2016年11月27日

香川県満濃池森林公園 メタセコイアの紅葉

まんのう町には国営、県営の二つの大きな自然公園があります。
その一つ、満濃池(まんのういけ)西側に位置する満濃池森林公園にはメタセコイア(針葉樹)があり、今紅葉の真っ最中です。

紅葉し落葉する針葉樹としてはカラマツが有名ですがメタセコイアも紅葉が終われば落葉し、春にまた新たな葉が芽を出してくるのです。

満濃池森林公園への導入路右にもメタセコイアがありますが、今回は駐車場から下に降りた「ファミリー広場」の池の畔にあるメタセコイアを撮ってみました。

49

木道にはたくさんの落葉



04

斜光が紅葉を際ださせます



47-2

ファミリー広場の遊具にメタセコイアの木漏れ日が注ぎます


42


向かいの森もメタセコイアの森


33

ベンチに座れば異国情緒たっぷりの風景が目前に広がります


00

遠くに入道具、夏と秋と初冬の混在


37


カメラマンも毎日多数訪れて、秋の名残をファインダーから眺めでいます

写真(2016年11月24日 15時頃撮影)


メタセコイア (ウィキペディア参照) 



bigfoot64 at 17:21コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! <
満濃池森林公園 | 満濃池は秋模様

2016年11月26日

冬はイルミネーションから始まります 5

まんのう町にある国営讃岐まんのう公園では毎年恒例のイベント、イルミネーションの点灯が始まりました。
来年1月3日までの間、山々に囲まれた龍頭の里では毎夜夢のような光のパフォーマンスが繰り広げられています。
IMG_6643


エントランス正面には素敵なツリーが


IMG_6647


長いウェルカムロードを抜けると一変視野が広がります


IMG_6657



小高い丘には花が咲いた様な球体のイルミネーション



IMG_6664


昇竜の滝から階段を登りきった辺りで後ろを振り返ると圧巻!

毎年その規模やデザインがスケールアップされ、訪れる者の心を引き付けます。
これから寒さも本番になります。来園の際は防寒にご注意下さい。

bigfoot64 at 15:46コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! <
国営讃岐まんのう公園 | 写真

2016年11月10日

松山 萬翠荘 (ばんすいそう)

_IGP4411

松山城山の南麓に建つ。1922年(大正11年)に、旧松山藩主の子孫久松定謨(ひさまつ さだこと)伯爵が別邸として建てた、フランス・ルネッサンス風の洋館で、設計は後に愛媛県庁本館などを手がけた建築家木子七郎。建物を「萬翠荘」と命名したのは、定謨の子で次代当主となった久松定武である。建築面積428.78平方メートル、地下1階、地上2階建て。
_IGP4422


松山で最も古い鉄筋コンクリート造建築である。屋根は寄棟造、スレートおよび銅板葺き。屋根中央にはマンサード屋根、東南隅には尖塔を設けて外観に変化をもたせる。平面は正面車寄を入って中央が階段のある広間、東側は表がサロン(謁見の間)、裏手が食堂(晩餐の間)となり、西側には執事室、配膳室など内向きの部屋を配する。2階は居間、寝室などの居住スペースとする(現在は第1〜第7展示室)[3]。玄関の床は大理石、玄関ホールの柱は岡山産の万成石(通称紅桜)、正面階段の手すりは継ぎ目の無い南洋チーク材の一本木、各部屋には色の異なる大理石で造られたマントルピース(暖炉)、水晶のシャンデリア、縦4,442ミリメートル×横3,106ミリメートルのステンドグラス等、非常に質の高い造りとなっている。踊り場の大窓に広がる海の風景は、グラデーションを使用した繊細な色彩のステンドグラスで、これまでハワイ製と言われていたが、2010年の愛媛県の調査(奈良文化財研究所に委託)により木内真太郎の制作と判明した。完成直後の11月22日から24日まで、皇太子摂政宮(昭和天皇)が滞在した。その後も皇族などの滞在場所として度々使用されている。また、当時は社交の場として各界の名士が集まったという。
_IGP4416


太平洋戦争終結後、米軍に接収される。接収解除後、1947年(昭和22年)から松山商工会議所として使用される。1952年(昭和27年)から松山家庭裁判所として裁判官室、事務局等が入居。1954年(昭和29年)より愛媛県の管理となり、同年8月に愛媛県立郷土芸術館として開館した。1979年(昭和54年)に愛媛県立美術館分館と名称変更。1985年(昭和60年)に愛媛県指定文化財に指定された。2008年に改修工事が行われ、2009年4月から指定管理者制度の導入により、愚陀仏庵とともに株式会社ウインに運営を委ねている(2014年平成26年)3月31日まで)。イベント・展示会場として利用されている。
_IGP4424

2011年11月29日に本館と管理人舎の2棟が国の重要文化財に指定された。(Wikipedia)

_IGP4406



bigfoot64 at 11:26コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! <
温故考新 | 光と影

2016年11月03日

愛媛県東温市 白猪の滝

愛媛県 石鎚山系の紅葉を思って出かけては見たものの、昨夜からの雨が少し残っていたのが


山は雲とガスに覆われて遠くを見渡すのは無理の様子、石鎚スカイラインに辿り着く前に偶然見た看板にあった


「白猪の滝」(しらいのたき)へ行ってきました。


山道を1.5キロほど登った(徒歩)ところに滝の気配を感じ見上げてビックリ、滝の出口は高くて見えないほどで、三段の岩肌をかなりな水量の水が流れてました。


紅葉には少し早いようで、それが残念に思われます。


_IGP4386





_IGP4396




雲が晴れて山も見渡せるようになってきたのは、お昼を幾分か過ぎた辺りからでした

_IGP4401


takumi kameyama





bigfoot64 at 14:20コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! <

2016年09月29日

金木犀の香りが

IMG_6270

金木犀の香りが何処からともなく、秋も深まり、祭りの準備も始まりました。
mannouike.com

bigfoot64 at 16:02コメント(1)トラックバック(0) この記事をクリップ! <
畦を歩けば | 満濃池は秋模様

2016年09月23日

未草咲く

_IGP4103

蛍見公園駐車場の対岸にある満濃池を模した溜まりの中に小さな未草が花をつけていました。
未の刻(今の午後2時の前後2時間位)に花を咲かすという意味のようです。
takumi kameyama


bigfoot64 at 13:50コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! <

2016年09月20日

台風16号

猛威を振るった台風16号も今は関東地方へと向かっているようです。
香川県では記録的な降雨量で交通機関や家屋の被害も出ているとニュースが伝えています。
午前中に見た北の空
IMG_6223



満濃池からの放流は無く金倉川はわが家の側では流れはほとんどありません
IMG_6227


takumi kameyama

bigfoot64 at 18:15コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! <
自然の話題 | 日々の話題

2016年09月15日

満濃池金倉川の水も冷たく感じて

_IGP4076


むせ返るような夏にもさわやかな水を流し続けた満濃池からの流水金倉川も
手を着けると水が冷たく感じるようになってきました。
池の水も半分近くになっていますので、水温も多少低めなのでしょうか
あたりは涼やかな風が吹いていました。



bigfoot64 at 18:06コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! <

2016年09月09日

まんのう池周辺に秋の気配が

あんなに暑かった酷暑の夏もいつの間にか過ぎ、満濃池分水施設のクロモも大きく育ち水面に顔を出すようになってきました
58



近くの仙人草が今真っ盛りで白い花を咲かせています
19

やがて紅葉の季節となり緑の森も色づき始めます。

bigfoot64 at 10:45コメント(0)トラックバック(0) この記事をクリップ! <

2016年06月05日

2016年6月15日は讃岐満濃池のゆる抜き

平成28年6月15日(正午)は満濃池の初ゆる抜きがあります

11時頃から堤防東詰高台にある神野神社でゆる抜きの安全と
豊作を祈るご神事が、また西詰にある神野寺では五穀豊穣を
祈る護摩焚きが行われます。


日常とは違った時間と空間に出会えるかも知れません、ぜひご見学にお出で下さい。...
(写真は平成16年のゆる抜き風景です)
56



bigfoot64 at 17:27コメント(2)トラックバック(0) この記事をクリップ! <
満濃池百景 | まんのうの話題
訪問記念に↓クリックすると香川の情報が見れるよ!!
にほんブログ村 地域生活ブログ 香川情報へ
デイリーBIGFOOT
ツイッター
ビッグフットはここだよ!
Recent Comments
Archives