2010年08月08日

インセプションっていうかノーラン監督 (長文&スポイラー)

 これから語るのは、映画「インセプション」を観た事で、びじうの頭の中にインセプションされた概念が育ってきたものです。どこにもソースはないし、根拠も特にありません。映画には全く描かれていない上に、決して正解が明かされる事はないであろうような事をグダグダと、かなり長文で書き綴ってみます。

 今回は映画自体についてと言うよりも、監督とプロットについてです。映像とか役者さんとかについてはいずれ機会があれば。

 ノーラン監督って天才ですよね。びじうは同い年だし、ひょっとしたら文化的な背景はちょっと似てるんじゃないだろうか?きっと子供の頃にPKディックの小説とかむさぼるように読んでたんだろうなぁ・・・とか想像しちゃいます。

 そのノーラン監督を語る上で欠かせないのが出世作である「メメント」でしょう。自分的には、歴代の映画の中で最も消耗する映画だったと思います。次点はひょっとしたら「ダークナイト」かなぁ?「2001年宇宙の旅」とかもけっこう疲れた記憶があるけど。
 スピルバーグが「激突」っていうテレビ映画でその名を知られるようになったんだけど、これ、ほんと安い映画で、俳優二人(しかも一人は腕だけ)と車とトレーラーしか出てこないという。でも、当時としてはかなりスリリングでサスペンスフルで面白かった。映画を面白くするのは監督の才能であって予算じゃないなぁ、という見本のような作品です。

 「メメント」見たときに同じ事を思いました。これだけ金をかけずにこれだけ面白い映画を撮るなんて、何て凄いんだろう、と。


 で、まぁ、以下はインセプションだけじゃなくてメメントのネタバレも含むので、できればメメントも見てから読んで欲しいです。ネタバレしてから見るには惜しい映画だし。


 ## インセプションの話しにメメントは関係ないだろ、とゆーのはおっしゃるとおりです。インセプション単独で見て楽しければそれでいいと思いますよ。ここでメメントを語るのはノーラン監督の前科を明らかにするという目的もありますが、びじうが感動した映画なのにまだメメントについてブログで語っていなかったから、というだけの理由です。 ##


  続きを読む

Posted by bijoux_iris at 09:31Comments(5)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 映画や音楽