2017年09月13日

秋の足音ときのこ達

 こんにちは。クズザンポラー。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。今週のパロ谷のお天気は、

10 (2)

こんな感じで、夏から秋に移行してきているな~と少しずつ感じています。たまに入道雲のような雲が谷の一部を多い、雨を降らせることもありますが、急激に激しく降る雨はこのところありません。

10 (3)
いつものように、私の通勤路でおしゃべり中?の牛さんたち。

日本では、道路の真ん中に動物がいるという状況はほとんどありませんので、久しぶりにブータンに戻ってくると、やっぱりちょっと驚きます。こっちが怖がらなければ動物は何も気にしないのですが、やっぱり大きな牛や馬、犬が道路を占領していると一瞬びっくりしますよね。

そして、なんだか通るのも申し訳ないような でも、こうやって自然と同化しているから、自動車もスピードを出し過ぎず、適度にのんびりいられるのがブータンらしくていいのかも。道路を作ったのは人間の都合だものね。秋冬になれば、緑青々しい草も減るので、今のシーズンはたくさん美味しい草を食べてね。

10 (14)
こちらは、空港の滑走路の近くのチャンナンカ地区。稲穂が色づいてきました。

10 (4)

こちらは最近訪れたぺリ・ラカン(寺)からのビュー。きれいですね。黄金色の時にまた来たいな。写真の川沿いに道路があり、ここは首都ティンプーとボンデ地区を繋ぐメイン道路です。

そうそう、今週は、パロからティンプーへ向かう途中のワンシシナ地区でついに車を停めました。

10 (1)

こうやって道路沿いに座っている村人は誰かを待っているか野菜などを売っています。「お母さんきのこある~」と聞いてみると、お隣のコーナーにあるよと教えてくれました。
10 (8)


10 (5)

先客がいらっしゃいました。ここで売っていたのは2種類のきのこ。
10 (7)

松茸とシシシャモでした。ここでやっと、先週は買うかどうか悩んでいた松茸を買いましたよ~ 松茸だけは、ブータン料理ではなく、「焼いてお醤油で食べる」と決めているので今年もそのようにしました。松茸の隣の黄色いきのこは、西ブータンの人々がシーズン中になると良く山の中に入ってきのこ狩りをするシシシャモ(あんず茸)。先日、山の中を清掃しようとクリーニング・キャンペーンをしたのですが、その時にもきのこの姿を見つけました。

10 (10)

一人が見つけた途端、

10 (11)

作戦会議をするブータン・ボーイズ。きのこはなかなか見つからないけど、山の中に無作為に捨てられたゴミはすぐ見つかるね・・・きのこ狩りのシーズンは、山の中に入ってそのまま捨て置かれたペットボトルを見かけます。これは残念だな・・・ブータンにも早くごみ問題の意識が幅広い年代にも広まって欲しいですね。

そんなシシシャモを調理する時は、水で洗わずにひとつひとつ、
10 (12)
刷毛で汚れを落として、

10 (13)

包丁を使わず手で作と、きのこの味がでるよ~とブータン料理人!素晴らしい~なかなかできないよね、面倒で(笑)。たっぷりのにんにくでソテーしてもらいました。もちろん、唐辛子とチーズも使ってきのこのダツィにしてもらっても美味しいです。

秋の足音と共に、夏の名物・二大きのこのシーズンオフを感じた一週間でした。

:きのこ、また食べたいな

人気ブログランキングへ
参加中です。ぽちっと応援していただけたら嬉しいです。タシデレ

このエントリーをはてなブックマークに追加
bhutan_diary at 22:43│Comments(0)■ブータンでの生活 

コメントする

名前
URL
 
  絵文字