美人創造塾

内面から外面から、自分らしく美しく輝く人生を送りたい人へ。 プロフェッショナルコーチからのメッセージです♪

こんにちは 永田です。

3月に開催した 美人創造塾「クローゼット片付け術」ですがDSCN1035
その後の成果を発表し合う場を設けよう!ということで
4月最初の週末、とあるティールームで参加者の皆さんと再会しました。

ブログやメールで既に経過は聞き及んでいたものの
改めて 皆さんの顔を見ながら つぶさに片づけの様子を聞くのは実に楽しかったです
講座ではご参加の皆さんに
「3月中にクローゼットの中身を現在の半分に減らして下さい」
という、やや強引な宿題を出していました。

なぜならば・・・
使いやすいクローゼットには 適度な 『空間』 が必要で
それを確保するためには  『洋服の数を減らす』 ことが不可欠だからです。

選別の方法は
着ているか着ていないか → 必要か必要ないか → 好きか嫌いか → 似合うか似合わないか
→ 素敵に見えるかどうか  など

手放す服の行方は
インターネットオークションに出品 → 高価買取店 → 近所のリサイクルショップ
→ 寄付 → 似合う人・必要な人に差し上げる など
(手放すと決めたら一日でも早く、キレイな状態の方が高く売れます)

購入時の金額を思うと惜しくもなりますが、
実際には 稼動していないモノに占領されているストレスや必要なモノを探す無駄な時間をお金に換算すると
その方がよほど高くついてるわけです。

しかし お見事
皆さん私の「すっきり理論」をよくご理解くださり
クローゼットを半分に減らすという宿題を 楽々クリア!
ホント凄いです。。。

中でも一番嬉しかったのは
私が力説した 『少数精鋭理論』を全員が実践してくださっていたこと。

クローゼットにおける『少数精鋭』とは・・
着まわしのために数を多く持っておくよりも、少数でも勝負服(お気に入り)だけを揃えておくことが大事。
いつも違う服を着ていることより、いつも素敵でいることの方が大切だという理屈です。

そもそも 勝負服って、ワンシーズンでせいぜい3パターンくらいじゃありません?
それ以外の服を着ている時って 結局はあまり自分の良さが発揮できていないわけです。
そんな服に貴重な収納スペースを占領されるなんてもったいない話!!!

具体的な成果としては・・
Mさんは息子さんまで巻き込んでいい流れを引き寄せていらっしゃいました
シルクの毛布やアロマなど お気に入りにこだわって寝室まで素敵に変身したとか・・。

Iさん、Wさんは即日決行。
毎日自信をもってお気に入りの服を着倒していると(笑)
人間関係や物の考え方まですっきりクリアになったとおっしゃっていました。

根本的な部屋のレイアウトを考え直したり、引越しを考え始めた方、
忙しいけどコツコツ片づけてる方・・
皆さん何かしら確実に前進していらっしゃるのでした。

何かを手放したら、そこに新しい何かが舞い込んでくる・・おもしろいですね。

今 こんな時代だからこそ、自分にとって本当に価値あるものを見極められる目を持ちたいと思います。
これからも 楽しんで 一緒に「少数精鋭」頑張りましょうね〜

たくさんのご参加、本当にありがとうございました。


永田奈美


4月1日。
例年であれば、桜前線の話題や
エイプリルフールの笑えるとんでもないデマなど、
この日ならではのニュースが飛び交うところ。

あの大震災以来、国民はもとより世界的規模で人の意識が
大きく変化した気がします。
というより、一人ひとりが本来大切にしていることにグッと
気持ちを開いた感じが。

当たり前の毎日が実は当たり前じゃなくて、
単に慣れや習慣による無意識の選択の上にさほどの変化を感じないで
生活していただけのように思います。
立ち止まって、一つひとつの事象を見ると、
何一つそれだけで成り立っているものはないし、まったく同じ毎日はありえない。

無意識で行っていることを意識的にやろうとすると、その価値が深まったり
気づきがあったりします。
私たちの「慣れ」た行為は、能力として定着しているもので、それ以上の成長をしようと思うと、
意識的に選択して行動する必要があると思うのです。

未曾有の災害が起こり、これまでの「当たり前」の範疇が変わってしまいました。
生活自体を変えざるをえない被災地の方や、計画停電でこれまでの生活のリズムを
変化させなければならない方たちは、創意工夫、智慧の出し合い、勇気とチャレンジをもって、
少しでも質の高い生活をするようがんばっていらっしゃるのではないかと思います。
そこで生み出されているものは、これまで私たちの考えが及ばなかった
新しい価値観をもったものも多分にある気がします。
そうした智慧を引き出すベースとなる真摯さ、思いやりと愛といった人間性の豊かさは、
遺伝子レベルで私たち日本人に脈々と受け継がれたものだと思えるのです。
私たちの底力はこれからさらに発揮されるはずです。

かつて日本を訪れたアインシュタインは、日本人のあり方に感動し、
世界で大戦が起こったとしたら、それを止めることができるのは日本人だけだ、
と言ったそうです。

なんら被害をこうむっていないがゆえに、こんな風に悠長な客観的見方をしていることに
不届きだと思われる方もあるかもしれません。
けれど、今全国民が、人の持つ可能性を信じているのではないでしょうか。

自分にできることは何だろう?

問い続け問い続け、具体的な行動を起こした人
まだ考え続けている人
祈り続けている人
さまざまだと思います。

人と人が関わると可能性が広がる、そう信じ続けてコーチをしています。
私は自分の仕事をこれまで以上の信念をもってやります。

そして、ちょっと遠ざかっていた自らの可能性を広げる自己実現のための
セルフ・コーチングプログラムを実施することにしました。

私はこのプログラムの前身であるIIEプログラムを受講して人生の見方が変わりました。
コーチングのあり方も変化しました。
自分を信じる力がアップし、それによって人を信じる力も上がりました。
(自分を信じられないコーチが人を信じて支えることなど当然のことながらできません
自己信頼感・自己肯定感を高く持つことは、コーチはもとより親や教師、経営者や管理者など、
人の成長に関わる人には必須です。

2日間、少人数でわかりやすくお伝えします。
これから先の人生、自分らしい花を咲かせるために学んでみませんか?

1日目は、
・自分のこころと行動のしくみ
・自己対話と行動・感情のつながり
・目標と期待とパフォーマンスのつながり
・脳のクセと一貫性の法則
などを学び、
未来につながる今の重要性を知ります。

2日目は、
・ヴィジョンの大切さと設定
・効果的な目標達成方法
・ライフヴィジョンの作成
など。

自分を信じて成長するサイクルを創ります。


■□■ T.O.E. Theory of Excellence (目標達成への行動理論)■□■

 ■日時   4月29日(金・祝)・30日(土)
        両日とも10:00〜18:00 
        *2日間のプログラムです。終了時間は前後します。
         ご了解ください。

 ■場所    広島市まちづくり市民交流プラザ
 
 ■講師    矢野紗基(Piena Coaching Project 代表)

 ■受講料   73,500円(税込・テキスト代含) 

 ■定員    8名     

 ■申込締切 4月22日

 ■お申込み&お問合わせ info@piena-coach.com


【受講者の声】

★目標の達成がすぐ目の前に見えてきて、興奮して胸がわくわくしてきました。
 これならできそうです!
 今まで何となくもやもやと疑問に思っていたことが理解できてすっきりしました。

★今日記入したヴィジョンボードは、もう半分達成に近づいているかの様な気がしています。
 “今”の大切さに改めて気づき、現在の今、この一瞬を精一杯生きなきゃ・・と思いました。

★目標設定、それに近づくための行動がとてもわかり易く理解できました。
 単純で簡単なことから始められるのでやっていきたいと思います。

★母として、妻として、そして自分としての生き方を深く考えるキッカケになりました。



新しい季節に新しいチャレンジする人、可能性を拓きたい人を応援します。
ご参加お待ちしています


紗基



美人創造塾3日目は上野律子先生のブランド講座。DSCN1024


マーケティングやコンサルティングの豊富な経験に加え、企業のブランド
づくりに貢献されている上野先生のレッスンは、私自身が一度は受講
してみたかったのです。
実現しました

まず、最初にこの時間のゴールセッティングからスタート。

ちなみに私のゴールは、自己信頼感のさらなるアップ
自分と向き合い、強みの再確認と未来につながるキーワードを見つけたいと思いました。

DSCN1015ブランド構築へ向けたマンダラシートの8つの質問にチャレンジ。
みんな真剣に自分の答を探して記入。
シンプルで当たり前だと思い込んでいる質問ほど、思考が深くなることを
再認識しました。
今回の質問チャートは、自分のあり方、外に発信すること(していること)を考えさせられました。
自分が大切にしていること、外に対して約束すること。
価値観がポロポロと出てきます。

表面的な想いと心の奥底に眠っている本音がうまく合致していないことが往々にしてあります。
ときに常識だと思い込んでいることに本来の自分を押し込めて、本領発揮できない。
私もそんな人とたびたび出会ってきました。
私の中にもそうした要素がゼロではありません。
だけど、窮屈さを感じたときに思うのは、自分でそこにいることを選んでいる、と思うようになりました。
自分を引き留めているものは、自分。
誰かのせい、何かのせいにしているうちは、真の自分ブランドは築けないな、と感じます。

「あなたがしないことは何ですか?」

数年前に、私のコーチから宿題に出された問いと同じものがありました。
そのときは、ノート1ページいっぱいに答を書き出したのに、
今回はあまり出てきませんでした。

なぜだろう?

上野先生から
「おそらく、やりたくないことを手放したんじゃないですか?」
と言っていただいきました。

うん、確かにそうかもしれない。
「やらない」と決めたから、それ自体にこだわらなくなったのでしょうね。
「やりたくないこと」はどこかで「やらされる」あるいはそれに関わる可能性
にとらわれている自分がいるから。
「やらない」のが当たり前になると、リストからはずれてその存在に目がとまらなく
なるのかもしれません。

思い返せば、以前たくさんリストアップしたものは、自分に向けらえれて嫌だったこと、
許せないこと、でした。
中途半端にその感情にとらわれていると、いつまでもリストから消えませんね。

「やらないこと」を明確にすると自分らしさ=ブランディングがハッキリしてきます。
なんでもアリ、はブランドをつくりにくい。


DSCN1018続いて、マンダラチャートを元にセルフ・イメージを書き出していきました。未来の予想です。
自分の強みはこれまでもさんざん書き出してきましたが、それをすべて活かしているか、と考えました。
うーん、まだまだ発揮し尽していない。
ということは、まだまだいける


上野先生の自己紹介シートには、上野ブランドがわかりやすく記載されています。DSCN1016
肩書き、ブログ名、セルフイメージ、ミッション、バリュー
ものすごく勉強になります。

やはり、伝えることを意識して文字にするのは自己認識も強まっていいですね。
私も見習ってシートを作ってみようと思います。

最後に2人一組になって行動計画を立てました。
一人が質問者になって、インタビューしたことをシートに書き込みます。
目標設定から最初の一歩まで。

行動計画は目標が定まっていないと立てられませんが、
逆に言うと、目標さえ決まれば計画を立てるのはいくらでもできる気がします。
方法は何通りでもある。

自分を知る→強みを活かした目標を持つ→目標達成のイメージを明確にする→初めの一歩を決める→実行

ブランディングの手順はコーチングとほぼ一緒なんですね。

ありたい自分を決めて表に知らしめる行動をしていくこと。
自分の使命を自覚して生きていくこと。

DSCN1028ブランディングは生き方をクリアにしていく作業でした。
上野先生の情報豊富な楽しい講義、
皆さんにご提供できて嬉しかったです。
とても充実した学びでした。





ご参加者の皆さんも、コメントお願いしますね(^_-)-☆


これで3日間の【美人創造塾Vol.12】は終了です。
次回をお楽しみに


塾長 紗基

美人創造塾Vol.21の2日目は、永田奈美さんによる「クローゼット片づけ術」。

奈美さんのお宅に訪問するたび、いつも溜息がでます。
一言でいうと・・・モデルルーム。
すべてがあるべきところに収まっていて、
出しっぱなし、という単語はそこに存在しません

そこで、いつもお願いする着こなしやメイクレッスンではなく、
「片づけ」についての講師をお願いしました。

しなしながら・・・
いつもきちんと片づけることが当たり前の奈美さんにとっては、
何をどう伝えていいのか・・・とてもとまどっていました。

話をしても、きれいに片づけられるわけではない、と。
当たり前のことを決意して実践するしかないから。

ここがやはり彼女にお願いしてよかったと思ったところなんです。
そう、実践している。


持参するものは?の問いに

「筆記用具と捨てる気持ち

思わず拍手したくなりますよね

日曜日は、捨てる気持ちを持って、皆さんご参加されました。


最初に一人ひとりの現状を教えていただきました。

現状の確認2・パンパンに収納している
・あふれている
・衣替えがうまくいかない
・人からもらったもの、想い出のあるものが捨てれない・・・

皆さん、同じような悩みを抱えています
ここでのキーワードは
「パンパン


どうしたらいいか、すでに答は皆わかっています。
使いやすいクローゼットに必要なもの、それは・・・空間。
そのためには・・・・洋服を減らす

「捨てない限りは、改善はありえません

みんなわかっていたこと。
だけどそれをハッキリ言われると、妙に心をつかまれます。
奈美さんの迷いのない断言した潔い響きがカッコいい。

確かに、どんなに工夫をしてみようと、十分なスペースがなければ
また適当に押し込む事態になってしまいます。

実際に着ている服は1シーズンに3〜5パターンくらい。

「着回しよりも、だんぜん勝負服。
着回しなんて考えても、自分を60%にしか見せれない。
だったら、100%の勝負服ばかりを持っていたほうが絶対いいです」

なるほど〜。
どうぜパターンが少ないなら、すべてを100%着映えする状態
の方が、いつもきれいな印象を与えられるということですね。
DSCN1008

奈美さんがクローゼットを片づける目的は、
いつもキレイな自分でいるため
100%キレイな自分でいるには、整理されている環境が必要だから。

「私は普段からいつもこんな感じ。
ご近所の方から、おでかけですか?とよく聞かれましたが(笑)
今ではわかっていただけたようで、
ご近所のママ友もオシャレな人が増えました。」

居住エリアでもかなり影響を与えているみたいですね。
さすがです。

特別な日はめったにない。私たちの日常は普段の連続。
だったら、普段着が素敵な方がいいに決まってる。
確かにそうです。


「服は着てこそ活かされる。
もし着ていないままで放置しているなら、服は活かされていません。
だったら、活かすことを考えて、人に差し上げたり、売ったりした方が
絶対いいです。」

日々キレイである努力している奈美さんの言葉に
皆聞き惚れていました。

今回、奈美さんが提示した目標は

クローゼットの中身を半分くらい減らす

収納の工夫それができてこそ理想のクローゼットへの工夫する段階に進めます。

ハンガーを使ったミニマムな収納法など
実践している収納の工夫をいくつか紹介してもらいました。





そして、最後に計画。スケジューリングいつ、どう片づけるか。
ここまで話を聞いて、皆さんのやる気は最高潮になっているのが
伝わってきます。





やりとり今回の講座を終えて、皆さんのご感想は

・人生が変わる気がしました。
 好きな服を着ると自信が持てるし、無駄がなくなります。
・やってみたいことがいっぱい
・自分がキレイになるための収納、目指します!




片づけブームで書店にはたくさんの本が並んでいますが、
今日の話は、女性としての輝き方に通じていて、
参加者の皆さんは美しく生きる第一歩として受け止められたようです。

正直、奈美さんが実践しているものをすべて行うのはハードルが
かなり高い気がしました。
奈美さんが長年培ってきた美意識がそのまま行動となっています。

今回の講座をヒントに、皆さんきっと自分らしい収納を身につけて
それぞれの輝きを発揮されることでしょう

ご参加の皆様、よかったらコメントお寄せくださいね(^_-)-☆



さて最終日は、上野律子さんの自分ブランド術。
残席あり。まだ間に合います!
よかったらご参加くださいね♪

◇お申込み&お問合わせ: info@piena-coach.comまで。



□3rd 【魅力女性になるための“自分ブランド術”】

 プライベートでも仕事でも、自分ブランドを持つ女性は魅力的
 ですね。質問に答えながら本来の自分を発見し、さらに輝く
 自分ブランドを手に入れてみませんか♪

 ■日時:3月20日(日)10:30〜12:30

 ■講師:上野律子氏(魅力ブランド工房 代表)

 ■会場:広島市まちづくり市民交流プラザ

 ■定員:15名

 ■受講料:3,500円

                 


◆講師プロフィール

○上野律子氏○

フリーペーパー編集デスク、マーケティング会社マネージャーを
経て、2009年末独立。女性の感性マーケティングと心理学を用いて
地方発信のブランド発信で社会をハッピーにすることをミッション
とする魅力ブランドプロデューサー。
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会2級。米国NLP
協会認定マスタープラクティショナー。マツダミヒロ氏「魔法の
質問」認定講師。ウェルスダイナミクス・プラクティショナー。
趣味はインテリアや和文化鑑賞、着物を着ること。



会場でお待ちしてます(^^)/


塾長 紗基





このたびの東北関東大震災におきまして、
被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。

被災地の方は、本当に大変な状況でいらっしゃって、
何が自分にできるのかわかりません。
地震を体感すらしなかった私は、
どうしていいものか・・・。
祈ることしかできないけれど、祈ることはとても重要ではないか
とも思い、朝祈り続けています。

メディアを通しての情報に触れているだけで、
あまりにも甚大な被害の状況に、これは本当に起きたことなのか
映画のシーンが展開されているかのような映像に
私は感情も思考も適格に反応できていないようです。

正直なところ、別世界のできごとのよう。

そうした中、いろんな情報がチェーンメールでも飛び込んで来たりしています。
どの情報を受け入れるかは慎重になる必要があるかと思います。
むやみに自分が発信媒体になることは避けたい。

私は、NHK、民放、CNNを見ています。
日本国内の情報にもそれぞれ特徴があるのですが、
CNNは、世界的な視点で状況をとらえ発信しており、
とりわけ日本人のあり方への評価をしている点でとても興味深いです。

思いやりがある、優しい、助け合う素晴らしさ、礼儀正しい、感情を表出しない、など。

日本に滞在している外国人へのインタビューでは、日本人に対する好評価が伝えられています。
この未曾有の事態にあって、私たち日本人の国民性は、世界に影響を与えるものではないでしょうか。

私たちにはこれまでに経験していない困難が待ち受けているのは間違いありません。
経済的な打撃は現時点では想像もつかないほど多大です。未知数です。
私たちに新しい意識、新しい行動が求められる。

人類史上初の被爆地となった広島は、草木も生えないといわれていましたが、
わずか19年後に、私はその被爆中心地に一番近い病院で生まれ、
遊び場は、緑に囲まれた平和公園でした。

人には本来持つ生きる力、生きようとする力、あらゆる困難を乗り越える計り知れない
パワーがあります。
ユニバースからのフォースは、それに応えて私たちを活かそうとしてくれる。
日本人の国民性は、それを加速してくれるように思うのです。

現代は、グローバルなつながりが自国を活かす環境ですから、
日本人の真摯な国民性がこの状況であって地球レベルの意識を高めて
より良い世界をつくることに貢献するのではないか、
そんな希望を私は持っています。


昨日、予定どおり【美人創造塾】を開催しました。
その報告をしようと思ったのですが、その前にどうしても自分を整理するためにも
上記のことを先に書きたいと思いました。

昨日参加された方、もう少しお待ちくjださいね。
明日にはアップします。


紗基

今日からスタートした【美人創造塾Vol.12】
1日目は、アーサーこと松井敏氏による「幸せで豊かな美人の料理法 」でした。

アーサーは、私が日本コーチ協会広島チャプターでともに活動しているジュディーこと
松井純子さんのご主人。(ご本人たちは「パートナー」と言っていらっしゃいます
実は、ジュディーに講師をお願いしていたのですが、都合がつかずアーサーがピンチヒッターで
登板してくれたのです。

いいなぁ。うらやましい
人生も仕事もともにできるパートナーがいるって素敵ですよね

アーサー&はまちゃん
今日のアーサーのサポーターははまちゃん。
お母さんの温かさを感じる笑顔のすてきな方です。割ぽう着がとっても似合っていて、
重ね煮講座への期待がますます高まります


切り方野菜を重ねる

重ね煮は、その名のとおり野菜を重ねて蒸し煮していく調理法。
大事なのは、重ねる順番。
下から上に伸びるしいたけは一番下。上から下に伸びる人参は一番上。
これがそれぞれの命を活かしてバランスの良い味になる秘訣です。

お水は使わないし、味付けもしません。
野菜の旨みを引き出すために、少量の塩をお鍋の底とすべて重ねた最後に
ちょっとだけパラパラと振り掛けるだけ。
野菜の命をおいしくいただくには、切り方も大事。
繊維に沿って包丁が入るように切っていきます。

煮込む前にみんなで手をかざしてお祈り。

お祈り
「天地(あめつち)のお恵みとこれを作られた方のご愛念に感謝して
料理させいただきます。
この食べ物が私たちの体に入って、自他ともにお役に立ちますように。」


このあと弱火でじっくり煮込みます。
今回は、中身が見えるように耐熱ガラスの鍋ですが、ほんとは陶器がいいそうです。
時間が経つにつれて、野菜のかさが下りてきます。
にんじんや玉ねぎのの豊かなかおりがしてきて、
出来上がるのが待ち遠しい

出来たら、優しく鍋の中でかきまわした後、バットに移して冷まします。
バットで冷ます

いいにおい〜


アーサーこの重ね煮は、驚くほどいろんなお料理にアレンジできます

ひじきとキャベツの炒め物
ひじきとっキャベツの炒め物ひじき、油揚げ、キャベツと重ね煮をごま油で炒めてます。
色合いが春らしいですね







ふわふわオムレツ
オムレツづくりふわふわオムレツ
卵、豆腐、ブロッコリーと重ね煮がこんな姿に




他にもこんなにバリエーションが

サラダちらしずしお吸い物トマトソースサラダ、
ちらしずし、
お吸い物、
トマトソースにも!
アイデアしだいで活用はいくらでもできますね。











いよいよ食事!いよいよお食事
みんなで「いただきま〜す!」











重ね煮は野菜の捨てるところがほとんどなくて、ゴミがほとんど出ない環境にも優しい調理法。
野菜の力を引き出し、それを食した私たちの力も引き出してくれることが期待できます。
食べたら、体があったかくなりました。

アーサーから、
「自分らしく生きることは大切。私たちは日常生活の中でストレスをためがちだから、
自分らしい体と心をつくっていきたいですね」
とお話しがあり、
野菜も私たちもすでに内在した力を可能な限り発揮することで
命を輝かせることができるなぁ、と思いました。

ご参加の皆さんからは、
◆簡単で見た目も良くて、しかもおいしい!
◆アレンジも多様で感動した。
◆だしをとらなくてこんなに味が豊かなのが驚いた。
◆たくさん食べれます。
◆時間もかからず楽しい料理

などなど、おいしいうれしいご感想。
ご参加の皆さんからのコメントもお待ちしてます

今日の食事が私たちの未来の体を創ります。
心も舌も体も悦ぶ簡単シンプルな重ね煮
食の知恵として自分のものにしたいですね。

ダンディーなアーサーと笑顔でおいしさを広げてくださった
はまちゃんに心から感謝




さて次週は、永田奈美さんのクローゼット収納術です。
最終週は、上野律子さんの自分ブランド術。
どちらも残席あり。まだ間に合います!
よかったらご参加くださいね♪

◇お申込み&お問合わせ: info@piena-coach.comまで。



□2nd 【クローゼット片づけ術】

 『いつも素敵な装いでいたいなら クローゼットを制するべし!』
 クローゼットの片づけは オシャレな自分への第一歩。
 春の衣替えにあわせた企画です。

 ■日時:3月13日(日)10:30〜12:30

 ■講師:永田奈美氏(パーソナルスタイリスト)

 ■会場:広島市まちづくり市民交流プラザ

 ■定員:12名

 ■受講料:3,500円



□3rd 【魅力女性になるための“自分ブランド術”】

 プライベートでも仕事でも、自分ブランドを持つ女性は魅力的
 ですね。質問に答えながら本来の自分を発見し、さらに輝く
 自分ブランドを手に入れてみませんか♪

 ■日時:3月20日(日)10:30〜12:30

 ■講師:上野律子氏(魅力ブランド工房 代表)

 ■会場:広島市まちづくり市民交流プラザ

 ■定員:15名

 ■受講料:3,500円

                 


◆講師プロフィール

○永田奈美氏○

司会業や講師業など「人に見られる職業」で培われた経験をもと
に 『華のある第一印象づくり』を提唱。 企業研修や専門学校、
NHK講座などで講師を務める一方 一人ひとりの個性を引き出す
パーソナルレッスンではビジネスパーソンや同世代の子育てママ
など幅広い層より支持を集める。
今回はパーソナルレッスンで最も人気の「ショッピング同行」を
ご利用下さった お客様からのお悩みや 講師自らの経験から生ま
れた新企画をお届けします。


○上野律子氏○

フリーペーパー編集デスク、マーケティング会社マネージャーを
経て、2009年末独立。女性の感性マーケティングと心理学を用いて
地方発信のブランド発信で社会をハッピーにすることをミッション
とする魅力ブランドプロデューサー。
一般財団法人ブランド・マネージャー認定協会2級。米国NLP
協会認定マスタープラクティショナー。マツダミヒロ氏「魔法の
質問」認定講師。ウェルスダイナミクス・プラクティショナー。
趣味はインテリアや和文化鑑賞、着物を着ること。



会場でお待ちしてます(^^)/


塾長 紗基


美人創造塾をスタートして以来、たくさんの素敵な先生方と出会いました。

朝子さんや奈美さんはもちろん、愛すべき人たち

クレイクラフトの荒木先生もその一人。
今年に入ってからもキュートな作品をいただきました。
そのひとつがコレ
おひなさま


荒木先生の作品はどれもかわいいお顔。
作者の人柄が伝わります。

昨年もいただいたのです。
昨年バージョン
昨年のおひなさま


ほほえましいお姿でしょ


今年の最初には干支のウサギ。
干支
見上げるウサギの視線がかわいい
とっても佳い年になりそうな気がしてきます


もちろんデザインからすべてオリジナル。
海外に売り出してもヒットするんじゃないかなぁ。

仕事を通じて、オリジナリティを発揮することはそんなに容易いことじゃない。
磨くのは技だけではなく、心とあり方も大切。

温かい作品に触れ、私も精神的な成長と学びを深めたいと思いました。

私の周りには、素晴らしい人がたくさんいます。
そうした方々といつまでもつながっていられる自分でありたい。


紗基

ここ数日、なんだか面白い。

すっごく不快なことがある反面、
あぁ、私って幸せだなぁ、と感じることが増えてきた。

自分にとって好ましいことばかりが続くわけもなく、
かといって、嫌なことがあっても物事や事象は変化して
吉とは言わないまでも、最悪の状況が一生続くはずはない。

自分にとって不快な人に接することもあれば、
幸せな気持ちで向き合える人にもたくさん出会える。


どんな場面であっても、自分がどうありたいかを決めて、
そこに向かっていたい。


ここのところ、私は人から向けられた嫌な感情をうまく処理
できなくて、親しい人を巻き込んで、吐き出してばかりいた。
そうでもしないと、ため込んでおかしくなりそうだったから

毒抱えたままで重い気持ちに耐えかねて、冬眠状態。
これって、仮死状態だったのかも。


ところが、
先日、呼吸法のセミナーに参加して、たくさん呼吸をしたら
不思議と軽くなって、なんだかどうでも良くなった!
あ〜ら不思議
内側に溜まっていた毒が一気に吐き出された感じでスッキリ

で、ふと思ったの。
あぁ、私、大切な人たちに毒ガスまいてしまってた。

申し訳なくて・・・どうしよう。。。って。


私らしさを好まない人の悪感情に翻弄され、
私らしさを愛してくれる人に私が勝手に抱えた負のエネルギーを
伝えてた。
自分が相手から受けて嫌だと思っていることを、そのまま大切な人
たちにやっていた。
なんてひどいことをしてたんだろう。
毒ガスは強烈で、吐けば吐くほど自分も吸い込む。
そして、さらに毒性は高まって、環境汚染が拡大。

素敵な人たちが私の話をきいてくれた。
応援の言葉も認める言葉もくれたのに、
私は、それでも苦しさを延々伝えてた。う〜、そんなことしても解決しないよ

人を巻き込んで楽しいことならどんどんしたい。
だけど、楽しくならない感情はできるだけ自分で処理するもの。
だって、感情は自分で作るものだから。
作った自分しか変えられない。
変える、と自分で決めなくては誰にも変えてもらえない。

理屈ではわかっていたけれど、今回は身をもってずしんとわかった。


自分らしく生きることを考えたときに、
私は人の笑顔の中で生きていきたいと切に思うし、
毒ガスを浄化する力まで持てなくても、吸い込まないことはできる。
私が選択すること。


普遍的に正しいことなんてないけれど、
ユニバースのサイクルにかなっていれば、
自然と気持ちよく物事が進むはず。

それに身を任せてみよう。

人が持つ感情はその人固有のものだから、
それを変えてもらうのは無理な話。
どうにかしてほしいと言われても、無理無理。

私の快をそのまま素直に受け止めてくれて、楽しさを共有
できる人たちを大切にしよう。
そうじゃない人にはそうでない、自分に合う世界がある。
いろいろあって当たり前。
交われないところを無理にどうこう考えるのは、疲れるばかり。
本当に必要だったら、そこまで気持ちをぐちゃぐちゃにしなくても
うまくいくはずですもん。


そう決めると、周りが前よりクリアに見えてきた。
コンタクトレンズを新しくした感じ

今日の決意が明日の私を作り、明日の行動が未来の私につながる。

今の私を好きでいる自分でいたい。
毒ガス拡散器にはならないわ
新鮮な空気をしっかり吸い込んで、体の内側を掃除しよう。


嫌な気分の体験がもたらしてくれた今回のこと。
そう考えると、ますます面白い。
私に必要なことだったんだ。
学びのステージはこうして訪れるのね


私の大切な人たちへ
本当にごめんなさい。ありがとう、愛してます。
そしてこれからもよろしく



紗基


昨年から、「自然暮らし」の一環でいろいろなものを手作りしようと
試みているのですが、そのひとつが化粧水
昨年初夏に、うちのドクダミで作ったところ、とてもよかったので、
以来化粧水は、ずっと手作りを続けています。

作り方は結構、簡単なんですよ。
これを教えてくれたのは、ベニシアさん・・・ではなくて(笑)、
これは、境野米子さん。(もちろん、ベニシアさんもハーブで化粧品を作られています)
境野米子さんは、ベニシアさんの日本人版。
福島県の築150年の古民家に移り住んで、まさに「自然暮らし」をしている方なのです。
米子さんは、ドクダミはもちろん、野草、野菜、果物、なんでも化粧水にされるんですよ
私もそれに習って、ドクダミの季節が終わってからは、今は玄米で作っています。

今日、ちょうど使っていたのが切れたので、新しく作りました

使ったものは、
 ・玄米(福富町の門藤農園の合鴨農法完全無農薬米)
 ・日本酒(賀茂泉の純米酒)
 ・グリセリン(市販のもの。保湿剤として使用。)
       ※「グリセリン」とはギリシャ語で甘みという語にちなんだ名。
        皮膚をやわらかくし、保護して外部の刺激から守り、有害物質の侵入を
        防止する作用があるそう。体内に入っても通常経路で代謝される天然物。
 ・精製水(浄水器の水を使用)

以上。とってもシンプルでしょ

作り方は、炒った玄米を一晩、日本酒に浸してエキスを抽出。
IMG_1542


エキスを漉して、グリセリン、水と混ぜ合わせれば出来上がり。
IMG_1546


化粧水、といっても7割は水なんですよ。
残り3割の半々が、玄米エキスの入った日本酒とグリセリンです。

顔につけると、炒った玄米の香ばしい香りが広がって、
思わず深〜く吸い込んでしまいます。つられて、ついつい舐めてしまうし・・・
でも大丈夫!口に入れても悪いものは入っていませんから。
そんなせいか、お肌もとっても喜んでる感じ
お肌に異物感がなく、お肌のストレスゼロ、といったところでしょうか。

米子さんの本によると、野菜でもお茶でも野草でも、なんでも化粧水にされているので、
次は、自家製ニンジンで化粧水を作ってみようかな
興味のある方、境野米子著「素肌にやさしい手作り化粧品」をご覧くださいませ〜

梶井朝子

春がもうそこまでと思わせておいて、なかなかすんなりとは進みませんね
寒〜い西条に居ては、春本番を待ちわびるばかりの梶井です
皆さま、風邪などひかれてませんか。

そんなまだまだ寒い日に、あったまろうと、今日はアイリッシュシチューを作ってみました

こんなシャレた名前の料理を作ることはめったにないのですが(笑)、
頂き物のハムの詰め合わせの中に、ブロックベーコンがあって、
せっかくのベーコンの塊、なにか上手に使えないかな〜と思っていたら・・・
ありました、ありました、ベニシアさんのレシピ!

ベニシアさんが、番組(NHK「猫のしっぽ カエルの手」)の中で教えてくれたレシピです

作り方は、シンプル。
1.ぶつ切りにしたベーコン ジャガイモ タマネギを20分ほど煮込む
2.ぶつ切りにしたニンジン 塩 コショウ 砂糖 大麦 ベイリーフを入れ
  15分ほど煮込む
3.キャベツを加え 5分ほど煮込んで 最後にパセリを飾れば出来上がり

うちでは、ジャガイモ、タマネギ、ニンジンは、自家製野菜を使用。
大麦はなかったので、代わりにいつもご飯に入れて炊いたりする「押麦」を。
ベイリーフもないので、代わりに大根の葉を干していたのを。(大根葉も自家製)
キャベツはなかったので、入れないままに。
パセリは畑に取りに行けばあったのだけど、寒いし雪があるので取りに出ず(苦笑)

そんな、あるもので作ったエセ?アイリッシュシチューでしたが、食べてみると、
とってもおいしかった!
IMG_1539


ベーコンと野菜の旨みがよく出ていて、自然なおいしさ。それに、ベイリーフのピンチヒッターに入れた
干した大根葉の苦味が、意外に効いてて結構いけるのです
あるものを活用するって、新発見にもなっていいですね
(そうそう、味がちょっと足りないかなと、レシピ以外でおしょう油を最後にほんの少し入れました)

手軽においしい、あったかメニュー。
ベーコンの塊が手に入ったら、ぜひお試しくださいね〜!   

梶井朝子

このページのトップヘ