三月十三日の火曜日、三・一三重税反対全国統一行動が行なわれました。当日は、朝から晴れわたり四月並の暖かい陽気で過ごしやすい一日となりました。各民商、団体から約四五〇名が続々と小牧駅東口広場に集まりました。尾北民商からは、他団体からの参加も含め約二〇〇名が参加しました。
 小牧駅東口広場で行なった集会は、各団体・民商ののぼり旗やスローガンを書いたプラカードが立ち並び、にぎやかな様子でした。
 冒頭、主催者あいさつにたった尾北民商の千田会長は、森友問題での安倍内閣の責任を告発するとともに、倉敷民商弾圧事件についての報告と支援を呼びかけました。今年も他団体に呼びかけて実行委員会を結成、年金者組合、尾中労連、新婦人の代表が参加団体からのあいさつを行ないました。また、日本共産党前衆議院議員の島津幸広さんが静岡からかけつけ、来賓のあいさつを述べました。集会に対する基調報告は、三民商を代表して春日井民商の森山会長が行ない、最後に小牧民商の近田会長が集会決議を提案し参加者全員で採択しました。
 集会の後は、税務署までデモ行進を行ない、「消費税一〇%増税を中止せよ!」「安倍はやめろ!」などシュプレヒコールをあげながら、沿道の小牧市民にアピールしました。
 小牧税務署の駐車場は、三・一三全国統一行動の参加者で埋めつくされ、税務署の外まで、長蛇の列ができました。最初に年金者組合の代表が請願書を読み上げ、請願書を提出したのち、参加者は、それぞれの申告書を提出しました。
DSC04831DSC04835DSC04839DSC04842DSC04844