2022年12月22日(木)に尾北民商は大口町と懇談を行いました。民商からは9人が参加し、当局は11人が応対しました。鈴木町長があいさつを行い、日本共産党の江幡町会議員が同席しました。
 商工業施策について、基本1年間の融資の利子補給が、商工会の経営指導を受けたら推薦とみなし1年半になるのは不平等ではないかと提起し、「制度を作った経緯を確認する」との回答を得ました。
 インボイス制度に関しては、町の認識や準備について確認するとともに、自治体から声を出すことの意義についても訴え、改めて国に意見書を上げるように要請しました。
 12月議会で可決され、1月から実施されている大口町の事業者休業時支援補助金については次号で特集します。

2022年12月22日 大口町懇談会 (3)b2022年12月22日 大口町懇談会 (5)