2010年09月14日

アメリカらしい(?)子育てソング

 お久しぶりです。80年代の歌ばっかりかけるお気に入りのラジオ局で、ちょっと新しめだけれど良い歌があったので。

 リクエストの電話をかけてきたリスナーは双子のお母さん。最近になって新学期が始まり双子ちゃんが幼稚園に通い始め、生まれて初めてお母さんから離れてしまい、とても寂しいので何か曲をかけてくれ、というリクエストでした。DJも「私も自分の子供が幼稚園に行き始めた時には、とにかくそばに行きたくて幼稚園の先生に『ボランティアは募集してないですか?』とか、さんざんやったわ」とか言っていて、ああ、どこも同じなんだなぁ、と。

 で、そこでかかったのがこの歌。Lee Ann WomackというひとのI Hope You Danceという歌です(下のyutubeリンクが見れないときにはググってみて下さい)。2000年の歌らしい。
 これがまた、ちょっとビックリというか、英語で言うと子供にHigh Roadを歩いて欲しい的な厳しい歌で、日本にはちょっとなさそうと言うか、スイーツな感じがあんまりしない(ので賛否両論分かれそうな)子育てソングなんですが、びじうはけっこう感動しました。一番好きなのは、Lovin' might be a mistake But it's worth making ってところ。

 まぁ、歌詞はともかくとしても音楽もベタな感じで盛り上がるし悪くないので紹介しておきます。



 以下、例によって歌詞対訳です。  続きを読む

Posted by bijoux_iris at 11:41Comments(8)TrackBack(0)このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote 歌詞和訳 | 子育て