいんじゃないでしょうか。正直ビールでも飲まないとやってられません。なんてよわっちい奴なんでしょうか。自分でも自分以外でこんな奴がいたらいけ好かないレベルになることは間違いないんでしょうが、辛いことや苦しいことなんていかんせん相対化はできないと思います。

映画を見続けます。


bho_band at 03:13|PermalinkComments(0)TrackBack(0) タケウチ 

2009年09月10日

ナツノヒカリ

さぁ9月です。月の初めだけは活動的になります。
菊地君にブログを更新しろと言われました。継続は力なり、ではなくどうしようもなく暇なときに読んでくれているそうです。確認が取れているだけでも二人ぐらいは読んでいるようです。たとえこんな程度の低い日記でさえも。

夏休みを折り返しましたが、八月中は色々とありました。
遊びに行った先の海で野良犬に噛まれかけたり(近々死ぬことがあったらきっと狂犬病でしょう)、海で波に抗わず転げまわったり、手で持ってはいけない花火をあまつさえ口に咥えて発射したり、まぁヨゴレ芸人みたいなことばかりしていました。そりゃあTシャツにも穴が開くわけです。

あとは色々あった挙句にふられました。フラレマシタFURAREMASHITA
夏の始まりに自分のことを気に入ってくれてる子がいるという話を聞いて、これまたいろいろあった挙句に花火を見に行ったりデートに行ったりと、まぁ悪い気はしないし感触もいい感じで。

その流れで告白したらダメでした。なんでも前から好きな人がいて、その人には他に好きな人がいるから諦めようとしたけどやっぱり諦めきれないのでごめんなさい、ということらしいです。妥協を許さない彼女の姿勢は素晴らしいと思います。

実は彼女は裏でこんなことを言っていたとか、色々聞いたり聞かなかったりしたわけですが、当の自分はといえば本人の口から出たことしか信用する他ないし、何故ダメだったかとかではなく断られた事実を受け止めるしかないのです。

まぁ自分でも意外なほど大丈夫でした。面と向かって振られたのって久しぶりです。
ぐちぐちと引き摺るようなことを言うのはこれで終わりにしたいところです。もしまた思い出して落ち込むようなら友達に言うかも知れませんが。今回のことで色々な人に迷惑をかけたけど、友達みんなが優しかったのがなにより嬉しかったです。

bho_band at 00:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0) タケウチ