2017年10月11日

ジリガン・ハイキング~1~

 こんにちは。クズザンポラー。
いつもブログをご覧いただき、ありがとうございます。

先日、古都プナカにてジリガン・ハイキングを歩いてきましたので、その様子をご紹介します。ハイキング、といっても私が今回選んだコースはかなりハードな行程になってしまったので、トレッキングと呼ぶべきコースでした。

ハイキングの始まりは、プナカのカベサ方面(プナカから北にむかってガサ方面に行く途中)にある仏塔、カースム・ユーレイ・ナムゲル・チョルテンへのハイキングと同じスタート地点です。

6 (2)

ここは、モチュ川で楽しめるラフティングの始まり地点です。プナカでのラフティングも楽しいですよ~でも今回は歩くことを楽しみます。ここの吊り橋は、

6 (3)
村の人々の生活に欠かせない大事なアクセスポイント。吊り橋を渡って両サイドのどちらにも集落があります。子供たちは元気に走って渡っていくし、
6 (4)

現在、その橋の先の集落では農道の整備をしている最中で、そのエリアへの最短アクセスはこの吊り橋のみ。石や砂などの道路路工事に必要な重い材料は、車を使うことができないため人力で分けるか、こうやってポニーを使って作業をしていました。ポニーさん、大活躍ですね。

今回のハイキングはジリガンというお寺を目指して歩きます。あまり知られているハイキングではなく、さらにジリガンを目的とした場合、最も多く歩かれているコースは別のルートで、今回私が選んだものよりも半分以下の距離で歩くコースです。そう、、今回は私はとてもマイナーなルートを歩くことになりました。一緒に同行してくれたブータンのガイドさんも、ジリガンへのロングルートは今回が初めて。

ということで、

6 (5)
出会う人々に情報収集。私たちにとってはハイキングルートですが、地元の人々にとっては生活に必要な道であり、日常的に歩いている彼らに聞くことが一番良いのです。といっても、たまに村人の話が喰い違ったり、記憶違いだったり、最近は道路が開通してトレイルパスが荒れてしまうこともあるので・・・・とにかく情報を収集することに損はないわけです
6 (6)
一生懸命に説明をしてくれる、青い長靴がCOOLなおじさん。この時期、雨はあまり降らないのですが、田んぼの稲の収穫前に水を抜く作業をしていることが多くぬかるんだ畦道が多いため、長靴が最強!袋にはおじさんの畑から収穫してきたばかりのグァバがあって、新鮮なものを分けてもらいました。

さて、今回のトレイルは出発前に私がイメージしていたのは、

D7320992-E5F8-4E17-B7E6-994F92FDE4A5

Google Mapより 赤字のラインのルートは私がイメージ図として追加しました)
こんな感じで、左側のモチュ川右側のポチュ川の間を通る山の尾根を歩くことを考えていました。うん、地図で見ても、写真左側、始りの部分から尾根にたどり着くまでの上り部分がきつそう。。。でも、なぜ、ここを歩くことを選んだのかと言うと、

6 (1)

いつも、カベサの村側からこの尾根道を眺めていて、気になる1本の木がありました。

6 (1)

丸印で囲んでみましたが、ちょっとわかりにくいですね・・・この1本だけポツンと立つ木の形はまるで傘みたいで、ブータンの友達たちもアンブレラツリーと呼んでいます。この傘の木の麓に行ってみたいな、と思ったのが今回歩いたきっかけです。

私はよくこういう行動をします・・・なんとなく見ていた風景の先にいってみたい、あの先にはどんな景色があるのかな、対岸からみたらこっちはどう見えるのかな。と思うのです。


今回も「あの傘の木のところに行ってみたい」というリクエストに、ガイドさんも『う~ん、でも結構山道は急峻だと思うしハードかもよ』と話していたのですが、私の無茶ぶりを最終的に受け入れてくれました。ありがとう!

ということで、さっそく歩いていきます。ラフティングの拠点となる吊り橋を渡って、カースム・ユーレイ・ナムゲル仏塔までの道を10~15分ほどは同じルートを歩いていきます。

6 (7)
田んぼがきれいですね。そう、この先あたりでフンコロガシ君を見つけたんですよ。

6 (8)

途中でカースム・ユーレイ・ナムゲル仏塔の分岐となる道、ちょうど民家がある場所から二股に分かれた道を進みます。民家付近にはグァバやみかんの木が植えられていてプナカらしさを感じますが、プナカらしさといえば、
6
暑い・・・・ハイキングをスタートしたのが朝9時ということもありますが、10月に入ったというのにこの数日は30度を超える暑さで、木陰がなく陽射しのさす強さにしびれる~ 私は暑いのが苦手なのです・・・

遠くに傘の木をながめながら、歩きます。

続きます。


:僕も暑いのは苦手・・・・

人気ブログランキングへ
参加中です。ぽちっと応援していただけたら嬉しいです。タシデレ

このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントする

名前
URL
 
  絵文字