①戦争法廃止、消費税増税中止、マイナンバー制度廃止、TPP反対などの署名を提出
 国会請願署名を旺盛にとりくみ、戦争法廃止署名1,993筆、消費税増税中止署名1,931筆、マイナンバー制度廃止署名2,195筆、TPP批准反対署名600筆の合計6,719人分の声を国会に届けてきました。こうした運動が消費税10%増税への2年半の再延期につながりました。
②小規模企業振興基本法成立にもとづき2市1町(江南、犬山、扶桑)と交渉
 国会での小規模企業振興基本法の成立を受けて、各自治体でも小規模企業への施策の充実が求められています。これを受け、尾北民商は3市2町に「要望書」を提出し、これまでに江南、犬山、扶桑の2市1町と懇談、交渉を行ないました。
③住民税特別徴収通知書で事業主に従業員の個人番号を記載!?
 各自治体が来年の住民税特別徴収通知書に、従業員の個人番号(マイナンバー)を記載することが判明しました。これにより、番号の提供を拒否している従業員の番号を事業主が強制的に取得し管理することになります。尾北民商は、その法的根拠も含め自治体にやめるよう要請しています。
④3・13重税反対全国統一行動に約450人が参加
 今年も恒例の3・13重税反対全国統一行動が行なわれました。尾北・小牧・春日井の3民商から約450名が参加し、集会、デモ行進を行なったのち、小牧税務署に集団申告しました。
⑤税務行政の民主化求め小牧税務署請願行動に78名が参加
 税務署へ呼び出しての「調査」が横行するなかで、小牧税務署請行動が行なわれ、78名が参加し収支内訳書を返還するとともに170名分の請願書を提出しました。
⑥NEXT-BMプロジェクト企画第3弾、第4弾を開催
 次代の尾北民商を担う「NEXT-BMプロジェクト」は、企画第3弾「異業種交流会」、企画第4弾「屋外ビアガーデン」を開催し、のべ35名が参加し交流しました。
⑦大量宣伝で尾北民商の存在を地域に知らせる
 この一年、ほぼ毎月1回の地域へのチラシ配布、宣伝カーの運行、民商看板の作りかえ、車に貼るマグネットステッカー、『トッピィ』への宣伝広告など尾北民商の存在を地域にアピールしました。
⑧各支部、各分野で多彩なとりくみ
 この1年間、各支部、各分野で多彩なとりくみが行なわれました。スポレク祭、バスハイク(犬山、共済&婦人部)、バーベキュー(扶桑)、ボウリング(共済会)、ビアガーデン(NEXT-BM)など、のべで342名が参加しました。
⑨全婦協定期総会に向けて婦人部員拡大で会員比6割達成
 10月に開催された全婦協定期総会に向けて、婦人部が部員拡大に取り組み、目標としていた会員比6割の婦人部を達成することができました。
⑩共済会集団健診で「受診勧奨」「要精密検査」が72%
 尾北民商共済会の集団健診で「受診勧奨」「要精密検査」の判定が全体の72%を占めました。中小業者の健康状態の悪化は引き続き進行しています。