2009年06月14日

手帳美人の時間術

CA390535

凝りもせず、また買っちゃいました、手帳の本。「手帳美人の時間術

実は、この類の本はたくさん買い込み、いづれも失敗に終わったのですが、宝の地図に貼っていたもので、手に入れていなかったものなので、やはりどうしても気になり買っちゃいました。しかも、中身も見ずに(年の初めでもない今、この手の本は店頭では少ないのです)

そして、これは「この手の本に手を出す最後!」っと決め、本が届くのを待っていました。

今、半分くらい読みました。正直、買って良かったです。

確かに、書かれている内容は、手帳術に興味のある人なら知っている内容かもしれません。

しかし、表現が違うのです、誘導がうまいのです。

例えば一般的に、「書いたことは現実になります」と表現されがちなところが、本書では「書いたことが手帳から飛び出し、外の世界へと旅に出ます」的なんです。(多少違うかも・・・汗)

何が言いたいかと言うと、イメージが湧くのです、広がるのです。教えられるテクニックでなく、自分の世界で物事を広げることができるのです。だから、真剣にもなるし、やる気もでます。

まだ、読みきっていないのですが、この本で得たことを活用する自分が見えています。

もうすぐ、2009年の後半が始まります。この地点で、ちょっと自分を確かめてみませんか?






bijinseiairfeel at 23:13│Comments(0)TrackBack(0) 書籍 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字