あっさり屈した野間

新井については
もう
ぐうの音もでないほどの活躍ぶりに

その集中力、その結果を出す力には
本当に恐れ入ったが

しかし
勝ちきれなかったこともまた昨日の反省点だろう

確かに新井の一振りで
安部の好走塁というか好判断も活き
土壇場で振り出しに戻したことは
結果として三連戦で黒星を喫しなかったことからも非常に評価ができるが

しかし押せ押せで抜ききれなかったのは悔やまれる

もっとも
ヤクルトの攻撃も酷いもので
少なくとも春先の対戦までであれば
間違いなくあっけなくサヨナラ負けを喫していたような展開も
何とか持ちこたえたのだから
それはそれとしておくしかないだろう

その中でも
どの中継ぎも先頭打者に苦戦する中で
九里の投球は光るものがあった

与えられたところで
精一杯アピールできていたといえるだろう

攻撃陣は言うまでもない
噛み合わないときは噛み合わないもので
いまに始まったことではないが

しかし
野間が相手バッテリーに完全に舐められて
しかも
舐められた相手の思う壺で
見事屈してしまったのは

不愉快極まりなかった

自身が一番悔しい思いをしているだろうが
レフトゴロを演出するなど乗っていただけに
少しは期待したが
相手にしてやられたあたり

まだまだ

まだまだまだ

その打撃力を磨かなければ
とてもじゃないがレギュラーをはれないことに奮起してもらいたいものである


にほんブログ村
にほんブログ村

菊池のバントでほぼ決まった

金曜日の勢いそのままにとはいったが

確かに勢いはそのままで
それを体現したのが田中であった

勢いを考えればどうしても先制したい場面
兎に角粘りに粘ってそして粘って
あぁ粘ったのはよかったね
というわけでもなく二塁打を放ったあたりが素晴らしかった

正直田中の二塁打
いや
菊池のバントが決まった時点で
昨日の流れはものにしたといって良いだろう

すぐに丸が走者を返し

裏に薮田が失点こそしたものの
別に何もこわくないといった調子で
ひと昔前なら1点を取るのが必死な相手であった石川相手に着実に点を重ねてくれた

打撃陣は恐らくフラストレーションがたまっているであろう鈴木誠にも一本出て

相変わらず
上位でも下位でもどこからでも点を取りますといった調子で

投げる方でも
終盤は若干ばてたようにも見えたが
薮田がここぞというところでは
レフトスタンドポール際からでもわかったように
見下すかのように勢いのあるまっすぐで三振を重ね
気がつけば二桁奪三振どころか自己最多の奪三振で自分のペースで投げ
安心できる展開

中田がピリッとしなかったのはいただけないが
これで2つ目も取れた

今夜は先発の顔触れから打ち合い?
とも思ってしまうが
申し訳ないが足踏みするわけにはいかない

確実にものにしたい

にほんブログ村
にほんブログ村

書かずにはいられない

日本一の大きな宿題はあるものの

昨年の優勝を機に
しばらくやめようと思っていたブログだが

昨日の吐き気すらするような
完全に喉がやられるほど叫んでしまうような
逆転劇を観せられては放っておくことはできない

一晩経ったが
まだ興奮さめやらない

近年の神宮では末永の3ランをはじめ
印象に残るシーンは多々あるが

今季のハイライトでも
新井自身のハイライトでも
数年のハイライトでも

間違いなく多々登場するシーンになるに違いない

余計なことを考えず一戦一戦とインタビューでは語っていたが

そのとおりで
昨日の勢いはそのままであるも
今夜もしっかりと勝ってもらいたい


にほんブログ村
にほんブログ村

とってしまった

球団ホームページによると

ノミネートされたときには
まあ
世間に少しでも認知されればいい
という程度に思っていたし
それは今も変わらないが

しかし
まさか
大賞を取るとまでは思わなかった

プロ野球ファンであれば
そこそこ認知されているとは思うが
一般の人には初耳、聞いたことすらないということもあるかもしれない

それだけに
せっかくのチャンスなので
認知してもらい

さらなるプレッシャーにして
それに押し潰されては困るのだが
来季はプレーを認知してもらえるようになるとよい

にほんブログ村
にほんブログ村

センターからライトにかけて

サンスポによると

実に良い心意気だろう

中堅の丸に右翼の鈴木誠と
もはや不動とも思える一角であり

他球団にも沢山良い選手はいるものの
鈴木誠が丸のポジションを狙う
という心意気は
表面上冗談半分であってもそれはそれで頼もしい

また鈴木誠の三塁への矢のような送球は
魅力的な武器であるのは間違いない

それでも
まだまだ肩力以外の部分は
発展途上そのもので
捕球からの送球体勢や一歩目の速さなどはまだまだである

ここのところ
ゴールデングラブの常連となっている丸であっても
個人的には定着するほどかと疑うほどまだまだ伸びる余地があると思っており

2人して
中堅なら中堅を競いつつ
さらにそのレベルをあげていってもらえればいい

攻守ともに評価され
2年連続して活躍を維持しつつ飛躍できるか問われている

センターからライトにかけて
チーム内で大いに争ってもらったらいい


にほんブログ村
にほんブログ村
楽天市場
livedoor プロフィール
タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ