米山明日香のブログ

2022年4月~「ニュースで学ぶ『現代英語』」NHKラジオ講師。 2021年11月『英語発音記号の鬼50講』(明日香出版社)発売。 2020年7月『英語リスニングの鬼100則』(明日香出版社)発売。 2017年6月20日(火) BSスカパー「ニュースザップ」に出演。 記事の無断転載はご遠慮ください。

米山明日香のブログ イメージ画像
大学で英語音声学、英語教育、通訳、英語プレゼンテーションスキルなどを教えています。

近刊・新刊

先日はNHKラジオ「ニュースで学ぶ『現代英語』」の出演者が発表となりました。2022年度 NHK語学番組の出演者をご紹介!  |NHK_PR|NHKオンライン本日は、その新番組の開始に伴い、AERA Englishにインタビューしていただきましたので、その告知させていただきます。AERA Eng
『AERA English 2022 3/31発売 インタビュー記事掲載』の画像

2月4日に発売となりましたCnn English Expressの3月号は『イギリス英語』特集です。その中で、エリザベス女王の英語について解説を書かせていただきました。エリザベス女王の英語は、Received Pronunciation(受容発音、RP)と呼ばれるタイプのアクセントですが、こちらの発
『CNN English Express 2022年3月号』の画像

これまで、『音声DL付き 英語リスニングの鬼100則』と『英語「発音記号」の鬼50講』の活用法について(1)フィードバックの重要性、(2)ディクテーション、(3)リピーティングについて書いてきましたが、今回は少し上級者編です。1. シャドーイングとは今回は、シャドー
『『英語リスニングの鬼100則』と『英語発音記号の鬼50講』の活用法(4) シャドーイング』の画像

これまで『音声DL付き 英語リスニングの鬼100則』と『英語「発音記号」の鬼50講』の活用法について、(1)フィードバックの重要性、(2)ディクテーションの観点からご紹介してきました。1. リピーティングとは今回は、リピーティングについてです。英語で書くと、repeatin
『『英語リスニングの鬼100則』と『英語発音記号の鬼50講』の活用法(3)リピーティング』の画像

前の記事では、「録音して、自己フィードバックする」ことの重要性について書きました。この記事では、『音声DL付き 英語リスニングの鬼100則』と『英語「発音記号」の鬼50講』の活用法で、「ディクテーションの重要性」をご紹介します。1. ディクテーションの重要性ディクテ
『『英語リスニングの鬼100則』と『英語発音記号の鬼50講』の活用法(2)ディクテーション』の画像

1. プラクティスを効果的に行うには?拙著『音声DL付き 英語リスニングの鬼100則』と『英語「発音記号」の鬼50講』では、多くのプラクティス(練習問題)を入れています。これは多くの研究において、「リスニング能力と発音は関連があること」が証明されていますが、それを具
『『英語リスニングの鬼100則』と『英語発音記号の鬼50講』の活用法(1) フィードバック』の画像

2020年7月に『英語リスニングの鬼100則』を、2021年11月には『英語発音記号の鬼50講』を上梓しました。おかげ様で好評を得ており、著者として、うれしく思っております。皆様には感謝申し上げます!さて、ときどき、「どちらを使ったらよいですか?」というお問い合わせをい
『『英語発音記号の鬼50講』と『英語リスニングの鬼100則』はどちらを選べばよい?』の画像

11月12日に発売になる『英語「発音記号」の鬼50講』明日香出版社から発売することとなりました。twitterにおいて、概要を告知しましたが、もう少し詳しい情報を。本書の最終目標は、発音記号を読めることによって、「正しい発音」を身に着けるということです。米山明日香 Dr
『新刊 11月12日 『英語発音記号の鬼50講』出版 特徴』の画像

大変ご無沙汰しております。twitterではちょくちょくつぶやいておりましたが、ブログはなかなか時間が取れず、ご無沙汰しておりました。さて、このほど、11月12日に『英語「発音記号」の鬼50講』を明日香出版社から出版することとなりました。どうか多くの方の英語学習
『新刊 11月12日 『英語発音記号の鬼50講』出版 告知と感謝』の画像

明日香出版社より7月20日に発売となりましたが、ご好評を得ており、ご購入いただきました方々には心より御礼申し上げます。1. 専門家からのご意見さて、お目通しいただきました方の中には専門家の方もおり、ご自身のブログで取り上げていただくなどしております。取り上げ
『新刊『英語リスニングの鬼100則』はなぜ「発音」にこだわるのか?』の画像

『英語リスニングの鬼100則』ですが、ご好評をいただいております。誤植がいくつかございました。p82 (5) ×建てました 〇建てますp425 l7~8 ×オーストラリア 〇オーストリア 訂正してお詫びいたします。

7月20日(月曜日)ごろの全国発売に先駆けて、どのような人が拙著『英語リスニングの鬼100則』を使用すると効果的かについて、考えてみたいと思います。音声DL付き 英語リスニングの鬼100則 (ASUKA CULTURE)米山 明日香明日香出版社2020-07-20基本的は「英語リスニングを向上
『『英語リスニングの鬼100則』はどういう人が使うと効果的か?:「症状」と「処方箋」』の画像

大変ご無沙汰をしております。執筆活動に追われ、すっかりブログをご無沙汰しておりました。このほど明日香出版社より『英語リスニングの鬼100則』を発売する運びとなりました。この本の特徴は、「英語の音を聞いても理解できない」とか「内容の前に音がわからない」とかとい
『新刊 『英語リスニングの鬼100則』目次』の画像

久しぶりのブログです。暗いニュースが世間を駆け巡っておりますが、皆様におかれましていかがお過ごしでしょうか。わたくしは入試から何やら忙しい毎日を送っておりました。それからしばらく執筆業務に追われていました。1. 声にうっとり本日はその執筆したものを録音する日
『録音♡ 語学試験で高得点を取る秘密?』の画像

2020年が始まりました。新しい一年の英語学習は始まりましたでしょうか?今年はオリンピックイヤーですし、民間英語試験導入の方針は変わったものの、引き続き、生きた英語の重要性は高まるばかりです。さて、コスモピア(出版社)から出ている「多聴多読マガジン2月号」は、
『多聴多読2月号 イギリス英語特集』の画像

本日1月1日の #東京新聞 9面にインタビュー記事が掲載されました。『暴言の正体 見極めろ』というタイトルで、世界各国のリーダーの暴言をどう見極めていくかといった記事になっております。1. リーダーの暴言は人々の閉塞感の代弁であるこれまで、世界のリーダーたちが
『東京新聞 インタビュー記事 1月1日号 『トランプ大統領などの暴言・差別的発言を考える』』の画像

しばらく忙しくしており、ブログの記事を書けずにおりました。来年からは、折を見て、少しずつ書ければと思っております。楽しみにしてくださっている方には申し訳なく思っております。1. 東京新聞1月1日号さて、来年1月1日(もう明日ですが)東京新聞にインタビュー記事
『1月1日は東京新聞のインタビュー記事掲載 #トランプ大統領』の画像

↑このページのトップヘ