Apistogramma agassizii Rio Tefe

前回のアピスト記事より3か月、無事に2回めの産卵が終わりハッチアウト、その後親魚に見守られながら育った稚魚達は自由気ままに水槽内を泳いでいます。😊

親魚に緊張感を持たせる為に混泳中のネオンテトラのデカくなった事(笑)
産卵後〜子育て中にも大きなトラブルも無く未だに混泳のままです。

稚魚達の世話がひと段落したからか、最近は雌の体色が黄色っぽくなってきた!
また産卵の兆候か、まだ稚魚達も抜いてないのに再び産卵されても困るんだがなぁ😅
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_1597
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_2872


Poecilia caucana , Columbia WILD2016 

お馴染みのグッピーやエンドラーズ、モーリーなどが含まれるPoecilia属の卵胎生メダカです。

グッピーやエンドラーズと違いカラフルさとは縁遠く見るからに原種卵胎生と言える様な地味な体色のお魚です。
唯一の目を惹くポイントは背鰭に載ったブラック&イエローではないでしょうか?
コンスタントに仔を産むが仔喰いが激しいと聞きますが、その為かなかなか増えません。
我が家でも飼育を始め1年半程で漸く若魚の姿が目に付くようになって来ました。継代にやっと目処が付いたところです。

なかなか目にする事もなく、流通量、飼育者も少ないと思いますので大事に飼育していくつもりです。

原産地のカウカ川(Rio Cauca)はコロンビアのオリエンタル山脈とセントラル山脈に挟まれた地域を流れマグダネラ川に合流してカリブ海に注ぐ源流から河口までの総延長は1,350kmに及ぶ大きな川です。
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender
IMG_2605
FullSizeRender





Black bar(Laguna de Patos 97-98)

我が家に居るblack bar、先日紹介した3種のうち最後はLaguna de Patos 97-98です。
国内に入って以来、20年近く変わらぬ姿を維持してくれています。
つい先日、半年振りに産仔してくれたと思ったら相次いで雌の産仔ラッシュでしたが、我が家にいる3匹の雌全ての出産数でも20匹いるかいないかと言う少なさです。
別段、今回に始まった事ではないが増える時は増えるが不調になると一気に累代が危ぶまれるなど、このヴァリエーションには何時もハラハラドキドキ(笑)
まぁエンドらしいっちゃエンドらしい古き良き時代のエンドラーズなんでしょうね😃
FullSizeRender
FullSizeRender
FullSizeRender


プロフィール

ビッキー

カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ