2017年09月11日

ブータン的・誕生日の祝い方 2

 こんにちは。クズザンポラー。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

本日、出社するとデスクの上に贈り物がありました。本日は朝早い外出がある同僚が、私のために用意をしていただいてくれたようで、その中を開けてみると、

IMG_2539

私が好きなあんず茸(シシシャモ)が入っていました。ブータン人も大好きなシシシャモですが、もうピークシーズンは過ぎた感があり、あまり出回らなくなってきました。しかし、どうやら朝早い時間に近くの林の中に探しに行ってくれたみたいですね。ありがとう!

このシシシャモについてのお話は、こちらも興味深いので気になる方は過去記事をご覧になってみて下さい。

ブータンできのこ狩り~シシシャモ編~4~
その3 (この回はどちらかというとお料理編)
その2

なぜ、今日にキノコを採って来てくれたのかというと、

IMG_2530


今日は私の誕生日だから、なのです。

以前に同じタイトルを書いたことがあり、その独特な祝い方にびっくりしたことがありました。最近では子供のお誕生日会を開くのがブームのようですが、王様のお誕生日をお祝いすることはあります。

そもそもブータンには誕生日を祝うという習慣はほとんどなく、最近始まったことです。30代以上の地方の出身の方だと、自分の誕生日を知らない人も多く、免許証などを作る関係で自分達で誕生日を決める人もたくさんいます。そのため、この年代以上のブータン人の誕生日は1月1日、10月10日、11月11日などわかりやすい日の人が多いのです。。。そのかわり、干支で生まれた年を記憶しているので、今年何歳になるかは確実にわかっています。おもしろいですよね。

どこかでギフトを購入して誕生日にあげるのもいいけれど、相手をもてなそうとする気持ちが前面に出ていうことが一番うれしいこと。

きのこがはいっていた紙袋を見ると、

IMG_2537

ん?

IMG_2538

何やらお絵かきを練習していたらしい。道化師アツァラかな??

今日はこれからこのきのこを、また別のお友達が調理してくれるそうです。楽しみだな。みんな、ありがとう。



:ソテーかな、シャモダツィかな

人気ブログランキングへ
参加中です。ぽちっと応援していただけたら嬉しいです。タシデレ





このエントリーをはてなブックマークに追加
bhutan_diary at 22:03│Comments(0)■ブータンの習慣 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字