2017年04月15日

「世界の笑顔のために」プログラム~1~

 こんにちは。クズザンポラー。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

長く更新が滞っていたため、先日から再開をして書き始めてみましたが、どんな調子でどの内容から書いていけばいいかな・・・と迷いながらブログを書いていますが、やはり今まで通り一つ一つ、その日に心に浮かぶことをお伝えしていきたいと思います。

今回ご紹介したいのは、JICA(海外青年協力隊)が行っている「世界の笑顔のために」プログラムで、誰でも途上国の人々のために、日本にいながらボランティアができます。家に眠っている、現在は不要になってしまった道具等を海外で使ってもらうことができます。このことを書きたいのですが、その前に、なぜこのプログラムをやりたいかと思った私のお話を・・・


私は昨年の夏に転勤をし、その後、いったん日本に戻ってきているのですが、その間にやらなければいけないことがありました。それは「実家を取り壊す」という作業です。

福島県双葉郡にある私の実家は、2011年3月の大震災発生後に津波の被害は受けなかったものの、今月に避難指示区域が解除をされるまでの約6年間は、実家へ戻り暮らすことができず、地震で被害を受けたことに加え住人が不在の家、さらに人が住んでいない町は鳥獣被害も増え、家は荒れていきました。

建物自体は全壊ではなく半壊であったため、修繕をすれば住むことができます。しかし、私たちは修繕をせずに家を解体する、という決断をしました。

同じような状況にあったとしても各家庭それぞれ住環境や家族構成、職業や年齢により、何を決断をし、どんな未来を描くのかは異なりますし、何が最適な判断なのかは何年後かに振り返ってみて思うことがあるかどうかなのかもしれません。もしかしたら、直感だとしても先に「こうする」と自分で決めたことで、その決断が後々に最適なものになっていくのかもしれません。

家を解体する経験は、人生においてそんなに何度も体験するわけでもないし、自然災害後に放射線量の関係などもあって、家主が予想をしていなかったタイミングで家を解体することの辛さを知りました。

image (2)

私がブータンで過ごした日々とほぼ同じ日数、この家は住人が不在であったことの重さも感じました。

image (5)

家屋の解体作業が始まる前に実家を訪れることができず、ブータンから帰国後に「もう取り壊されているかもしれない」とダメでもともと思いながら訪れてみると、解体途中のお家がありました。

image (1)

私は自分がブータンにいたこともあり、実家に残してきた物のほとんどを避難先に運ばずに残していました。避難先の仮設住宅にはスペースも限られ、結露が多くカビやすく、親に負担をかけるのも申し訳ないと思っていたからです。そして解体当日、私自身が家族との連絡不足だったこともあり、荷物は持ち出すことなく家族に処理をしてもらいました。

image (3)

物は運び出さなくても、どうしてもお家を壊す前に一度、家に行きたかったのです。変な表現かもしれませんが、お家に今までありがとう、と言いたかったのです。車を運転してくれた同級生の友人が、私の部屋で「あ!!これ懐かしい」と見つけてくれたのは、

BlogPaint

バスケットボールでした。先輩が引退をするときに、後輩の私にメッセージを書いて渡してくれたものです。

それを手にして、あぁ、間に合ってよかったな、と思いました。

どれもこれも思い出があって大切なものだけれど、物よりも「それに込められた想い」がもっと大事で、物(バスケットボール)はその想いを思い出すきっかけとして、長年とっておきたかったものなんだな、と。

養老孟司氏の本に「自分の身についたものだけが財産…(略)墓に持っていけるものだけが自分の財産なのです」と著されていたのを思い出しました。





そして、ブータンのこと思い出します。そうだ、ブータン人はお墓も作らない(詳しくはブータンのお葬式3)。その潔さは養老さんの言葉と同じ。

そう思うと、解体工事の現場を目にすることで、ひとつの節目をきちんと終えられたような気持になりました。

続きます。

~本日は、熊本・大分の大地震から一年経つ忘れてはいけない日でしたね。まだまだ元の生活に戻れない方たちもいらっしゃると思いますが、笑顔が見れる機会が増えるように願っています~ 


:僕も新しいお家に引っ越したもんね
image (6)



人気ブログランキングへ
参加中です。ぽちっと応援していただけたら嬉しいです。タシデレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
bhutan_diary at 00:40|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2017年04月12日

2017年のパロ・ツェチュ祭

 こんにちは。クズザンポラー。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

今日は、昨日に最終日を迎えたパロ・ツェチュ祭りの様子が、ブータンの友人から届いたので、そのおまけの写真をお届けします

祭最終日の5日目、この日は早朝の大タンカ(トンドル)の御開帳のほか、お昼前に行われるプログラムであるグル・リンポチェの八変化『グルツェンゲー』もご利益のある仮面舞踊です。

09 (2)

これは↑躍動感のある踊り、ギン・タン・ツォリンかな?

ギンと呼ばれる恐い顔をした仮面をかぶり、頭には旗を掲げ、虎皮のパンツを身に纏った勇者に、手に持った太鼓のばちで頭をたたいてもらうと、体の中にある悪いものが浄化されるといわれています。太鼓のバチは智慧の象徴でもあるそうです。

過去にこんな写真をご紹介したのですが↓ ギンの姿は、

3 (11)

こんな感じで、

3 (8)

老若男女問わず、みんなギンに頭を叩いてもらいたくて、頭を下げています。私はこの姿を見ると、日本のお正月に獅子舞に噛んでもらう様子を思い出します。

ギン同志も並んでいると、

3 (12)

ポカスカ  ポカスカ

しているようで、なんだか可愛らしいんです。恐い顔の仮面ですが、こわくない。子供のころに見たら、トラ柄のパンツだし、きっと泣いていたかもしれませんが、大人になってからこのシーンに出会うと、本当に勇者に勇気をもらえるような気持になります。

ちなみに、叩くとってもポンっと頭の上に置かれる感じで、痛くはないですよ~~

→詳しい過去記事はこちら


続いては、早朝の大タンカ(トンドル)の御開帳の写真。

09 (4)

早朝4時前から静かに厳かに掲げられます。ブータンでは、建物の屋根裏から下から上に向かって引っ張り上げます。

09 (3)

朝7時ころになると夜が明け、明るくなり始めますね。よ~く2つの」こう言っては怒られてしまいますが、イヤリングのようにグル・リンポチェの耳元に布が掲げられています。

祭りといえば、着道楽ブータン人の一年に一度の大舞台。

image

みんなここぞとばかりお洒落をする姿、見ていて晴れやかな気持ちになります。

09 (1)

ヒマラヤの青空に仮面舞踊も映えますね。

パロ・ツェチュ祭が終わると、パロ谷に春がやってきます。農家にとっては準備が忙しくなり、豊作とみんなの健康・平安を祈り、田んぼへと出かけていきます。

日本も桜が咲き、春らんまん、ブータンでも日本でも生命力あふれる美しい季節ですね



人気ブログランキングへ
参加中です。ぽちっと応援していただけたら嬉しいです。タシデレ



このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年04月11日

ご無沙汰しております。

 こんにちは。クズザンポラー。

みなさん、お元気でいらっしゃいますか。いかがお過ごしでしょうか。

あまりにも更新が滞っていたので、まず、何からお話していけばいいのかわかりませんが、最初に・・・

長い間、更新ができずにいたのですが、私のことを心配してくださったり、更新がなくてもここを訪れてくれたり、メッセージをくださったみなさま、本当にありがとうございます。私は元気で無事に過ごしています。

どんな形でお礼を伝えればいいのかわからないのですが、心から感謝しています。

楽しみにしていてくださった方がいること、応援してくれる方がいることに勇気づけられ、更新ができなかったことにはお詫びの気持ちもいっぱいなのですが、世の中にはたくさんの情報があるなか、このブログもその中の一つにしか過ぎないのですが、見てくださる方がいることはとてもうれしいです。

更新が滞りながらも、どんな記事を書こうかな、と思うことも度々ありながら、今日まで経てしまったのですが、このブータンダイアリーを訪れる方に「どうしても見てほしいな」と思ったことがあります。

本日は、2017年のパロ・ツェチュ祭の最終日でした。実は、私は現時点では転勤をして、ブータンでは暮らしていないのですが、それでも毎年欠かさず訪れていたパロ・ツェチュ祭りの様子を、ブータンの友人達が伝えてくれたのです。

2017_Paro_3
(祭最終日の早朝に掲げる大タンカ・トンドル)

このお祭りのことは、数々書いてきましたが、何度でもお伝えしたいことであり、ブータンの人々の精神に触れることができる瞬間があります。毎年、5日間に渡って開催されるお祭りですが、祭の最終日の夜明けに流れる静謐さは何とも清らかで、静かであるけれど人々の篤い気持ちに触れることができます。

トンドルとは、「見るだけで解脱ができる」という意味がある、尊いもの。

どんな爵位をもっていようが、どんな職業であろうが、お金持ちであろうが、老若男女問わず、字が読めなくても、経典の内容を知らなくても、このトンドルを見ることで解脱ができるとされます。「解脱」と言ってしまうと難しいですが、私自身は「我が身を振り返り、過ちを悔い改め、それを一度心に刻んだのであれば、日々、善き行いを精進せよ」のように捉えています。この瞬間を境に、身を清め、生まれ変わるような感覚です。

人々は同じ世界に生きていることを改めて実感するのです。

2017_Paro_1
(トンドルが御開帳され、夜明けと共に読経が始まる)

以前にも書いているので繰り返しになってしまいますが、私には忘れられないことがあります。

私は今までにトンドルを何度も見たことがありましたが、最も大きなインパクトを残したのは2011年3月19日にこのトンドルを見た時でした。東日本大震災の発生後、1週間も経っていなく、当時の私は直接的には被災をしなかったものの、多くの方の辛さや、やるせなさを想像するだけで、私自身がどう受け止めていいのかわからなくなりました。

その時に、このトンドルだけは今のあなたが見なければいけないよ、と連れて来てくれたのがブータン人でした。このトンドルを目にして、正面に対峙をした時、満月の光がひとすじ心に射したように感じました。

そして、今年の4月。
福島の私の育った町やその周辺の町の一部に、今までより広範囲にわたり避難指示区域が解除されました。

Etometho
(この時期はパロでもシャクナゲも咲き始める)

一人ひとりの状況や環境が異なるため、受け止め方は十人十色であり、それが当然ですが、どんな状況にあっても今、私たちはこの世界で生きているということ。

昨年は、熊本でも大地震があったり、自然災害が各地域で発生したり、世界的にも情勢が不安定であったり難民が増えたり、毎日の生活の中でつらい気持ちでいる人々もたくさんいます。

私は、このトンドルが御開帳される日は、毎年願うのです。この空間と自己の枠を超えて人々の平安を願うブータンの人々の祈りが、ヒマラヤから世界に向けて届いて欲しい。


今まで、このブログをどんな形で続けていくのかを考えていて、筆が渋っていた私ですが、今日はこのトンドルのことをみなさんに伝えたい、ご利益よ?届け~と思い、書くことができました。

本日は、読んでくださって、ありがとうございます

パロ・ツェチュ祭のカテゴリーはこちら

BlogPaint


:僕も元気ですよ~。実は、若いぴちぴちワンコと一緒に暮らし始めました??


人気ブログランキングへ
参加中です。ぽちっと応援していただけたら嬉しいです。タシデレ



このエントリーをはてなブックマークに追加