日本の視鮮、日本の左危機

朝鮮半島と左派関連の記事をまとめています。 ブログを始めて間もないので、不具合も多々ある点、ご了承ください。

    1: ニライカナイφ ★ 2018/07/06(金) 23:39:08.75 ID:CAP_USER
    ◆「評判の良い国ランキング」は上昇も…韓国と評判上位国との“意外な因縁”とは

    世界でもっとも“評判の良い国”はどこか。
    そんな疑問解消の一助となる、ひとつの調査結果がある。

    アメリカのコンサルティング企業「Reputation Institute」が発表した世界国別評判ランキングだ。
    このランキングは、経済規模上位55カ国が対象で、環境、暮らしの質、社会の安全、政府の透明性、経済状況などの項目があり、それらを合算して国をランク付けしている。

    今年の世界国別評判ランキングによれば、世界でもっとも評判の良い国はスウェーデンだった。
    点数は81.7点で、2017年の同じ調査の3位から2ランクアップして1位に輝いている。

    日本は、昨年の12位から4ランクアップした8位(77.7点)となり、世界トップ10に入った。
    一方「国家ブランド指数」をはじめ、この手の世界ランキングに何かと敏感になる韓国は、31位(58.5点)という評価だった。

    少々乱暴な振り分けをすれば、55カ国中31位では「評判が悪い国」に大別されることになるかもしれない。
    ただ、それでも「昨年35位から4ランクアップ」(『中央日報』)したのだから、まずまずだろう。
    興味深いのは、今回の世界国別評判ランキングの上位国と韓国には近年、さまざまな因縁があることだ。

    ■1位スウェーデンにモラルなき行為?

    ひとつは、1位にランクインしたスウェーデンである。
    つい最近には「スウェーデンに戦争を仕掛けましょう」といった穏やかではない“国民請願”があった。

    韓国の国民請願とは、大統領府ホームページに設置されたもので、国民がオンラインで政府に請願できるサービスだ。
    なかには、スウェーデン発祥の家具チェーン店IKEAの「不買運動」や「韓国撤退」を呼びかける請願もあったという。

    スウェーデンと韓国はロシアW杯グループリーグ初戦で対戦し、スウェーデンが1-0で勝利した。
    敗れた韓国の一部の人々がその腹いせや憂さ晴らしに暴言を書き込んだようだが、相手国にしてみれば気持ちの良いものではないはずだ。

    世界国別評判ランキングは2位フィンランド(81.6点)、3位スイス(81.3点)、4位ノルウェー(81.1点)、5位ニュージーランド(79.7点)と続いている。
    北欧が強い印象だ。

    そして6位オーストラリア(79.6点)、7位カナダ(79.2点)、8位日本、9位デンマーク(76.7点)、10位オランダ(76.1点)までがトップ10入りを果たしている。
    たまたまかもしれないが、スウェーデンだけでなくトップ10入りした国のなかにも、韓国との因縁がある国がある。

    ■「女性観光客にとって危ない国」

    例えば6位に入ったオーストラリアは近年、韓国に対するイメージが悪化している国のひとつとされている。
    というのも、オーストラリア国内で行われた「女性観光客にとって危ない国」ランキングのトップに、インドを抜いて韓国の名前が挙がるようになったというのだ。

    また、7位に入ったカナダも、以前イギリスBBCが行った「国家イメージアンケート」で、韓国否定派が41%と高かったことが知られている。
    世界一の“嫌韓国家”とされるドイツの否定派65%に比べればまだマシだが、韓国に対する印象はそれほど良くない国といえるかもしれない。

    今回発表された世界国別評判ランキングは、2018年3月から2カ月間、全世界5万8000人を調査した結果だという。
    韓国にとってこの期間は、平昌五輪直後や南北首脳会談開催などで、世界的な注目度が著しく上がった時期でもある。

    それでも55カ国中31位だったということは、海外のほかの国から韓国にはまだまだ改善しなければならないことが多いと考えられていることへの表れでもあるだろう。
    今後も厳しい評価が続くことを示唆しているとも言えなくもない。

    ■「31位でも高いくらい」

    実際、今回発表された世界国別評判ランキングの報道に触れた韓国ネットユーザーたちは、「31位でも高いくらい」といった反応も見せていた。
    また、「日本の8位はちょっと高すぎるのでは」「他の国はわからないが日本は政治家のスキャンダルも多いのに」と、自国の順位よりも日本の高評価に対して疑問符を投げかける声が少なくなかった。

    同じ北東アジアとして意識してしまうのは仕方ない部分でもあるが、日本のことを指摘するよりも、「世界が韓国をどう見て評価しているか」ということに気を払い、改善すべきことは改善していくべきではないかと思う。
    危機や問題に直面したとき、ダイナミックに改革を進める底力が韓国にはあると思うからこそ、余計にそう思う。

    Yahoo!ニュース 2018/7/6(金) 7:13
    https://news.yahoo.co.jp/byline/shinmukoeng/20180706-00088171/

    【【逆Kの法則】嫌韓国民が多いほど「世界で最も評判の良い国」のランキング上位になる法則発見…スウェーデンやオーストラリア等[7/6] 】の続きを読む

    1: 【B:82 W:86 H:93 (C cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/06(金) 02:39:01.16 ID:CAP_USER
    ■ ハイト眞露ビールのデザインの1種類、「赤色の放射状パターン、旭日旗連想」
    ■ メーカー側、「灼熱の太陽とビールが飛び出す姿を表現したこと"
    ■ 一部のネチズン、「単なる放射状のパターン・・・旭日旗と見るのは無理」
    _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _ _

    (写真)
    https://imgnews.pstatic.net/image/079/2018/07/05/0003120320_001_20180705142017722.jpg

    国内の酒類メーカーであるハイト眞露が、旭日旗を連想させるデザインで装飾したビールを販売して物議を醸している。

    去る4日、多数のオンラインコミュニティーで、『ハイトエキストラコールド(ビール)』のデザインを指摘する投稿文が寄せられた。

    消費者が指摘した部分は、青い背景に赤色の線が伸びて行くデザインで、この部分が日本の帝国主義象徴である旭日旗を連想させるというのである。

    先月ハイト眞露がプロモーションでリリースしたこのデザインは計72種で、ビールのオンシーズンである夏を迎えて製作された。

    メーカー側は、「“情熱”というテーマから、灼熱の太陽とビールが飛び出す姿をダイナミックに表現しようとした」とし、「このデザインを巡る否定的な世論を認知しており、このデザインは生産を中止した」と明らかにした。

    このデザインで旭日旗を連想するのは強引な指摘だという意見もある。

    一部のネチズンは、「中央から端に伸びて行く放射状パターンを見て旭日旗を連想するのは過度に敏感な反だ。 形と色をよく見て指摘しなければならない」とし、「放射状パターンから全て旭日旗を連想するなら、初めから商品デザインでこのようなパターンを使うなという話になる」と主張した。

    このような議論に対し、ある視覚デザイン学科の教授は、「このビールのデザインを旭日旗と見るのは難しい。放射状のパターンと言っても全て戦犯旗ではない。しかし赤色の線が旭日旗を連想させる事はできる」とし、「国内企業なら国民の情緒をもっと考慮して作ればら良かった」と助言した。

    ソース:NAVER/CBS=ノーカットニュース(韓国語)
    http://news.naver.com/main/read.nhn?mode=LSD&mid=sec&sid1=102&oid=079&aid=0003120320

    【【韓国】「国産ビール(ハイト眞露)のデザインに旭日旗?」[07/06] 】の続きを読む

    1: 【B:97 W:60 H:101 (D cup)】 @ハニィみるく(17歳) ★ 2018/07/05(木) 07:57:07.13 ID:CAP_USER
    (え)
    http://www.kyeongin.com/mnt/file/201807/2018070401000340100016471.jpg

    日本人の掃除マナーがロシアワールドカップで話題になっている。日本の応援団が試合後、観客席をきれいに掃除するシーンに世界が感動したのである。 応援団だけではない。日本代表チームも使用した競技場のベンチやロッカールームをきれいに片付けた後、「ありがとうございます」というメモを残した。1998年のフランスワールドカップの時から引き継がれている掃除マナーだなんてすごい。

    そのため、グループ予選の最後の試合でフェアプレーの評価で16強に上がるため、ポーランドに負けているのにお散歩サッカーを一貫した非常識なスポーツ精神に対する批判も多く寄せられた。イギリスのBBCは、「日本は16強で必ず負けて欲しい」と躊躇なく蔑視した。しかし、ベルギー戦の直後にイギリスの日刊紙The Sunは、「日本の観客が競技場の勝利者」と言いながら賛辞を送った。

    ワールドカップの掃除マナーと関連して、日本の『メイワク(迷惑)文化』が注目されている。本来の意味とは関係なく『民弊(迷惑)』を意味するが、絶対に他人に迷惑をかけてはならないという日本人の意識を指す。 一度でも日本を訪問した者はきれいな街に驚き、めったに怒らない日本人の笑顔に感嘆する。日本の品格がメイワク文化から始まるという紀行文は数えきれない。

    しかし、メイワク文化はいつも疑われる。日本の主流社会が周辺国に及ぼす歴史的民弊(迷惑)が深刻だからである。侵略の歴史を否定して占領地で犯した蛮行を否認する日本は、日帝の被害国の国民の立場からは歴史的鉄面皮(面の皮が厚い・厚かましい・恥知らず)と相違ない。地震や津波などの災難が発生する度、日本人が見せる秩序ある対処はメイワク文化の標本と称されるが、そのような日本人が日帝時代には関東大地震の犠牲に朝鮮人を虐殺し、中国の南京市民を動物のように狩った。メイワクは日本人同士の内国用文化である。

    そのため西欧メディアは日本の観客の掃除マナーに感動するが、韓国を始めとした日帝の被害国は日本の観客が振り回す旭日旗にひきつけを起こす。掃除をする日本人が日本のタテマエ(建前・見かけ)なら、旭日旗を振る日本人は日本のホンネ(本音・本心)と見られる。競技場を一糸乱れなく掃除する日本人の姿から、メイワク文化の中に残滓した日帝全体主義の残り香(残響)を疑えば鋭敏なのだろうか。

    ユン・インス論説委員

    ソース:京仁日報(韓国語)
    http://www.kyeongin.com/main/view.php?key=20180704010001647

    【【韓国】日本の観客の清掃マナーと旭日旗=京仁日報コラム[07/05] 】の続きを読む

    このページのトップヘ