ブログネタ
.気になったニュース38 に参加中!
ビジネス文書に不可欠な時候の挨拶は月ごとに整理して保管しておきましょう!
ほとんどの場合、ビジネス文書が苦手としている人は文章の書き出し、時候の挨拶などが苦手のようです。書き方よりも書き出しをしっかり覚えてどんどん応用していくと、ビジネス文書の作成に係る時間が少なくなります。

時候の挨拶の文例
1月
・新春の候(1月上旬に使えます)
・厳寒の候(無難に使えます)
・厳冬の候(無難に使えます)
・大寒の候(雪が多いときに使います)
・酷寒の候(最近はあまり使うビジネス文書を見ません)
・初春のみぎり(年明けに使います)
2月
・立春の候(立春の時期に使います)
・早春の候(旧暦の暦を見て使います)
・余寒の候(無難に使えます)
・晩冬の候(無難に使えます)
・春寒の候(2月下旬に使います)
・向春の候(無難に使います)
3月
・早春の候(無難に使えます)
・春暖の候(暖かくなってきたら使えます)
・春分の候(春分の時期に使います)
4月
・春暖の候(無難に使います)
・陽春の候(春らしい天候の時期に使います)
・仲春の候(無難に使います)
・桜花の候(桜の時期なので、地域によって異なります)