税金・申告

3市2町すべての委員会で意見陳述を行いました!

 尾北民主商工会は管内の3市2町すべての9月議会に、消費税インボイス制度中止の意見書採択を求める請願書を出しました。岩倉市(9月19日号掲載)に続き、9月14日(水)に扶桑町と大口町、9月15日(木)に江南市、9月22日(木)に犬山市の委員会で、千田会長が意見陳述を行い、また大口町以外のすべての委員会で請願に関する質疑応答が行われました。
 この中で私たちは、業者間取引の排除により多数の営業と生活が破綻しかねないこと、納税・事務の負担が小規模業者やフリーランスには重すぎること、いわゆる益税問題は誤解であり、消費税は消費者が負担する間接税とされているが実質業者が負担する直接税となっていることなどを主張してきました。
 江南市、扶桑町、大口町では残念ながら請願が不採択とされましたが、岩倉市、犬山市では重要な問題として継続審査となりました。
 引き続き議会対策を行うとともに国会請願行動に取り組み世論を広げていきます。

※ Youtubeにて「岩倉市議会令和4年9月定例会 総務・産業建設常任委員会(9月7日)1」、「犬山市議会 総務委員会 令和4年9月22日①」で検索すれば、該当の委員会の動画が見られます。

インボイス制度の説明会に参加者29人!

 9月21日(水)、昼と夜の2回に、消費税インボイス制度の説明会を開きました。
 政府は現在、来年10月1日をインボイス施行日としており、取引先から対応を求められて民商に相談しに来た人も増えています。こうした事情を反映して、昼の部は18人、夜の部は11人が参加しました。
 説明会では自身がインボイス登録をするかどうかの判断についてや、登録せざるを得ない場合の申請期限など、また消費税の本則・簡易の選択、免税業者として営業を続ける場合のメリットデメリット、必要な実務についての説明などが行われました。
 質問では「外注先から、登録はできないが(税込の)これまでと同じ単価をインボイス後も(税抜きで)保証してくれと言われている」といった相談もあり、必ずしも発注側が価格決定権を持つわけでは無い実例が明らかになりました。インボイス制度は規模の小さい業者に新しい負担を負わせるだけでなく、取引関係の信頼を破壊しかねません。
 実施後は100万人単位の小規模な業者・フリーランスが業者間の取引から排除され、営業を続けられなくなる危険があります。
 尾北民商はインボイス制度の実施中止・廃止を求めて運動しています。

※ 上が昼の部、下が夜の部の写真です。
2022年9月21日インボイス説明会 (2)2022年9月21日インボイス説明会 (6)

法人が社長名義の店舗・工場などを賃貸している場合に注意!

 インボイス制度の実施後に法人が建物等を社長から賃貸していると、法人が本則課税の場合、社長がインボイス登録をしていなければ、地代家賃分の仕入税額控除ができなくなります。
 土地のみの賃貸や住宅の賃貸には消費税は関係ありませんが、舗装した駐車場などの賃貸では同じ問題が発生します。

文化・スポーツの担い手もインボイス制度の対象です!

 商工新聞では、ライター、イラストレーター、漫画家、カメラマン、翻訳家(1/17号)、アニメーター(6/13号)、作家、俳優、声優、エッセイスト(8/1号)、サッカー選手(9/19号)がインボイス制度の影響を受けると特集してきました。
 新たに納税負担が発生するため、制度を理解していない場合、インボイスの導入によって信頼関係が壊れてしまう可能性すらあります。

請願書382人分を小牧税務署に提出!

 尾北民商は税務行政の民主化を求めて、9月13日(火)に小牧税務署請願行動を行いました。各支部の代表14人が参加しました。
 代表して前田副会長が請願書を読みあげ、小牧税務署の総務課長が受け取りました。会員などから託された請願書382人分(昨年より71人増)を提出し、併せて提出を督促された収支内訳書を返還しました。
 来年10月からインボイス制度が実施されれば、年の売上が1000万円以下の小規模業者・フリーランスも、登録して消費税を申告・納税しなければ業者間の商取引から排除されるおそれがあります。
 小規模な業者を取引先にしてきた課税業者も、インボイスによって仕事に支障をきたしかねません。
記事検索
尾北民商WEBサイトメニュー
尾北民商へのお問い合わせはコチラ民商ってナニ?税金対策&サポート独立開業支援融資相談&サポート労働保険民商へのご入会希望の方はコチラ経営なんでも相談

タグクラウド
  • ライブドアブログ