ベーシックインカムメールニュース編集長の取材メモ

ベーシックインカムメールニュースの編集長を務めております。日々の情報収集・取材活動の中で気づいたことや没になった記事など、メールニュースになった記事の背景、そしてならなかった記事、さらにバックナンバーなど掲載していきます。本体であるベーシックインカム・実現を探る会もよろしくお願いします。

アトキンソン氏の訃報:関連記事


訃報:経済学者にして「紳士学者」トニー・アトキンソン
OBITUARY: Sir Tony Atkinson, economist and "gentleman scholar" | BIEN

近著『不平等-どんな対策を打てるのか?-』から15の提案
The 15 Proposals from Tony Atkinson’s ‘Inequality – What can be done?’ – Tony Atkinson

『不平等-どんな対策を打てるのか?-』に関する書評
Inequality: What Can Be Done? by Anthony B. Atkinson, a review | BIEN

アトキンソン氏は参加所得としてのベーシックインカムを提案している。
A. B. Atkinson, “The Case for a Participation Income,” The Political Quarterly, 1996.

「ベーシックインカム:倫理学、統計学そして経済学」
A. B. Atkinson, “Basic Income: Ethics, Statistics and Economics,” revised version of a paper presented at the Basic Income and Income Redistribution workshop at the University of Luxembourg, April 2011.


参考リンク
▼個人サイト
Tony Atkinson – Personal Website of Sir Anthony B. Atkinson

▼近年の業績
世界の富と所得のデータベース
WID - World Wealth & Income Database

世界の貧困調査に関する報告
report on monitoring global poverty


2017年ダボス会議におけるベーシックインカム


ガイ・スタンディングがダボス会議でベーシックインカムについて問題提起する
SWITZERLAND: Guy Standing to present on Basic Income at Davos


ダボス会議の世界経済フォーラムブログにおけるベーシックインカムの記事
「プレカリアート、ポピュリズム、そしてロボット:ベーシックインカムは政治的に緊急の課題なのか?」
The precariat, populism and robots: is basic income a political imperative? | World Economic Forum

世界経済フォーラムブログの関連連載記事
「プレカリアートに向き合え、グローバル規模で広がる新しい階級がポピュリズムという燎原の火を拡大している」
Meet the precariat, the new global class fuelling the rise of populism

「グローバル資本主義の中の最も大きな5つの嘘」
The 5 biggest lies of global capitalism | World Economic Forum

ベーシックインカム計算機:エコノミスト誌


英エコノミスト誌によるOECD諸国のベーシックインカム試算ツール(Universal basic income calculator)。
Daily chart: Universal basic income in the OECD | The Economist

OECD諸国において、「現状ベーシックインカムに転換できる年間現金給付総額」「$8,000給付するために必要な増税割合」「$10,000給付するために必要な増税割合」「$12,000給付するために必要な増税割合」「$14,000給付するために必要な増税割合」と切り替えることができる。

日本は増税しなくても、現状年額$5,700はベーシックインカムとして給付することが可能。




 
記事検索
プロフィール

bieditor

タグクラウド
  • ライブドアブログ