自転車快適工房・ジテ通ハウスのblog

成田(京成成田・日吉台)でロードバイク(主にBMC)専門のショップとしてオープン致しました。 もっと楽に、遠くへ、早く をモットーに、あなたの自転車ライフのサポートを致します。 特に、ペダリング解析からのバイクフィッティングを得意としております。 50年のサイクリング経験を持つ、趣味の自転車屋のオヤジが日々の出来事など気ままに書き綴るブログです

本日は2名の参加。
IMG_2980

Aさんは当店キャンペーン特価のSLR02の初乗り。これまでのJAMIS アルミバイク(10kg以上?)からの乗り換えです。どんな韋駄天走りをするのでしょうか。

4月なのに真夏日?という予報もあって、行き先はゆめ牧場に。
IMG_2984

終了する頃には30度近くまで気温上昇。

約45km 2時間のライドでした。

動画は Facebook にアップしています。

自転車シーズンがやって来ましたよ。

土日限定営業でご不便をお掛けしておりましたが、いよいよゴールデンウィークから、月・水定休日(月が祝の場合は火・水定休)でのフル営業とさせて頂きますので、どうぞよろしくお願い致します。

さて、フル営業開始記念として、4/21から5/20までの期間、以下のセールを実施致します。

BMC ゴールデンウィーク特別価格キャンペーン
既に発表の大変お買い得なSLR02 旧型の特価以外にも、2017年店頭在庫モデルや、以下の2018年モデルについて、期間中のみのスペシャル価格にて提供致します。いずれも定価より5万円~最大30万円の値引き設定となっており、先着順・代理店在庫限りの販売となります。

尚、残念ながら、ここに紹介しているバイクのすべてを店頭在庫しているわけではありません。各モデル名の下に(青字)にて展示状況を表示しておりますのでご参考下さい。

お支払いについては現金のみとなります。又お申込み時に定価の20%以上相当額をお預かりさせて頂きますのでよろしくお願い致します。

店頭在庫品以外のモデル、サイズにつきましては商談成立後に代理店からのお取り寄せになります。従いましてお電話でのお取り置き等は出来ませんのでご留意下さい

  
2018 SLR01 DISC TWO グレー/ブルー Ultegra サイズ47,51,54 税別定価¥640,000-
(SLR01 47 チームカラーの試乗車有)
SLR01_DISC_TWO_Grey-Blue

  
2018 SLR02 DISC ONE メキシコブルー UlteDi2 サイズ47,51,54 税別定価¥570,000-
SLR02_DISC_ONE_Mexico-Blue


2018 SLR02 DISC TWO カーボン/レッド Ultegra サイズ47,51,54 税別定価¥430,000- 
(店頭展示車 51)
SLR02_DISC_TWO_Carbon-Red


2018 SLR02 ONE グレー/オレンジ Ultegra サイズ47  税別定価¥400,000-
SLR02_ONE_Grey-Orange


2018 SLR02 TWO カーボン/ホワイト 105 サイズ47,51,54  税別定価¥310,000-
(店頭展示車 54)
SLR02_TWO_Carbon-White

  
2018 Timemachine 02 ONE オレンジ UlteDi2 サイズS  税別定価¥700,000-
Timemachine-02_Ultegra-Di2_side-view


2018 Timemachine 02 TWO ホワイト  Ultegra サイズM-L 税別定価¥430,000-
Timemachine-02_Ultegra_side-view


2018 Timemachine 02 THREE グレー 105 サイズS、M-S、L 税別定価¥340,000-
TM02_105_side-view


2018 Roadmachine 01 LTD シルバー/レッド DuraAce Di2 サイズ47  税別定価¥900,000-
(フレームセットの店頭展示有)     
Roadmachine-01_LTD_chr-blk-red



2018 Roadmachine 02 TWO  カーボン レッド/ブルー Ultegra サイズ51 ¥450,000-
(同系列 2017 RM02 Ultegr 店頭展示有)
Roadmachine-02-TWO_cbn-red-blu


2018 Roadmachine 02 ホワイト/ブラック 105 サイズ47、54  税別定価¥350,000-
(同系列 2017 RM02 105 店頭展示有)
Roadmachine-02_THREE_wht-blk-ora


2018 Roadmachine 02 Flatbar カーボン/ライム 105 サイズ47,51,54  税別定価¥320,000-
Roadmachine-02__FB_cbn-grn-grn





ゴールデンウィーク中の営業予定は以下のとおりです。
4/28()12:00ー19:00
4/29()12:00ー19:00
4/30(月 )12:00ー19:00
  5/1(火)定休日
  5/2(水)定休日
  5/3(木 )12:00ー19:00
  5/4(金 )12:00ー19:00
  5/5()12:00ー19:00
  5/6(臨時休業 BOSOツーリング参加
  5/7(月)定休日
  5/8(火)~5/11(金)店内整理のため臨時休業
5/12()12:00ー19:00
5/13()12:00ー19:00

shopmap_P




BMCのバイクは性能が高くて是非欲しいけど、高い・・・・と考えていた方に朗報です。

確かにトッププロが使用するTeammachine SLR01 など、型式のあとに ”01” が付くタイプは正真正銘の世界最高の性能と品質が与えられているモデルのためフレーム価格で50万円以上となっています。しかし、これはBMCだけでは無く他の名だたるメーカーのトップモデルも同等以上の価格設定となっております。しかも、トッププロが実際に使っているモノと量産モデルとは違うケースが多く、量産モデルがチームに提供されているBMCの場合、本当の意味でプロ選手と同じフレームに乗れるという意味では、むしろ安い価格設定になっているのではないかと思います。

あまり良く知られていませんが、BMCの各モデルには、トッププロ供給の ”01” の次に ”02” というセカンドグレードのモデルが存在します。(場合によって ”03” という派生モデルがある場合もあります)

この ”02” グレードが実は一般ユーザーに最も適したモデルとして欧米では認知されていますし、当店でもお勧めしております。

ジオメトリー、剛性試験値、各種性能をトップグレードと同等になるように、カーボンのグレード変更(安いものに)、積層変更といった設計変更を行い、コラム内へのワイヤーの完全内装などのインテグレーションのための複雑な構造を省略したり、部品変更をするなどしてコスト削減を実現しています。

極論すると、重量が増加(200g~300g)した以外は ”01” と同じだと言われており、実際乗り比べても、この2つのモデルの違いは、一般人のパワーでは分からないというのが正直なところです。雑誌などで、差が論じられたケースがありますが、完成車モデルでは装着車輪の差や他の部品のグレード差による重量差によるところが大きいのが本当のところです。

今回、代理店の協力のもと、2018年カタログ掲載モデルである SLR02 105 (2017)  が大変お得な価格で提供されることになりました(まあ、素直に言えば在庫処分ですが・・・)
SLR02 105 2017

カタログプライス¥270,000-(税別)が  税込¥159,800-!!!!!!
詳細仕様はBMCのホームページを参照下さい。

色が気に入らないと言う方には失礼かもしれませんが、バイクは乗ってナンボ。性能に着目して欲しいと思います。

さて表題の何がスゴイかというと。

まずフレームは、リオ五輪優勝など数々の輝かしい戦績を残した先代SLR01と同じ設計。もちろんフルカーボンで、フレーム 950g、フォーク 360g 、完成車 7.9kg Di2にも対応しており、将来のコンポアップグレードも問題ありません。

UCI公認フレームですから、即レース出場可能です。

そして、コンポーネントは、変速機系だけが105という他メーカーの廉価モデルとは違い、クランク、ブレーキアーチ、チェーンまで、正真正銘オール105です。

この春からレースを目指す方々に、是非乗って欲しいバイクです。

サイズは 48  51 のみで数量限定、問屋在庫なくなり次第終了です。

このチャンス お見逃し無く!

お問い合わせ: freed_2197@nifty.com

パソコンメーカーのAcer がプロデュースするサイクルコンピュータXplovaですが、高画質カメラ機能搭載のX5 Evo(定価¥49,800-税別)は、その機能と使い勝手の良さが大変評判です。

この度、カメラやナビの機能を省略して、サイコンとしての機能に焦点をあてた廉価版 X3 がリリースされました。

廉価版といっても、機能としては、ほぼGARMIN Edge 520J に相当。
XplovaX3

これで定価¥19,800-税別はリーズナブルと言って良いでしょう。

特徴を羅列すると

 1.カラーディスプレイ

高解像度2.2 インチ(240 x 320 ピクセル)半透過型カラーディスプレイを搭載し、屋外での使用に最適です。

2.複数の衛星システムによる正確な測位

X3 GPSGLONASSBeiDou(北斗) の衛星に対応しており、どんな場所でも現在位置をすばやく正確に特定します。

3.道を案内する

ダイレクトのウェイポイントナビゲーションにより、使いやすく便利に。さまざまなニーズに対応します。※ルートはPCからUSB接続での転送となります。

4.長いバッテリー寿命と大容量

X3 は、カラーディスプレイの同ランクのGPS サイクルコンピュータの中で、バッテリー持続時間が最長。フル充電で最長 20 時間、省電力モードでは最長 27 時間持続します。また、X3 は最大 700 時間分のサイクリングレコードを保存可能。空き容量を増やすために頻繁に削除する必要はありません。

5.ANT+ 対応

心拍数モニター、速度センサー、ケイデンスセンサー、コンボ(速度とケイデンス)センサー、パワーメーターなどのANT+センサーに対応。80以上のパフォーマンスデータをX3 に記録できます。

その他の詳細はこちら を参照して下さい。

そして、自転車快適工房・ジテ通ハウスでは、通常価格¥18,000-(税別)のところを先着3名様のみ
¥16,500-(税別)にてご提供致します。


ディスクブレーキロードのエンド形状は12mmスルーアクスルの採用で方向性がはっきりし、2018年モデルでは各社一斉にラインナップが出されました。

UCI の解禁を受け、これまでレースやイベント出場のライダーに敬遠されていたディスクブレーキロードもいよいよ普及へ向けて動き出しそうです。

しかし、12mmスルーアクスル化によって問題になるのが、ウォームアップや日々のトレーニング、メンテナンスの際に、後輪を固定するタイプのローラー台やスタンドに固定できないということです。

そこで、ディスクブレーキロード BMC Roadmachine の販売に力を入れている当店では、以下のような専用アダプターを作りました。
 
IMG_1605
   ↑ このように、スルーアクスルの場合、エンドの外側に出っ張りがありません。 

IMG_1608
   ↑ スルーアクスルをこのボルトに取替ます 

IMG_1606
   ↑ 装着するとこんな感じです。 

IMG_1607
   ↑ めでたく、後輪固定型ローラー台に装着できました。

材質はSUS304 のため完成車付属のDTswiss アルミ製アクスルより重いですが、強度は十分です。

ジテ通ハウスオリジナル BMC スルーアクスル ローラー台アダプター ¥4,500-(税・定形外送料込)

尚、BMC専用品として開発しておりますが、同じように142mmエンド幅で、DT swiss社の12mmΦ-1mmネジピッチのスキュワーを使っているバイクであれば流用可能かと思います。
 
お問い合わせは freed_2197@nifty.com まで。 

↑このページのトップヘ