2013/03/10 15:35 【阪神】11R 芝   1400m オープン 報知杯フィリーズレビュー G2

本番の桜花賞には直結しないトライアルレース。
距離が1400mということで、瞬発力よりはスピードの持続性を求められるからだと思います。

実際瞬発力のコース平均は3.1となっており、急加速のギアチェンジが発生するわけではありません。

今回おっちゃんは海のものとも山のものともわからないけど、能力は高いだろうという馬を本命にしました。
レースを経験する度に体が動くようになってきており、順調な成長曲線を描いていると思います。

対抗はサンブルエミューズ。
どちらかと言うと瞬発力タイプの馬ですが、権利取りのために全力を出すと思いますので、一応対抗にしておきましょう。

面白い馬としては、ラトーナとタンスチョキンです。

◎ (16) ティズトレメンダス
○ (12) サンブルエミューズ 
▲ (15) シーブリーズライフ 
△ (14) ニシノモンクス   
× (10) ラトーナ 
注 ( 5) サウンドリアーナ     
注 ( 2) タンスチョキン  


フィリーズレビュー2013

コース適性TOP5

ラトーナ
ニシノモンクス
ティズトレメンダス
サンブルエミューズ
シーブリーズライフ