沖縄へ

本日も昨日に続き紅白戦

打撃が好調なのか
投手の出来上がりがまだなのか
やや打高投低にうつる場面もあったが
結果が沖縄にどう繋がっていくだろうか


田中
まあ問題ない


菊池
同じく問題ない


松山
昼の特打ではあれだったが
紅白戦にはしっかり結果を残した


堂林
コンパクトに打てた
好調


メヒア
サードでの動きももっとみたい


安部
左投手が、と言われていたが
順調に仕上がっているのではないか


坂倉
小休止も矢張り楽しみな存在


野間
小林誠二さんによればあまり目立っていないよう


西川
相変わらずのバットコントロール


庄司
守備では良い動き



打つ方は何も問題ない


バティスタ
まずは死球が大事に至っていなくてホッとした


下水流
結果が出た


美間
うまく右に持っていった


盒饗
緒方監督も声をあげて褒めた素晴らしい本塁打


塹江
立ち上がりは課題
抜け球が目立ったところもあまりいただけない
ただ球の速さは魅力的


藤井
低めに力強い球もいっていた
変化球が操れるようになれば面白い存在


中村
たまに極端にリリースの肘の位置が低くなるのが目立った
牽制は良いものがある


フランスア
ソリアーノを思い出す


にほんブログ村
にほんブログ村

新春

いわゆるプロ野球の新年にも入り
日南も最終クール
昨日とはうって変わって晴天にも恵まれ
紅白戦にも注目が集まった


田中
別に何も心配はしていない


菊池
順調にみえる
今年は打撃で結果が出るはずの年


松山
あっさり終わらず最後はヒットにするあたりはさすが


堂林
右側への飛距離はさすが


メヒア
守備でポロポロするあたりが目につくが
まずはバッティングでみたい


美間
結果を出し続けてどんどんアピールしてもらいたい


新井
役者と言うしかない


會澤
まさに一球で仕留めたといって相応しい本塁打


野間
高橋の球に翻弄された
あっさり投手のペースに


安部
当たりも良い
走塁判断も良い


西川
サードでは強い打球の処理にもっと安定感がほしい



何も心配していない


バティスタ
死球の影響が心配


下水流
まだまだ仕上がっていない模様


坂倉
評判どおりのバッティング
フィールディングも良い


庄司
どんどんアピールしたい立場


船越
坂倉に負けていられない


磯村
体の開きが早い


上本
自分の役割がわかっている


高橋昴
まっすぐのキレは良かったように感じた
簡単にカウントを稼げる変化球
追い込んでから空振りが取れる球があればかなり面白い


アドゥワ
セットポジションからはやや球がお辞儀をしているよう



オーバーハンドにした青木勇人のような感じ


高橋樹
大人な投球だった
組み立てが良い
楽しみな存在だがランナーが出てからが課題


オスカル
まだまだこれから


Jsports
紅白戦にあわせてよくぞ延長してくれた


にほんブログ村
にほんブログ村

あっさり屈した野間

新井については
もう
ぐうの音もでないほどの活躍ぶりに

その集中力、その結果を出す力には
本当に恐れ入ったが

しかし
勝ちきれなかったこともまた昨日の反省点だろう

確かに新井の一振りで
安部の好走塁というか好判断も活き
土壇場で振り出しに戻したことは
結果として三連戦で黒星を喫しなかったことからも非常に評価ができるが

しかし押せ押せで抜ききれなかったのは悔やまれる

もっとも
ヤクルトの攻撃も酷いもので
少なくとも春先の対戦までであれば
間違いなくあっけなくサヨナラ負けを喫していたような展開も
何とか持ちこたえたのだから
それはそれとしておくしかないだろう

その中でも
どの中継ぎも先頭打者に苦戦する中で
九里の投球は光るものがあった

与えられたところで
精一杯アピールできていたといえるだろう

攻撃陣は言うまでもない
噛み合わないときは噛み合わないもので
いまに始まったことではないが

しかし
野間が相手バッテリーに完全に舐められて
しかも
舐められた相手の思う壺で
見事屈してしまったのは

不愉快極まりなかった

自身が一番悔しい思いをしているだろうが
レフトゴロを演出するなど乗っていただけに
少しは期待したが
相手にしてやられたあたり

まだまだ

まだまだまだ

その打撃力を磨かなければ
とてもじゃないがレギュラーをはれないことに奮起してもらいたいものである


にほんブログ村
にほんブログ村

菊池のバントでほぼ決まった

金曜日の勢いそのままにとはいったが

確かに勢いはそのままで
それを体現したのが田中であった

勢いを考えればどうしても先制したい場面
兎に角粘りに粘ってそして粘って
あぁ粘ったのはよかったね
というわけでもなく二塁打を放ったあたりが素晴らしかった

正直田中の二塁打
いや
菊池のバントが決まった時点で
昨日の流れはものにしたといって良いだろう

すぐに丸が走者を返し

裏に薮田が失点こそしたものの
別に何もこわくないといった調子で
ひと昔前なら1点を取るのが必死な相手であった石川相手に着実に点を重ねてくれた

打撃陣は恐らくフラストレーションがたまっているであろう鈴木誠にも一本出て

相変わらず
上位でも下位でもどこからでも点を取りますといった調子で

投げる方でも
終盤は若干ばてたようにも見えたが
薮田がここぞというところでは
レフトスタンドポール際からでもわかったように
見下すかのように勢いのあるまっすぐで三振を重ね
気がつけば二桁奪三振どころか自己最多の奪三振で自分のペースで投げ
安心できる展開

中田がピリッとしなかったのはいただけないが
これで2つ目も取れた

今夜は先発の顔触れから打ち合い?
とも思ってしまうが
申し訳ないが足踏みするわけにはいかない

確実にものにしたい

にほんブログ村
にほんブログ村

書かずにはいられない

日本一の大きな宿題はあるものの

昨年の優勝を機に
しばらくやめようと思っていたブログだが

昨日の吐き気すらするような
完全に喉がやられるほど叫んでしまうような
逆転劇を観せられては放っておくことはできない

一晩経ったが
まだ興奮さめやらない

近年の神宮では末永の3ランをはじめ
印象に残るシーンは多々あるが

今季のハイライトでも
新井自身のハイライトでも
数年のハイライトでも

間違いなく多々登場するシーンになるに違いない

余計なことを考えず一戦一戦とインタビューでは語っていたが

そのとおりで
昨日の勢いはそのままであるも
今夜もしっかりと勝ってもらいたい


にほんブログ村
にほんブログ村
楽天市場
プロフィール

元球少年

タグクラウド
livedoor × FLO:Q
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ