2008年09月30日

デクスター 2ndシーズン

Dexter: Complete Second Season (4pc) (Ws Dub)


 そういえば、見終わってました。

 奥さんも大ハマりのハッピー猟奇殺人ストーリー。主人公の演技が尋常じゃなく上手いのが魅力。いやぁ、ハラハラ・ドキドキして面白いんだけど、これもプリズン・ブレイクと同じで1stシーズンが面白すぎたかも。

 1stシーズンは若干の中だるみはあったものの、最終回ではマジで鳥肌がたった。そんくらい面白かったけど、2ndシーズンは普通に面白い(けど神様は降りていない)サスペンス。それでも十分面白くて、次が見たくて仕方がなくなるくらいではあるんだけど。
 話の解決の仕方は「他に解決しようがないもんね」的な予想通りの展開だし、これだったらむしろ2ndシーズンで終わらせるつもりで話をまとめて、改心して罪を償った方が良かったんじゃないかなぁ、とさえ思ったり。というか、実際にそういう流れがあったのに、これも、視聴率が高かったので打ち切れなかったんでしょうね。だって、確かに面白いもの。

 問題は、残った材料があんまり面白くなさそうというか。自分の人間性に対する疑問とか葛藤、あるいは父親の呪縛から解放されてしまったら、デクスターはもはやデクスターではなく、必殺仕事人(劇中の言葉を借りるならダーク・ディフェンダー)でしかなくなってしまうわけで。。。この先はかなり苦戦を強いられそうな気がするけどどうだろう。

 何かデクスターの意に反して(これ重要)デクスターの能力を最大限発揮せざるを得ないような状況が作れればいいんだけど・・・逆に、そういう状況でデクスターに葛藤を強いるシナリオができたら、また素晴らしく面白くなるんじゃないかと。

  

Posted by bijoux_iris at 00:18Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 映画や音楽 

2008年09月27日

SiCKO

シッコ


 さりおんが見たのとほぼ同時に、我が家にも、るさん→奥さん経路で上陸。シンクロニシティ?

 アメリカの医療保険制度の酷さを訴えるプロパガンダ映画。まぁ、暮らしていると実際、そうだろうねぇ・・・という感じの内容です。
 ただまぁ、そのための手法が他の国の良いところとアメリカの悪いところを比較する、という形になっているので、逆に「それはどうよ?」的な部分もあります。



  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 03:22Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 映画や音楽 

勝手にポッチ語録-16

IMG_1735



 「もう、煮るなり焼くなりす・・・むにゃむにゃむにゃ。」






 チャイルドシートで爆睡中。
 こうなる前にうつらうつらしている状態を含め、我が家では「閉店まぎわのコジさん」と呼んでいます。

 しかし、何でわざわざこんな不自然な姿勢に・・・・っていうか、オッサン!?

 こんなオッサンでも、ニコニコと満面の笑みを浮かべながらヨチヨチ歩いてきて抱きつかれたりするとやられるんだよねぇ。。

  
Posted by bijoux_iris at 02:19Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 子育て 

2008年09月26日

予想通り

 そういえば、前に取り上げたハリ・プッターですが。ワーナー敗訴ですってよ。

 記事を読んでいると凄く面白い(野次馬としては)。これ。
 次は内容が「ホーム・アローン」のパクリだっていう裁判(当然玉砕)を希望。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:53Comments(4)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日々のネタ | 映画や音楽

2008年09月25日

プリズン・ブレイク 3rdシーズン

プリズン・ブレイク シーズン3 DVDコレクターズBOX (初回生産限定版)


 いやぁ、面白いとは思うけど、シーズン1の痺れるような面白さには欠けるというか・・・。シーズン4で起死回生の一発でもないと、それで終わりそうな予感。ちょっとヤバイ感じですよ。

 シーズン1は、もうホントあの3巻を見た後で4巻を借りに走らない奴はいない、くらいの、びじう史上で最もハマるシナリオだったと思う。アレはもう、本当に神様が降りてきていたとしか言いようがない。シーズン2で普通に緻密で面白い(とはいえ神様は降りてきていない)サスペンスになり、シーズン3ではちょっと緻密さに欠けてドタバタしちゃうというか。
 最終回は面白かったけど。あの博物館に至るアイデアは秀逸だなぁ、とか、そういうレベル。もちろん、お話がソコソコ成立するだけでもたいしたもんだとは思うんですが。ドラマの都合上、前半で打ち切りになっても良いように5−6話あたりで脱獄に成功しそうになりつつ(視聴率が高かったおかげで)失敗し、また別の方法で脱獄するのもいつもどおりで、一つの刑務所からの脱獄方法を2通り(しかも、今回は残っている人がいるのでもう一つ)考えないといけないとか、この話のシナリオを書くのは本当に大変だろうとは思います。

 シーズン4への伏線としては面白そうなのが残ったと思うです。その料理の仕方次第ではシーズン4は面白くなるかも、とも。だけど、プリズン・ブレイクじゃなくてもいい種類の面白さになるかも知れないし、プリズン・ブレイクとしての面白さという意味ではシーズン1以来、やたらと期待が高くなっているのでクリアするのが困難そうです。

 いや、シーズン1が面白すぎた悲劇ということでしょうか。理詰めで緻密でありながら、予想外のトラブル続出・・・ああ、もう一回見たいくらいですよ。

 ちなみに主人公のマイケル・スコフィールド(ウェントワース・ミラー)に横顔がそっくりな人をこの前職場のマクドナルドで見かけました。唯一の違いは、額の真ん中のちょっぴり尖っている生え際がその人には無かったこと。うーん、残念。

 あと、少し前までうちの子供は何となくリンカーン(お兄さん)に似ているなぁ、と思っていたんですが(デップリしているというか、微妙にえらが張っているように見える)、最近は少し痩せたこともあって、くせっ毛とお人好しっぽい顔からバスケ少年に似てるなぁ、とか思っています。

 ・・・いずれにしても脱獄顔!?

  
Posted by bijoux_iris at 04:07Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

2008年09月24日

ウィルス・メーカーズ

 コンピューター・ウィルス業界について、素人が妄想してみる。おおよそ、こんな感じで動いているんではないだろうか、と。


1. 依頼主はスパム業者が多い。

「今度、うちのスパムメールに乗っけるウィルスをデザインしてくれや」とか頼まれる。こういう仕事はお金はいいんだけれど、締め切りを守らなかったりすると「何やっとんじゃぁ!!われぇっ!!」みたいな人が押し寄せてくるので危険も大きい。大きな失敗をすると「指つめ」なんて事にもなりかねない・・・・そんなわけで、日本の伝説的なハッカーは親指シフト・キーボードを使っている率が高い。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 00:13Comments(7)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 妄想 

2008年09月20日

メンズエステ

pc0915p-a395a7ea918d82fae01524624ab11936f3866c27

 MIXIの広告があまりにあまりだったので反射的に。

 これは、かなり微妙に誇大広告のラインを踏み越えているんじゃないかと思うんだけど(笑)、ありなのか??これ・・・まぁ、面白いからいいけど。

 CGの出来がイマイチということなんだろうけど、どうしてもある妄想が頭の中から離れません。実は、この人の口の中には強力な磁石があって・・・




 それは、ヒゲじゃなくて、砂鉄!!


 そして、ほっぺに磁力線。



  
Posted by bijoux_iris at 08:30Comments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日々のネタ 

2008年09月19日

ソフトウェアって安くね? -あるいは、またジョージか!?

 顕微鏡を使った実験で難しいのは、画像データの取得よりもむしろ画像データの処理である、っていうのは良く言われることなんですが。

 何とかネズミに細胞を移植して、そのネズミに麻酔をかけ、顕微鏡下で観察、画像データを取得するところまで到達しました(その過程では幾つかの貴重な生命が失われているわけですが)。で、次のステップが画像データを処理するパートです。

 びじうが扱う画像データというのは、例えば、厚み300ミクロンの細胞塊を3ミクロンずつスライスして得られる平面から出てくる3つの光を読みとる、みたいな感じのものです。つまり、100枚の平面x3種類の光=300枚の画像を重ね合わせて合成し、3D画像を作る、というのが一単位。

 この撮影(30−90秒くらいかかる)を2分毎に30分も行うとパラパラマンガの原理で3Dムービーが撮れる・・・はずなんですが、これがまた。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 03:36Comments(0)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日々のネタ 

2008年09月18日

悪貨に駆逐される良貨

 いや、元々の意味は違うと思うけど、事故米とかサブプライムとか、そんな言葉を連想してみたり。

 事故米もサブプライムもどの商品にどれくらい混ざってるかわからない点で似ているし、真面目にやっているところに迷惑がかかる点でも似ている。んでもって、本当に問題なのは自分でやる以外に回避する方法がないということかなぁ。

 事故米が含まれない米は無い・サブプライムが組み込まれた債権を持っていない銀行はない、と仮定すると、完全にこれを回避するには米は自分の田んぼで作り、貯金はタンスしかない・・・そんなの、ほとんど現代に生きている意味が無いというレベルでダメダメだよねぇ。
 現代社会に生きるリスクということで、なるべくこれを軽減するように生きるしかないんだろうねぇ。

===============
 目の前で人が苦しんだり死んだりするのはけっこー辛いけど、もしかしたら10年後に苦しむかも??死ぬかも??みたいな話じゃ抑止力にならないんだろうなぁ・・・おまけに儲かるとなると。

 なんつーか、養老孟じゃないけど、人が苦しんで死ぬのを見るのは悪いことじゃないと思うんだよね。中学校でホスピスとか老人病院とか社会科見学するのはどうだろう・・・まぁ、そのうち老人の病院からの追い出しが始まる(来年に延期されたの?)らしいので、昔みたいに自宅でボケたり苦しんだりして死んで行く人が一般的に見れるようになるわけで、今の子供が大人になる頃にはもっとまともな大人になれるのかもしれない。

  
Posted by bijoux_iris at 13:46Comments(2)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日々のネタ 

2008年09月17日

ガリレオの業績

世界でもっとも美しい10の科学実験


 活字中毒の禁断症状がいよいよ強くなってきたので、少しまとめて和書を購入。以前から気になっていたこちらも。

 これはなかなか面白い。要するに科学史の本なのですが、それが実験の美しさを味わうためのガイドという形式をとっています。実験が美しいという場合、それは実験にとってどのような意味があるのか?そして、それは美にとってどのような意味があるのか?というのが主題。

 これじゃわかりにくいと思うので、例を挙げます。

 ガリレオがピサの斜塔から球を落として、物体の落下速度は重さに関係ないことを示す実験を行った、という話は有名ですよね。
 んでもって、ちょっと物知りなら、ガリレオが実際にそのような実験を行ったかどうかは眉唾モノだ(弟子の創作である可能性が高い)という話もご存知かもしれません。
 同じく、ピサの大聖堂で揺れるシャンデリアを見て振り子の等時性を発見し、振り子時計を発明したというのも嘘だと言われていますし(シャンデリアが設置されたのはもっと時代が後)。

 しかし、ここで、ではなぜピサの斜塔から球を落とす実験の「伝説」が広まったかを考えるのは非常に興味深いことで、ポイントとなるのは当時支配的だったアリストテレスの宇宙観です。

  続きを読む
Posted by bijoux_iris at 05:43Comments(3)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 日々のネタ