昨年6月に愛知県があいスタ新基準を発表し、県内の飲食業者は経営する店から感染クラスタを出さないよう、多くの負担と労力をもって新型コロナウイルスによる感染症防止対策に協力してきました。
 先日、県から2022年3月までにあいスタ認証を取得した飲食店に、今年7月26日(火)から来年1月31日(火)の間に、感染防止対策ができているか再調査を行なうと連絡がありました。実際の調査日はメールで再度の連絡をするとのことです。
 連絡を受け取った飲食業者から不安の声が上がっている事態を受けて、愛商連(愛知の民商の連合体)は7月26日(火)に、以下の要望を愛知県に文書で申し入れました。

1.再調査は、飲食業者の理解と協力を得て行うも のであり、調査は必要最低限にすること。
  また、調査の際は身分証などで身分を明らかに するとともに、責任者(機関)・連絡先を明らか にすること。
2.再調査は必ず事前通知を行い、無予告(連絡) では行わないこと。再調査の訪問日時の事前通知 は、相当の時間的余裕をもって行なうこと。また、 調査日時は、基本的に飲食業者の都合に合わせる こととし、メールなどで一方的に日時を指定し訪 問するのはやめること。
3.要項で「認証の要件を満たさない場合は事業者 に要請し、要請に応じない場合は認証を取り消す ことができる」としているが、悪質な場合を除き、 取り消さないこと。
以上