尾北民商は、昨年の9月議会に、地域内のすべての議会(江南、犬山、岩倉、扶桑、大口)に、インボイスの実施中止を求める意見書採択の請願を行いました。付託された委員会では、千田会長が請願人陳述をし、請願人への質疑応答も行われるなど真剣な議論となりました。結果的には、尾北民商が提出した請願は、すべての議会で「不採択」となりましたが、岩倉市議会では、昨年の12月議会で「インボイス制度導入において慎重な対応と支援強化を求める意見書」が採択されました。
 岩倉市では、9月議会で千田会長、兼松事務局長も含めた質疑応答など、1時間に渡る真剣な議論を通して、「岩倉商工会との懇談の場での意見も聞く」とし、継続審議となりました。その後、10月に閉会中審査が開催され、再び継続審議に。そして、12月議会で、3度目の審議が行われ、「実施の中止を求めるとなると賛同しづらい」と、尾北民商が提出した「中止」の請願を「不採択」としたうえで、委員会の副委員長が緊急動議を発動し、前述した意見書が採択されました。
 「インボイス実施中止、延期」の意見書にならなかったものの、商工会もまきこんだ真剣な審議が行われました。尾北民商が請願を提出したからこそ、こうした状況を作り出すことができたことに確信をもつことが大切です。

減税・インボイス中止のパンフレットです。
2022-2023年 インボイス中止パンフ