ジェイミー&ベン 自転車で南極へ

従兄弟のジェイミーとベンは、イギリスから自転車で世界一周の旅に出る。当面の目的地は南極だ! なお、この旅の模様は「僕たちのバイシクル・ロード」という映画になって、2011年11月3日から公開されます。 http://bicycleroad.jp/

美人地図職人の正体は?

映画の中に挿入される世界地図。赤いラインがジェイミーとベンの通った道をトレースしていきます。


lizzie1

実はこの地図、ベンの妹、リジー・ウィルソンとベンの2人による作品。

lizzie4

リジーはブライトン大学でグラフィックデザインを勉強し、今はロンドンのオシャレなファッション/フードストア、ハーヴィー・ニコルズでデザイナーをやっています。

ben_map

ベンやジャック、従兄弟たちとは仲が良かったので、その映画に関わるのは自然なことでした。

map1

地図は、リジーとベンが手作業で作りました。
 
map2

「もしもあなたの国が、ヘンな形に描かれていたり、丸ごとなくなっていたとしても、どうか怒らないで」とはベンのメッセージ。

Map AFRICA (Medium) (Small)

全編にわたって手作り感あふれるこの映画、実は家族ぐるみで作られていたんですね。

僕たちの旅は終わるが、人生は続く

2人は、パナマから陸路アメリカ合衆国へと渡り、6つめの大陸・北アメリカ大陸を横断、そこでも船を探して、見事、フレデリクスボルグ号という船に乗り込みました。

Port, Peru 2

当初、アフリカを縦断するプランもありましたが、この船の行く先はモロッコのカサブランカ。いずれにせよ2人は、そこでアフリカの地を踏むことになります。とうとう、7大陸すべての大地に、飛行機を使わずに降り立つというミッションを達成することになるのです。

Map AFRICA (Medium) (Small)

大西洋横断の船旅は、ただデッキを歩いたり、海を眺めたり、DVDを見たり、毎日同じような日課が続きます。カサブランカ到着まで、3週間の見込みです。

カサブランカまで1600キロ。訪れるべき大陸は残り、あと1つ。

Jamie and Ben

旅が終わりが近づくにつれ、彼らの心情は揺れていきます。「終わり」の先にあるのは何でしょう? ジェイミーの独白を本編から引用します。

悲しさと興奮が入り混じっている
最後の船旅で 大西洋を渡るときには
感情が高ぶるだろうと想像してた
旅の終わりがすぐそこだ
次に何をするのか
どこを目指すのか 考えなくては
簡単には答えられない問題だ
でもその悩みは常に頭の中にある
夜 船のエンジンが切れると
思考が走り出して未来を考えようとしてしまう
そして答えられない質問を自分に投げかける
そんな質問をするのは間違いだ
答えなどない


【この旅の詳細は、2011年11月3日公開「僕たちのバイシクル・ロード 〜7大陸900日〜」で!】

またまたアクシデント。パナマへヨットで向かう

灼熱のアタカマ砂漠を抜け、ペルーにたどり着いたジェイミーとベンを、アクシデントが待っていました。頭痛に悩まされていたベンが、たまりかねて医師の診察を受けたところ、髄膜炎と診断されたのです。

ベッドの上でもだえ苦むベン。光を見ただけで頭が痛むようで、部屋のカーテンも開けられません。
 
この時の気分を、ベンは「遠い異国でこんな重病を患ったら、愛する人たちには二度と会えないのだと思った」と語っています。

Ben T-shirt, Thailand (Medium) (Small)

ベンはしばらく治療を続け、ようやく回復の兆しが見えてきました。2人は先に進もうとします。

「2〜3カ月は自転車に乗らないように」という医師の忠告を守り、2人はバスに乗ってコロンビアの北の海岸へと向かいます。

そして、ヨットでパナマへ渡ることにしました。カルロスという船長は、目つきの鋭い男です。

Carlos sails, Panama (Medium) (Small)

パナマまで2日で行けるはずが、エンジンの故障に見舞われます。

Bike on boat, Panama (Medium) (Small)

赤道の無風のエリアをさまよい、7日かかってパナマに上陸しました。

【この旅の詳細は、2011年11月3日公開「僕たちのバイシクル・ロード 〜7大陸900日〜」で!】 

南米に上陸。灼熱のアタカマ砂漠を北上

4番目の大陸、南極大陸をクリアした2人は、続いてニュージーランドで南米大陸行きの船をゲットします。今度は貨物船で、またまたタダで乗せてくれることになりました。

Container ship, Chile (Medium) (Small)

2人は、チリを目指して太平洋へと船出します。この頃になると2人は、「願いは常に聞き入れられる」と信じるようになっていました。

42日間の過酷な航海の末、2人は南米に上陸しました。

Bikes desert, Peru (Medium) (Small)

チリのアタカマ砂漠を北に向けて走り出します。このエリアは、50年に一度しか雨が降らないところ。

Desert, Peru 2 (Medium)

直射日光を避けるために、白いシートを買いました。休憩するときは、このシートを張って日陰を作ります。砂漠の旅は過酷で、100キロ以上給水所がないところもあったほどです。2人は、お互いの水を分け合いながら自転車を走らせました。

【この旅の詳細は、2011年11月3日公開「僕たちのバイシクル・ロード 〜7大陸900日〜」で!】

ついに南極上陸!ペンギンとともに自転車で滑走

6日間外洋を航海し、船はデニソン岬に着きました。ここは世界一、風が強い場所。

Jamie and Ben, Antarctica (2) (Medium) (Small)

案の定、着いた初日は強風で着岸できませんでした。風があまりに強いため、ゴムボート(ゾディアック)が飛ばされてしまうのです。目の前に南極大陸を眺めながら、風が止むまで待たなくてはなりません。2人は、南極に上陸できない可能性もあるなと覚悟していました。

しかし、翌朝になると太陽が輝き、風もおさまっていました。船橋に行くと、船長が「上陸できるぞ」と言ってます。

「南極で自転車に乗れる!」ジェイミーとベンは興奮してきました。

Jamie and Ben on ice with bike, Antarctica (Medium) (Small)

いよいよ、南極へ上陸です。「これが4番目の大陸だ! 信じられない」

当然ですが、自転車は氷の上で滑り、うまく前に進みません。

「砂の上を走ってるような感じだ。でも、つらいけど満足してるよ」

2人は丘の上まで自転車を運び、一気に走り降りました。ペンギンが横を走っています。ジェイミーとベンは、南極を自転車で走るという大きな夢を実現したのです。

Penguin, Antarctica (Medium) (Small)

管理人「今でも目に焼き付いて離れない景色はある?」

ベン「南極のデニソン岬で、氷山とペンギンを見たのは特別な経験だったよ!」
Twitterviewより。

Penguins, Antarctica (Medium) (Small)

これまでの道中で最高の景色、そして最大の達成感です。

そして、2人を乗せた船は南極を後にし、次なる大陸へと向かいます。
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ