米山明日香のブログ

2022年4月~「ニュースで学ぶ『現代英語』」NHKラジオ講師。 2021年11月『英語発音記号の鬼50講』(明日香出版社)発売。 2020年7月『英語リスニングの鬼100則』(明日香出版社)発売。 2017年6月20日(火) BSスカパー「ニュースザップ」に出演。 記事の無断転載はご遠慮ください。

米山明日香のブログ イメージ画像
大学で英語音声学、英語教育、通訳、英語プレゼンテーションスキルなどを教えています。

英語力向上の方法

久しぶりのブログです。暗いニュースが世間を駆け巡っておりますが、皆様におかれましていかがお過ごしでしょうか。わたくしは入試から何やら忙しい毎日を送っておりました。それからしばらく執筆業務に追われていました。1. 声にうっとり本日はその執筆したものを録音する日
『録音♡ 語学試験で高得点を取る秘密?』の画像

4月からまた本格的に英語を始めたい、やり直したいと思っている方は多いと思います。そのような相談を受けることがあるので、ここでまとめておきます。対象者は大学生以上の「大人」になります。1. 英語初級者へのおすすめの本リーディングで言えば、Oxford University Press
『4月から英語を改めて学習したい人へ:おすすめの本』の画像

さまざまなレベルの生徒・学生を教えてきて、明確に言えることは、「大学に入学する以前にどれだけ音読をする癖ができているかで、英語力は大きく異なる」ということです。1. 音読の重要性音読の重要性については、以下の本などを参考にしていただくと良いでしょう。以下は一
『音読する癖が英語力を上げる』の画像

CNN English Expressは英語力向上に非常に効果的な英語学習雑誌です。その活用法の第3回目は「ディクテーションをすること」です。これは一見、地味で時間のかかる作業なので、英語学習者には敬遠されることがあるのですが、とても効果的な勉強法です。日本人英語学習者が英
『CNN English Expressを使った英語の勉強法(3)ディクテーション』の画像

CNN English Expressの活用法第2弾です。CNN ENGLISH EXPRESS (イングリッシュ・エクスプレス) 2018年 9月号 【インタビュー】ケイト・ブランシェット [雑誌]CNN English Express編朝日出版社2018-08-06CNN English Expressは何と言っても、生のニュース英語が聞けるのが強み
『CNN English Expressを使った英語の勉強法(2)動詞を拾う』の画像

そろそろ新年度が始まります。学生からも「新年度から英語をまた本格的に勉強したいのですが、どのような教材が良いですか」とか「入学して英語を頑張りたいのですが、どのような教材が良いですか」とかと相談を受けることがあります。また社会人からも「英語を勉強したいの
『新年度からの英語学習 Japan Times News Digest』の画像

先日、「使い終わった英語教材はどうしていらっしゃいますか?」と聞かれました。1. 使用済み教材はどうするか?わたくしは迷わず「捨てます」。もちろん、後で見直す可能性の高いものは残しておきますが、それ以外は捨てています。例えば、通訳学校に通っていた際に録音して
『使用した英語教材はどうするか?』の画像

昨日の記事の続きです。「英語が伸び悩んだときの対処法(1)http://blog.livedoor.jp/bihatsuon/archives/8950714.html」それでも「英語を勉強しすぎて、疲れた」と感じることがあります。そのようなときには以下の方法を試してみてはいかがでしょうか。2. しばらく英語か
『英語力に伸び悩んだときの対処法(2)』の画像

先日、「英語学習を一生懸命やっているのですが、伸び悩んでいて、英語が嫌いになりそうです。そんなスランプの時期は米山先生はありましたか?そのとき、どのように乗り越えましたか?」というご質問をいただきました。英語学習をしていると、伸び悩むことがあったり、「英
『英語力に伸び悩んだときの対処法(1)』の画像

英語を向上させたかった頃(今も精進していますが)、様々な英語の達人の英語上達のコツを紹介する本をぼろぼろになるまで何度も読みました。その中で本当にぼろぼろになった愛読書3冊をご紹介します。例えば、同時通訳の草分け的存在の村松増美さんの『私も英語が話せなかっ

1.夏こそ英語力をそろそろ大学は夏休みになります。昨日もある授業が前期最後でした。そこで数名の学生が「英語力を落とさないために、夏休み何をしたら良いですか?」と聞いてきました(とても感心する学生です!)。学生でなく、社会人もこの夏に英語力をつけたいと考えて
『英語力向上のコツ(10)書き写す』の画像

英語力向上の秘訣は、「生教材」を使うことです。特に英語上級者にはオススメです。「生教材」とは、加工していない音声のことですので、現地で録音した会話、テレビで流されたものなどが含まれます。例えば、CNNはEnglish Expressや100万語CDシリーズが勉強になります。C

英語は机で学ぶから面白くないのです。また、テストのための科目、入試のための科目だと思っているので、上達しないのです。英語力を向上させたいのであれば、ほんの小さな日々の積み重ねが大切です。日々少しずつ、英語にする癖をつけてみると、英語はみるみる上達します。

サイマルアカデミーという老舗の通訳学校に通っていた折、とにかく英語力をつけなくてはならなかったため、ほとんど毎日、苦手なビジネスや経済などの動画を見つけては、英語に訳す、あるいは日本語に訳していたものです。その中でよく使用していた話者に、富士ゼロックス元

仕事柄、日本のトップの方々に英語をお教えする機会があります。そのような方々に適切な教材となるのがFinancial Timesです。Financial Timesはピンク色の紙面でお馴染みのイギリス発祥の経済紙です。その紙面の色から、通称、"pink paper"と呼ばれることもあります。設立

英語力向上の際に、面倒なのですが、実力が上がる方法の一つに、実は「べた訳」を付ける方法があります。「べた訳」とは、通訳者がしばしば使う表現で、丁寧に全訳し、訳を付けることを言います。一見、非効率的に見える方法ですが、これが実はとても英語力が上がるのです。

英語力の向上が世間で叫ばれております。小学校から英語をやるか否か、どのようにすれば英語が向上するかといった議論は、枚挙にいとまがありません。自分の英語学習歴を振り返ると、英語力が飛躍的に伸びたことがありました。それは、通訳学校の老舗「サイマル・アカデミー

学生から、しばしば、「英語ができるようになるには、どうしたらいいですか」という相談を受けます。このような質問を受けると、逆に「どうしたらできるようになると思う?」と聞き返すことにしています。 そうすると、学生の答えは大抵以下の通りです。(1) 留学する(2

英語力向上のコツの一つ。それは、空き時間を利用して、一人でロールプレーをすることです。 たとえば、わたくし自身が高校生の時にやっていたのは、学校帰りに、外国人に道を聞かれたらとか、電車の乗継に関して質問されたらとかと、「場面を設定する」のです。そして、「ホ

英語力を向上させる一つの方法は、良文を暗記することです。学生時代を振り返ると、英語のできる先生方は、よく学生(生徒)に良文を暗記させていました。 学生(生徒)からすると、そうした先生は面倒くさがられることが多いものです。実際に、友人たちのなかには、「なんで

↑このページのトップヘ