これまでに何度かPEラインに関して書いてきましたが、PEを使うと「バラシが多くならない?」と聞かれることがあります。シーバスの釣りでは特にそうですね。でも、実際はどうなんでしょう?

 

結論から言うと、答えは「Yes」であり「No」でもあります。

まず、PEラインを使うと感覚的にバラす回数が増えてくるような気がしますが、私はあまりネガティブに考えていません。

PEの大きな特徴である感度の良さが、ナイロンでは取れないようなアタリを感知して、それが「結果的に」早合わせにつながったり、遠くでの小さなアタリを辛うじてフッキングに持ち込んだり・・・。いずれにしても、PEを使ってたからこそフッキングした魚だったと思えば、バレてもショックはないのです。ナイロンだったら元々出会えなかった魚かもしれないですからね。

シーバスの場合で言うと、その捕食は「吸い込み型」で、一気に丸呑みした後、違和感を感じると一瞬で吐き出してしまいます。その様子はラパラが出している『SEABASS LIVE』と言うビデオを見ると良くわかるのですが、映像を見て思うのは、シーバスに関して言えば「早合わせ」は現実的に不可能だろうということです。

「コッ」という、いわゆるショートバイトは、吐き出す瞬間にフックが一瞬どこかに当たったり、捕食しようとしてうまく吸い込めなかった場合などに手元に届くものだと私は思います。それは「早アワセ」じゃなかったらフッキングしたか?と言えば答えはNoだと思うのです。アタリを感じたら一瞬送り込んで、とか考えた時期もありましたが、あの映像を見てしまうと考えるだけムダなような気がしてしまい、あまり深く考えなくなったのです。(^^;)

高感度なPEだからこそ「感じてしまう」ショートバイトが私たちを悩ませますが、これは「PEだからバラシた」ということとは違う意味あいのものではないかと私は考えています。

その一方で、PEには性質上バラシを呼ぶことになる要素があるのも事実です。

それは伸びのなさによる魚の口切れや針穴の拡大と、その強度から来るスナップやリング、フックの伸び。こればっかりは、PEの特性が生み出すバラシと言わざるを得ないと思うのです。

水流・ボトムやアタリの感知能力、フッキングパワーの伝達能力などの特性はPE特有の低伸度から来るものですが、伸びが少ないことによって力は弱いところに集中してしまうのですね。時にはそれが魚の口であり、フックであり、スプリットリングであり、スナップであり・・・。

それらをライン自体の伸びで吸収するナイロンと対極であり、こればっかりは仕方ないかもしれないですね。先日バラシた大型メバルも、海草密集地帯に潜らせたくなかったのでドラグを強めた結果、ジグヘッドのフックを伸ばされたパターンでした。(泣)

そこで、PEを偏愛する(笑)私の対応は大きく分けて二つ。

まず、リーダーにナイロンを使い、その部分で少しでも「伸びシロ」を稼ぐ方法が一つ。カツオなどの口切れが懸念される魚の時は特に長めに取ります。竿の長さや状況による変化はありますが、状況によって1〜3ヒロ(約1.5〜4.5m)くらい取りますね。あと、磯場のシーバスなど、かけてからあまり糸を出されたくない時もこちらを選択します。ある程度ドラグを閉めて勝負する場合ですね。

もう一つはドラグを緩めに設定する方法です。「PE=強い」っていう感覚のせいか?PEを巻くとナイロンよりもドラグ設定を強くする方もいますが、それは逆効果です。障害物に巻かれる心配のない場所や相手の場合、むしろナイロンのときよりもドラグを緩めにした方が、口切れや刺さった針穴の拡大によるバラシは少なくなると思います。

私はシーバスやバスではドラグを強めに設定しておき、魚をかけてから緩める方法を多用していますが、それには慣れが必要かもしれません。

ちなみに、ドラグを強く設定するとアワセ切れの危険もありますので、強めにセットした場合は「スウィープフッキング」と言われる、リールを巻きながら、魚の重さと竿のバットパワーを利用した「長く引く」アワセをオススメします。

PEラインは、その特性を十分に理解して、適切な準備と少々の気遣いや慣れによって強力な武器になると思います。今まで、なんとなく敬遠してた方や、使ってみたけどトラブルが多かった方、バラシが増えた気がしている方・・・。私のノーガキが多少でもお役に立てば幸いです。


※文中の感覚・感想はすべて私個人の主観的なものであり、責任を負うものではありません。