2004年12月06日

第10冊 『びびび絵本』プロジェクト:『きみの空、ぼくの空』

この記事へのトラックバックURL
http://blog.livedoor.jp/bibibi_ehonweb/tb.cgi/10314597

こんばんは。しゅんてゅけです。

早いもので、もう10冊目に突入いたします。
それは、皆さんのおかげです。これからもよろしくお願いします。

さて、今回のテーマは、
『きみの空、ぼくの空』

です。

前回の『大事な木』に続き、けっこう忘れがちな、『空』についての絵本、児童書、マンガ、何でも紹介してください。

『空』の魅力、『空』の存在、『空』の・・・。
そんな『空』が感じられる絵本などを紹介して、トラックバック&コメントしてください!!

『空』が感じられる絵本などであればなんでもヨシです!!
タイトルに『空』が付かなくても、主人公が『空』じゃなくても(そんな絵本あるのか知らないけど)、何でもいいんです。あなたが『空』を感じた絵本や児童書、マンガなどを紹介してください!!

それではいってみましょう!!

『きみの空、ぼくの空』

この記事へのトラックバックURL
http://blog.livedoor.jp/bibibi_ehonweb/tb.cgi/10314597

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/bibibi_ehonweb/10314597
この記事へのトラックバック
おそらにいこう かどの えいこ 作 ながさき くにこ 絵 ポプラ社 クーちゃんとテクテクシリーズの一冊です。他に こんにちは おばけちゃん とみんなであそぼうをよみました。 木と猫と女の子の3人組で、風船タクシーにのったり、お砂場でつくった飛行機にのっ
おそらにいこう ★★★★☆【2歳の息子が選んだ絵本】at 2004年12月07日 08:48
長新太といえば、『おしゃべりなたまごやき』とか『キャベツくん』、『ぼくのくれよん』などが有名ですが、この『ちへいせんのみえるところ』が個人的に一番好きです。
『ちへいせんのみえるところ』【JC3++日本子育て委員会】at 2004年12月07日 09:37
バムとケロのそらのたび 島田 ゆか 1995年10月 初版発行 今日もJに聞いてみました。 こちらのシリーズは、私の親友からのプレゼントで知った絵本ですが、様々な雑貨とかわいらしい絵でたちまち大人も大好きになってしまいました。 他の絵本もまた紹介します。
バムとケロのそらのたび【ろい♪の絵本大好き!】at 2004年12月07日 14:51
本、読書、書評専用のトラックバックセンターです。どなたでもお気軽にトラックバックしてください。 ...
本、読書、書評【ブログ村 トラックバック広場】at 2004年12月08日 16:02
るるるるる 五味 太郎 1991年4月1刷 私と子供達がはじめて出会った五味太郎さんの絵本。 赤ちゃんだったJがびりびりに破き、テープでとめて、と何度も何度も読みました。 この絵本のおかげで五味太郎さんのことを知り、その後、何冊も読みました。 今も大好きな
るるるるる【ろい♪の絵本大好き!】at 2004年12月22日 02:06
この記事へのコメント
 初めまして。まざあぐうすと申します。
 わが家の娘と息子は、もう19歳と14歳になりましたが、小学生の頃は3年生まで学童保育でお世話になりました。とっても楽しい日々だったと思います。当時は、保護者も熱心で、季節ごとに子どもたちとお出かけをしていました。毎月一回の保護者会も負担でなく、楽しかったです。なつかしい日々です。

 読み聞かせを14年間続けてきましたが、息子が中二で思春期、自然消滅してしまいました。今は、自分のためだけに児童書や絵本を読んでいます。
 こちらのサイトへは、「ぽちぶくろ」さんから参りました。
 楽しい充実したサイトですね。これからも訪れさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 「空」ということで、最近出たばかりのあさのあつこ著・こみねゆら絵の
『えりなの青い空』(毎日新聞社)が浮かびました。
 下記は、bk1に投稿したまざあぐうすの書評です。
 


ページをめくるたびに心に爽やかな風が吹きます

 小学校5年生のえりなは、空が大好き。
 空ってすごいな。すごくて、おもしろいなと思う。
 マイペースでのんびり屋のえりな
 晴れた日には、新聞紙を持って学校にゆく

 新聞紙の上に寝転がると気持ちがいい
 カサコソ、カサコソと新聞紙のおしゃべりが聴こえる
 中庭に寝転がっていることをお母さんにとがめられた
 中庭に寝転がっていることが学級会の話題になった

 えりなは、校舎の裏の木の下に寝転がることにした
 学級委員で、美人で、優等生の鈴原さん
 何でも普通で、目立たないえりな
 ふたりが木の下で寝転がった

 新聞紙と青空
 えりなと鈴原さん
 あさのあつこさんの文章とこみねゆらさんの絵
 ページをめくるたびに、心に爽やかな風が吹く
              (まざあぐうす)


Posted by まざあぐうす at 2004年12月07日 08:19
 初めまして、まざあぐうすと申します。わが家の娘と息子は19歳と14歳になりましたが、小学生の頃は3年生まで、学童保育でお世話になりました。とても楽しい日々だったようです。保護者も熱心な方が多く、季節ごとにお泊りキャンプやお出かけをしました。毎月一度の保護者会も楽しみでした。なつかしい日々です。

 14年間絵本や童話の読み聞かせを二人の子どもたちに続けて来ましたが、息子の思春期で自然消滅、今は、自分のためだけに絵本や児童書を読んでいます。

 こちらのサイトへは、「ぽちぶくろ。」さんから参りました。
 充実した楽しいサイトですね。これからも訪れさせていただきますので、どうぞよろしくお願い致します。

 「空」ということで、あさのあつこさんの『えりなの青い空』(毎日新聞社)を思いました。こみねゆらさんの絵が素敵です。最近出た本です。
 以下はニフティのbk1に、まざあぐうすが投稿した書評です。


ページをめくるたびに心に爽やかな風が吹きます

 小学校5年生のえりなは、空が大好き。
 空ってすごいな。すごくて、おもしろいなと思う。
 マイペースでのんびり屋のえりな
 晴れた日には、新聞紙を持って学校にゆく

 新聞紙の上に寝転がると気持ちがいい
 カサコソ、カサコソと新聞紙のおしゃべりが聴こえる
 中庭に寝転がっていることをお母さんにとがめられた
 中庭に寝転がっていることが学級会の話題になった

 えりなは、校舎の裏の木の下に寝転がることにした
 学級委員で、美人で、優等生の鈴原さん
 何でも普通で、目立たないえりな
 ふたりが木の下で寝転がった

 新聞紙と青空
 えりなと鈴原さん
 あさのあつこさんの文章とこみねゆらさんの絵
 ページをめくるたびに、心に爽やかな風が吹く
              (まざあぐうす)


Posted by まざあぐうす at 2004年12月07日 08:25
 二度、送信してしまって、ごめんなさい。
Posted by まざあぐうす at 2004年12月07日 16:26
しゅんてゅけさん、早速、「空」をテーマにした絵本募集の記事を書いて
くださってありがとうございます(^^)。
しかもばっちり1歳児の楽しめそうなものもありますね。
今後も参考にさせていただきます。
Posted by じゃりんこ at 2004年12月07日 20:36
Re:まざあぐうすさん

14年間も読み聞かせを続けていらしたんですね!!素晴らしい!!かっこいいです。あさのあつこさんの本というと、ぼくは『バッテリー』しか読んだことがありませんが、とてもよかったです。ピリピリとした空気が感じられる、でもあったかいお話でした。
どうぞよろしくお願いします。リンクしておきますね。

Re:じゃりんこさん

いえいえ、ぼくも正直テーマには困っていたりして・・・。だって、やりたいテーマがたくさんあって、どれから出そう、って思ってました。
だから、こういう形で、テーマを出していただけると嬉しいです。
ありがとうございます。
Posted by しゅんてゅけ at 2004年12月07日 23:04
コメント欄には初めてお邪魔させていただきます。

空といえば、かっわイ〜ィ『タンタンのしろくまくん』がおススメです!

雲の形をいろんなものにみたてて・・・ってゆっくりとした時間の流れを
感じて下さい! (いわむら かずお/偕成社)
Posted by akka at 2004年12月08日 10:12
Re:akkaさん

『タンタン』かわいいですよね〜!!なんか、3歳ぐらいの男の子を見ているような気持ちになるキャラクターです。
Posted by しゅんてゅけ at 2004年12月08日 22:59
はじめまして。
少し前から、拝見させていただいています。
とても楽しい企画ですね。
私も、息子たちの通う小学校へ毎週読み聞かせに行っています。
ここで、こうやって皆さんと絵本の情報を分かち合うって素敵ですね。
機会がありましたら、ぜひ参加させていただきたいなぁと思っています。
よろしくお願いします。
Posted by ケラ at 2004年12月19日 13:15