2018年02月04日

出張中ですが、、

 こんにちは。クズザンポラー。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。
なかなかブログが更新できず簡易更新になってしまいますが、私は元気です。ブータンにいる予定だったのですが、少し予定が変更になりまして、別の国に出張中です。

どこでしょうか〜。

1467681C-824F-4882-AF9D-33D2DBE12610

A8554B6A-1A7B-4F1D-9E99-74115F03604B

248DF514-6F74-48A1-803E-C49E9AC2EB9E


11A463F4-DE9F-4FB5-AF62-A6E46FF73805

日本より、ブータンより、暖かいところで寒い時期になんだか申し訳ない気持ちに?なるのですが、少しは寒さが安らぐと良いなぁと思っています。皆様もお体に気を付けて下さいね。

さて、どこの国にいて、いつブータンに戻れるかな。

19BC9932-0374-4AFF-8E02-76A1A6F45A60
 僕はブータンで新しいお友達2人と楽しくお昼寝中。




人気ブログランキングへ
参加中です。ぽちっと応援していただけたら嬉しいです。タシデレ


このエントリーをはてなブックマークに追加
bhutan_diary at 09:10|PermalinkComments(0)

2018年01月01日

2018年もよろしくお願いいたします

 こんにちは。クズザンポラー。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。みなさまはお正月はどのようにお過ごしですか?

新たな年を迎え、また気持ちも新たに自分がやるべきこと、やりたいことをひとつひとつ成し遂げていきたいなと思います。昨日も少し書きましたが、今回は私の都合につき、新年のご挨拶は差し控えさせていただいているのですが、今年は戌年ということでブータンのわんこ達の写真を見ていたら、、、ほんわか和みました

お正月も多忙な方、ゆっくり過ごせている方などみなさま様々だと思いますが、皆さんにもブータンのわんこ達の姿にほんわかしてもらいたいな、ということでご紹介します!

ブータンのカレンダーは、宗教的な行事ごとはブータン暦(太陰太陽暦)を使用しているため、来月2月ころになると新しいカレンダーに切り替わります。ブータンでも戌年、Dog Yearになります。昨年(2017年)は酉年でしたのでもし年賀状を作るなら、

1 (9)
この写真かな。

こちらは、パロにあるお寺の中庭で出迎えてくれた鶏なのですが、フリーレンジで自由に動き回っているためか羽がつやつやしていました。ちょっとお話がずれてしまいますが、「酉」ではなく「鳥」として括るならば、
3 (2)
最近観察した鳥の中ではニジキジの美しさにハッとしました。本当に虹色ですね~。

ブータンでは元旦前後に初雪が降った年もあり、以前は2011年の元旦は初雪で迎えました。
1 (1)

1 (2)
(2011年元旦の朝の様子)

その翌年、2012年には1月2日に初雪が降りました。
1
わんこも、
1 (10)
にゃんこも雪の中で元気に飛び回っていました。でも、大雪が降るのは1月下旬~3月上旬までの間にパロ谷では例年では1~2回程度しか降ることはありません。ここ5年くらいは、パロ谷で1月に雪が降ったことはないようで2018年の初雪ももう少し後になりそうです。
1 (6)
雪の中でわんこ達と遊ぶのは楽しいものです。数分後には濡れて、すぐ撃沈することになるのですが・・・笑

1 (7)

ブータンでは野良犬を減らすべく政府も力を入れていますがまだまだ継続中です。昨年「Gross Animal Happiness~動物たちの幸せ~」という記事(こちら)に書いたのですが、保護された動物たちのための施設などもまだまだ足りていない状況です。しかし、全体的にみてブータンの犬やその他の動物はのんびり暮らせていているなと感じます。ペットとして特定の飼い主に飼われていない野良犬や地域犬などが大多数ですが、誰かが面倒をみていることが多いですね。
1 (8)

1 (4)

1 (3)
その中でも、「これぞブータンの幸せそうな野良わんこ達」のベストショットを選んでみました!いきますよ~~

1 (5)
パロのゾン(城)を背景に、道路脇の塀の上で四匹並んで井戸端会議をしている?ようなわんこ達。私はこの姿がブータンの穏やかさを象徴しているようで、見るたびにほんわかします。もちろん、野良犬の問題はあるのですが、こうやって人間と共存できていること、それは人間が犬に対して一方的に攻撃的じゃない部分も大きいからじゃないのかなと思うのです。

今年もわんこ達ののんびりした姿、ブータンの人達の持つ穏やかさに触れることができたらいいなと思う一年の始まりです。


:僕も早く雪遊びしたいな~

人気ブログランキングへ
参加中です。ぽちっと応援していただけたら嬉しいです。タシデレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
bhutan_diary at 23:23|PermalinkComments(0)

2017年12月31日

今年もありがとうございました!

 こんにちは。クズザンポラー。
なかなか更新が滞っておりますが、いつもブログをご覧いただきありがとうございます。

本日は大晦日ですが、皆さまはいかがお過ごしですか?

私は今年のお正月は日本で過ごしていますが、また来月より新たに出発する予定です。ブータンでは旧暦に近いブータンのカレンダーで行事が行われることがほとんどなので、ブータンにいると日本にいるよりは年末年始の雰囲気を感じる機会は少ないのですが、日本にいるとクリスマスから年末、そしてお正月までのこの1週間余りのスピードがとても早く感じます。

今回は私の都合につき、新年のご挨拶は差し控えさせていただくのですが、私のこの一年は自分でもう一度自分自身を振り返ることができ、思うことも多かった年になりました。またブータンに戻れたことも、何か縁を感じるものがあってうれしかったですね。

年末年始のご挨拶の代わりになるような、何かいいものが無いかな~と考えてみたところ、オグロヅルを観察をするために、先月11月に久々に訪れたフォブジカ谷のオグロヅルの写真をのせたいな、と思いました。パロからの1泊2日のこの小旅行もまた思い出深いものになったので記事にしたいと思いますが、まずは少しだけ写真をご紹介しますね。

22NOV17 (3)
11月後半に訪れたのですが、今年も多くのオグロヅルがフォブジカ谷に越冬に来てくれて、簡単に観察することができました。悠々と舞う姿、長距離を飛ぶことができる独特のフォーム、羽ばたく際の羽音、いつもおしゃべりをする高い鳴き声、長い脚で大地を歩く姿、着地する時の優雅に弧を描く様子・・・どれを見ていても自然と笑みが出てしまうくらい、幸せな気持ちにさせてくれます。

オグロヅルはブータンの人はトゥントゥン・カルモと呼びますが、カルモは白色のこと。青い空にも谷の底でもその白色が美しく映えます。
22NOV17 (2)
(日の出前みんなで仲良く歩いていた)
22NOV17 (1)
でもトゥントゥンは・・・たくさんいるのですが写真を私の技術では、撮影が難しいっ!フォブジカの谷の形状と陽射しのバランスも大変美しいのですが、写真にはなかなか表現ができない、、、、と痛感もしました。
22NOV17 (4)
でも子供たちはブータン国内どこで出会っても最高に楽しそうで元気いっぱいな姿を見せてくれました。

先月のフォブジカ谷の旅行では、また新たな発見がたくさんあって、あぁやっぱり私の知らないこと・気づいていなかったことはこんなにもあったのだ~と思ったことがあったので、またご紹介していきたいと思います。

オグロヅルが長寿の象徴であり、ブータンの人々は幸せを運んでくると話すように、皆様が健やかなる新年をお迎えになりますように。

この更新がまちまちなブログにお付き合いいただき、本当にありがとうございます。ここで書くことは私の原動力になる部分も大きく、みなさまに深く感謝しています。ナメサメ・カディンチェラ。

風邪などひかないようにお過ごしくださいね。


:僕も楽しい一年でした!

人気ブログランキングへ
参加中です。ぽちっと応援していただけたら嬉しいです。タシデレ


このエントリーをはてなブックマークに追加
bhutan_diary at 21:25|PermalinkComments(0)フォブジカ